2021年04月

2021年04月29日

未だ冷める事のない一生さんへの想い

私は熱しやすく冷めやすい人間で
気にいると、わっと飛びつき、いっとき夢中になるのですが
気がつくとしらっとしている自分がいます。

そんな私が高橋一生さん推しという意識を13年も持ち続け
しかも日に日に盛り上がるメカニズムはどうなっているのか?
不思議としか言いようがありません。

私は「医龍2」で高橋一生という俳優が妙に気になってしまい
出演番組を追いかけるようになりました。

Ea0WFO1U0AAw9UE
             フジテレビ 医龍2

あれから13年、一生さん出演のドラマ、舞台、映画、バラエティー
一生さん記載の雑誌等を拝見しながら過ごしてきました。

ここ3~4年の一生さんの露出度は目覚ましく
ドラマ、映画などの作品が目白押しで
余韻に浸るまもなく次の作品へ突入ということもしばしばです。
以前でしたら一生さん記載の雑誌は必ず購入していたのですが
記載誌が多すぎるのでページ数や内容で選んでいます。

「なり得たかもしれない自分」という
一生さんの芝居に向き合う姿勢は以前から雑誌等で目にしますが
一貫していてぶれることはないです。
一生さんがよく使われる穿つという言葉は
このスタンスを崩すこと無く
同じところを叩き続ける先にある言葉であることがわかります。

役作りはしないというスタンスは必然的で
台本には書き込みもほとんどなく綺麗な状態のようです。
読み込み過ぎると紙粘土のように固くなってしまう気がする
と述べられています。

台本に描かれている人物の目線でこれは自分だと思い読み進め
それ以上は組み立てることはしないそうです。
台本に忠実にやっていけば別の人に見えるのでは?という見解なので
余計な書き込みはしないのでしょうね。

ErBQsLfVgAAm4E_
            NHK大河ドラマ おんな城主直虎        

小さな頃から「誰か」になる事が好きだった一生さんは
電車の中などで挙動不審な子をやったら
大人はどれくらい心配してくれるだろうか?など
ごっこ遊びの延長で面白さを感じていたそうです。
でも「別の誰か」をやっているのになぜ「自分」なんだろう?
という不思議さもすでにこの頃感じていたようです。

ですから役にジャンプして別人になるような芝居は
想像するだけの芝居になってしまうので出来ないそうです。
小さい頃電車の中でやっていた「なり得たかもしれない自分」が
芝居の基本だからです。あくまでも自分がベースだからなのですね。

他人の中に自分を見る事ってありますよね。
「なり得たかもしれない自分」が正にそこにあるのだと思います。
自分が違う環境に生まれ育ったら今の自分とは性格も感受性も
全く異なる人物になっているかもしれませんよね。

一生さんの場合作品によって違う人に見えてしまうのは
役の人物を自分だと思い生きているからなのでしょうね。
今まで演ってきた役柄を観ていますと
雰囲気はもちろん容貌まで変化して見える事もあります。

因みに私と一生さん好きの友人は一生さんの話題というより
政次とか家森というように途轍もなく魅力的な登場人物について
延々と語ったりします。


images (30)
             TBS カルテット

また、世阿弥の「離見の見」のように観客に見られた自分の姿を
客観的に見ることが俳優には大事と言うことを一生さんは
割と頻繁に述べられます。

独りよがりの芝居は見ただけで終わります。
観客が入る余地があり余白があり、余韻のあるお芝居こそ
お芝居として存在し得る最低の条件だと思いますよね‥

真摯で実験が大好きな一生さんのお芝居に惹かれるとともに
一生さんそのものの存在が多面体過ぎて
わかるようでわからない、わからないようでわかる
そんな不思議さにも魅力を感じるのですが
それは一生さんの言葉の魔法に翻弄されているのかもしれません‥
煙に巻かれているってことなのかしら?

いえいえ!!わかりますよ!
そりゃ何もかもとは言いませんが
あなたがとってもチャーミングで負けず嫌いで
真面目で、人一倍思いやりがあり、優しくて公平で
今を一生懸命に生きている事ぐらいは感じ取れます。

そして誤解しないでください
一生さんの言葉は一貫性の有る中での言い回しが
受け取る側に理解力が有るか無いかの事だけですので‥

実は一生さんの考え方、感じ方に私は助けられた事があります。
これからもずっと見ていたいと思います。







にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村














mixiチェック

2021年04月14日

びっくりだけど、よくあること‥

幼い頃から今まで
しっかりと、目標に向かってまっすぐ生きる
そんな姿勢は私には皆無でした。

私の両親が営んでいた家庭は決して裕福とは言えませんが
私は物品に恵まれた長閑な環境だと感じていました。
その上親族が多くお小遣いもたっぷりいただいていて
今から想いますと「貧嬢ちゃま」状態だったと想います。

自分の人生はこの状態のままずっと続いて行くのだろうという
どこからくるのかわからない確信に満ちた感覚がありました。
浅はかな思い込みが成立した状態で今まで生きてきました。

