凪のお暇!とうとう最終回‥いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうTVerで!

2019年09月22日

凪のお暇!旅立ちなんだよね‥でも‥

「凪のお暇」良かったですねえ‥
私の推しは高橋一生さんです。

一生さんの出演番組は都合がつけば必ず観ます。
無理な時は録画をして必ず観ます。
私にとって最高のレベルワンの超弩級の至福の時間でございます。

この度の「凪のお暇」は超超超弩級でした。



慎二の凪を守る姿勢は間違いでした。
大好きな凪を抱えこんで自分の思い通りにしてしまった‥
体(てい)を繕って生きる慎二は
密かに天パーヘアを必死にストレートに伸ばす凪の姿をいじらしく思い
凪を守らなくてはと決意したのは良いのですが
天パーの凪を守るのではなく
ストレートヘアにして
体(てい)を整え生きる姿勢の凪をそのまま守ろうとしたのです。

でも凪の里帰りの後を追った慎二は
その時初めて凪の髪はそのままでいいと凪に告げます。
要するに慎二はどんな凪でも全て受け入れていたのです。

他人に対して頗る上手に振る舞うことが出来る慎二なのに
自分の気持ちを凪に伝える事だけが超下手という事実が
慎二の想いを凪から遠ざけた一因なのは言うまでもないです。

凪を想う強い気持ちが慎二を感情的にしていまい
カラカラと空回りしてしまったのでしょう。
肝心の凪に伝わってはいませんでした

そうです‥‥凪は慎二自身を見てはいなかったのです
凪の都合で慎二と付き合っていたのですから‥
だからアッチのサービスが良かったというのは
慎二と早く結婚をして体裁を整えたいという下心があったのです。

ゴンさんの場合は慎二と正反対のタイプということで
興味をもってしまったのでしょうね‥
ゴンのことを凪は好きでした。
が、こう言っちゃあなんですけど
旅の途中のアバンチュールっぽい感覚だっような気がします。

お暇以前の凪は会社でも実家の母との間でもどこでも
息苦しいまま自分自身を出せない状態で生きていました。
多分凪は自分がアダルト・チルドレンである事に
気がついていないのです。

ところがひと夏のあの空間でのお暇によって
凪は28歳の自分に未だにまとわり付いていた
卵の殻を全て取り除く事に成功したのです。
凪のお暇中に付き合って頂いたアパートの人々
坂本さん、バブルのママや従業員その他の方々との出会いは
凪にとって奇跡のような人生の指針になったのです。

凪のお暇はターニングポイントだったのですね。

そうなると今まで自分を取り巻いていた環境に対して
違和感を覚えるのは当然です。

いままで凪が観ていた景色は嘘では無く現実ではあったのですが
殻が邪魔して全体が見えづらかったのです。

殻が排除された凪の目の前に広がるのは
以前とは比べ物にならないくらい
広くて深くて色使いの豊富な景色ではないでしょうか?

慎二やゴンさんは凪にとって殻付きの頃の存在なのです。
もう景色の中に二人の姿はないのです。
でも慎二もゴンさんも凪の殻の排除に
なくてはならない存在であったのは確かです。

そうなんだなぁ~

舞台で考えると凪と母親の生活場面が第1ステージ
東京でのOL生活や慎二とのお付き合いの場面が第2ステージ
で、お暇中が第3ステージっていう感じかしら?

そして今とうとう第4ステージが開幕されたところなのかな‥

ああ‥‥こうやって分析して自分を納得させているのですが
ゴンさんはもちろん可哀想でした。
でもそれ以上に
慎二が非常に辛い想いをしているんだろうなと想像します。



同じアダルトチルドレンの慎二は
凪がどんどん自分から遠ざかるのを目の前で見ていたし
最後まで自分なりに凪を守る気持ちに嘘はなかったのす。
凪と破談になったあの場面で
慎二は自分自身も凪と同じ境遇であることに気がついたのです。
だから‥慎二も卵の殻はとれたはずです。
でも凪が大好きだった慎二の前に広がる景色は
凪とはだいぶ違っているのかもしれません。
しかし慎二だったら大丈夫そう思います。

もう空気を読むことのない慎二との最後のデートで
凪は慎二のハグを拒否しました。

振り返らずまっすぐ前を向いて歩こうとしている自分を
認めたかったからなのでしょうし
もうそこには戻らないよという凪の意思表示と同時に
それが慎二へのエールだったと思うのです。

アパートの住人達も全員それぞれの道を見つけ歩もうとしています。

旅立ちのドラマなのに祭りの後のような寂しさを覚えます。

暑かったひと夏の
余韻冷めやらない火照った想いを
ひんやりとした秋風が
まるで冷ましてくれるかのように静かに流れます。

はぁ~

いいドラマでした。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
凪のお暇!とうとう最終回‥いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうTVerで!