2019年08月

2019年08月24日

凪のお暇!第6話!バブルのママが凪に‥?



凪ちゃんは‥「あんた相手に興味ないからよ」‥って‥

バブルのママに言われました。
急所を指摘されました。さすがママですなあ。
凪ちゃんには精神的に成長できていない
部分があるみたいです。
ママは凪ちゃんをよく観察してます

凪はとってもいい子なんだけど
内側にしか世界を持っていなかったと思います。
何でも自分中心の捉え方でしか物事を見ていなかったんです。
相手の立場にたっての想像力を発揮してなかった。



だから慎二には凪が見えていたけど
凪には慎二が見えていなかったんです。

慎二に見えるものが凪には見えていなかったから
慎二とちぐはぐになってしまうんですよね。

慎二の感受性は自身の仮面家族によって培われたものかしら?
相手の心情を読み取る力にすこぶる長けていると思います。
家族の存在が反面教師となったのかしら?

でも坂本さんの事が凪の心を外に向かわせています。

凪は坂本さんを怪しげな就職先から    
映画「卒業」の名場面よろしく救ったのです。

そしてそこに慎二がいるんですよああ
慎二にとって凪は守りたい?それとも保護者的な?
放おっておけない人なんでしょうね。
大好きなんですよね凪が。

凪は坂本さんを放おっておけなかった
凪は坂本さんを守りたかったわけです。
凪には坂本さんがが見えたんです。

凪はお暇中に心のリハビリをしているようなものです。
それを手伝っているのは慎二なんだよなあ

凪は慎二の外側とアッチだけを見ていたんですよ。
慎二という人間自体に興味を抱いていなかったのかしら

円ちゃんと凪が鉢合わせしたんだけど     
慎二は円ちゃんを彼女と言わなかった‥うーん????

で、ゴンちゃんはと言いますと凪ちゃん沼に
嵌りつつあるようでして‥
っていうよりゴンも小3位のレベル?ひょっとして
「おつり漁りババア」こと吉永緑さんから       
ゴンが今経験している凪に対しての感情は
初恋だと指摘されてました。
体は大人、精神は小3かあ‥
モーゼの海割男が今度は自分が壊れる番となるのかな?

人の立場に立っての想像力に欠けていたというところで
ある意味凪とゴンは似ています。

ああ私は慎二の事が気になって仕方ないのです
仮面家族の中で必死に自分を保って生きてきたんだと思います。

慎二は凪の真面目(アッチの面では大胆だけど)で
ほっこりした所が好きなんだと思います。
そして凪の本質を理解しているのは慎二なんです

どうなるんだろう胸が苦しくて‥‥
第6話は涙がでてきた






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村





mixiチェック

2019年08月23日

天保十二年のシェイクスピア!ビジュアル公開!すご!



来年の2月8日~29日、東京・日生劇場で上演される
「天保十二年のシェイクスピア」の一生さんのビジュアル公開です

ぎゃっちゅごいでちゅなんて
見た途端思考力が低下してしまうほど予想外のビジュアルです

一生さんの舞台出演は2016年7月の
白井晃演出、共演が吉高由里子、キムラ緑子で上演された
「レディエント・バーミン」以来約4年ぶりということになります。

今回の「天保十二年のシェイクスピア」は
シェイクスピアの作品と「天保水滸伝」を織り込んだ
井上ひさしの名戯曲です。

江戸末期、天保年間。旅籠を仕切る老侠客と三人の娘。
親の身代譲りを発端とした骨肉の争いを描きながら
シェイクスピア作品のキャラクターや名場面が
ふんだんに盛り込まれている作品です。

一生さんは顔に火傷痕、片足が不自由ななりの
狡猾で謎多き無宿の渡世人「佐渡の三世次」役です。
野望に生きる三世次は旅籠街の争いを影から操ります。

一生さんはこれまでのイメージをぶち壊して        
メイク、スタイリング、ポージングにこだわって臨んだそうです。
「この人誰?」って思ってもらったら嬉しいそうです。

実際私はビジュアルを見て「えっって思いました。
すぐにはわかりませんでした。



この舞台の演出は先日NHKBS1スペシャルで放送された
「ミュージカルの聖地に挑む~演出家・藤田俊太郎のロンドン進出」
の藤田俊太郎さんです。藤田さんは故蜷川幸雄さんの演出助手でした。
現在一生さんと同じ38歳です。
さまざまな演劇賞を受賞され
近年めきめき頭角を現している方でとっても楽しみです。


チケット欲しいチケット欲しいチケット欲しい



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村






mixiチェック
wxy812 at 15:42|PermalinkComments(0)舞台 | 高橋一生

2019年08月22日

美しいキモノ!買っちゃいました!



「美しいキモノ」を自ら購入したのは
すみません!今までの人生において3回目?くらいかな?
むか~し母が購読していた記憶があります。

私はと言いますと美容院で見たり‥
すみません!立ち読みしたりってところでした。

鼻息荒く自ら積極的に購入したのは初めてでございます

そうです奥様私「美しいキモノ」買っちゃいました。

本屋さんに入った私は徐ろに
婦人雑誌のコーナーへとまいったのでございます。

すると、積み上げられた「美しいキモノ」が
はっはぁ~!あるではないですかぁ

思わず手に取りそ~っとめくりながら
目的のページに到達するのを今か今かと待ったのでございます。

とっはっぁあああイっイっイっ一生さんがああああああ

なんて素敵なんでしょう!
なんて美しいのでしょう!

この方のキモノの着こなしが
垢抜けているという言葉が吹っ飛んでしまうくらい自然です。

30代後半の一生さんですが
キモノを着せられた感がなく馴染んでいます。

時代劇で所作を学びキモノに精通していらっしゃるからなのでしょう。

DSCF7293


私のスマホの待ち受けは早速、
紋御召のきものと深緑の紋御召地に、
型染め金茶の松の羽織の一生さんで決めております。

にしても一生さんの左の顎のほくろが
キモノの時ほどより強調されるという事象に再び気付かされ
あまりの扇状的な光景に目が潤みます

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


美しいキモノ 2019年 秋号
ハースト婦人画報社
2019-08-20




mixiチェック
wxy812 at 22:59|PermalinkComments(0) | 高橋一生