DSCF3333

なぜそんな風になってしまったのか?
今思いますと自分でも意外な気がするのですが
両親との関係が希薄だったような気がするのです。

両親の背中が見当たらないというか‥
両親の言葉も見当たない‥のです?
母から教わった料理はありません。

私にとっては居心地の良い空間だと思っていたのですが
ある意味野放しの状態でいたような気もします。

好きな漫画や小説を読みふけり
好きなグループサウンズを追いかけ
目の前に有る楽しいことばかりに現を抜かしていました。

生きる指針はどこかにあったはずだとは思うのですが
気づく事は無くまるで張りぼて人間のようだと思います。

だからって親のせいだとは言いませんが一因はあると思います。

それなりの年齢に達すればこのままではいけないと
気がつくのが通常だと思うのですが
私はそのまま一貫性がなく行きあたりばったり生きてきました。
まるで浮草のようだなと今では感じています。

DSCF3550


夫が亡くなった後、居住中であった夫の実家を夫の姉、弟に追われ
同居していた夫の両親は老人施設へ入れられ
時を経ずあっという間に相次いで亡くなりました。
私が心の平安を選んだ結果の出来事でした。

ちょうどその頃実家で一人暮らしの私の母が健康を害します。
実弟夫婦が知らぬ顔の半兵衛を決め込んだため
結局私が母の看病をすることになりました。
検査のため脳神経外科への通院が続き
薬の微妙な調整に長いこと時間がかかりました。

そして間も無く母は息苦しさで歩くことさえ困難になるのです。
心房細動とやらで結局ペースメーカーを植え込むことになります。

ごく自然な流れで私は実家に住むことになります。

あれから丸十年経ちました。

私は現在もそのまま90歳になる母の介護をしています。

ところが‥一貫して実家には戻らないと宣っていた半兵衛夫婦が
なななんと!一作年の5月にいきなり実家への引っ越し宣言をし
自分たちの都合オンリーでこの実家へ越して来るという寝耳に水
窓から槍の様な暴挙に出たのです。

しかも5月に救急搬送され一ヶ月半の入院を終えた母が
ようやく7月半ばに退院できた翌日が引っ越し日だったのです。

弟夫婦のために酷暑の中、実家の荷物の移動を
私一人にさせてしまう弟の非道さを考えると目眩がしたものです。


DSCF3368


あれから1年半どうにかこうにか
私は入退院を繰り返す母を在宅介護というかたちで看てきました。

義妹も母の入院、心臓弁膜症のカテーテル治療においては
フルタイム勤務の傍ら充分に寄り添ってくれました。

ところが今度はその義妹の状態が最悪とも言っていいくらいの
婦人科系の癌ということなのです。

今年は難病指定である大腿骨の病を持つ弟の手術の予定もあり
今この家は揺れています。

そして‥私はどう流れるのか‥‥

一白水星の私‥水の星かぁ‥だから流れるのね‥





にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 15:44|PermalinkComments(0)生活 | 思うこと

2021年04月12日

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう!再放送!



皆さん!フジテレビで4月13日(火)24:25~
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が
再放送されます!初回のみ24:40~でーーす!!

2016年の1月期、いわゆる「月九」枠で放送されたドラマです。
初めてこの題名を見た時、なんて長いタイトルなんだ!と思いました。
脚本が坂元裕二さんでしたので当時興味深く観ました。

大好きな高橋一生さんは
坂元裕二さん脚本による過去2回の朗読劇
TVドラマでは「モザイクジャパン」「Woman」と
坂元作品への出演はコンスタントに続いていました。
「いつ恋」に出演と知った時は嬉しかったです。

一生さんは主人公の曽田練(高良健吾)が勤める運送屋
柿谷運送の佐引穣次というパワハラ先輩の役でした。

曽田練と同郷の彼は、東京に出てきたものの
東京にも人生にも上手く折り合いがつかず
気持ちに対し行動が伴わず空回りしているような人間です。

鬱積した感情を新入りの曽田練に辛く当たるのせいぜいですが
彼なりに何とかしようともがく姿が見えたのが救いでした。

髪を金髪にして斜に構え、悪ぶる姿は
鎧を着ている状態だったのでしょう。

私としましては、一生さんの金髪大ちゅき!

「いつ恋」は主演の有村架純、高良健吾さん他、高畑充希さん
西島隆弘さん、森川葵さん、坂口健太郎さん、八千草薫さん
柄本明さん、小日向文世さん、安田顕さん、松田美由紀さん
田中泯さん、浦井健治さん、高橋一生さんと
書ききれない位の超豪華俳優のオンパレードでした。

「若者たちは、生きるために、恋をする」というキャッチフレーズの
ヒューマンラブストーリーです。

なんだか皆スムーズには生きられなくて、落ちこぼれかけていて‥
でも‥‥四の五の言わずに
ちゃんと寄り添って包んでくれる物語でした。

坂元さんが脚本を書く理由は
「生きづらいあなたへ‥マイナスにいる人がせめてゼロになれば」
「テレビからこぼれているものを書きたい」
「こんなふうに思っているのは私だけなのかな?って
思っている人のために書きたいんです」
だそうです‥‥‥‥‥‥‥






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック