天保十二年のシェイクスピアを再び観て思った事「竜の道 二つの顔の復讐者」玉木宏、高橋一生4月ドラマ共演

2020年02月28日

天保十二年のシェイクスピア公演中止!残念です!



本当に残念な事ですが「2020年天保十二年のシェイクスピア」は
昨日2月27日が最後の公演になってしまいました。

まさかこのような終わり方をするとは思ってもいなかったです。

新型コロナウイルスの感染状況と政府の感染症対策本部の方針に鑑み
公演中止となってしまいました。

不可抗力であるので致し方ありません。

四の五の言ったところでどうにもならないことです。

本日観覧した方のツイートによりますと
座長として高橋一生さんが最後の挨拶をされたようです。

皆さんの報告を拝読しますと
一生さんは「無念」という言葉でご自分の気持ちを
表現なさったようです。

舞台を立ち上げるのには企画、営業的にはもちろん
脚本家、演者、演出家、作曲家、大勢の裏方など
あらゆる分野の方たちが相当な時間を費やし
各自スケジュール等万端の調整もし、体調も整え
満を持して漸く初日を迎えるのです。
主催者、劇場側の決断も断腸の思いであったであろうと想像します。

一生さんも座長として並大抵ではない想いを持っていたはずです。

東京公演を後2日残し来月の大阪公演は完全に中止となりました。

私自身あと一回なんとか観に行きたくて
算段がつきかかっていただけにほんとうに残念でした。

大阪公演を楽しみにしていた方達のお気持ちを考えると
今ここで表現致しかねます。

そして本日28日は先行予約のBlu-ray /DVDの収録日だったそうです。
ですから現在観客ゼロの状態で
カンパニー全員で収録の為の舞台を努めている最中だそうです。


なんとも切なく胸が痛むような心境になります。
観客の居ない劇場でのお芝居はいかばかりだったでしょうか。






27日の公演終了後の高橋一生さんの挨拶は読んでいて涙が出ました。

今回のこの舞台だけではなくこれからの「お芝居」という分野全体への
一生さんの想いがほとばしっていました。

私も人間の想像力はなくてはならない大事な能力だと想います。
これが乏しい人間は恐ろしい事、無責任な行動にも
簡単に陥ってしまいます。
お芝居、音楽等は娯楽と言われ軽く扱われがちですが
肉体を育む食べ物と同様、心を育む大事な栄養だと思います。
お芝居を観てわかるように、音楽を聴いてわかるように 
想像で頭の中がいっぱいになります。

想像力があるからこそ人間の心に優しさや思いやりが生まれるのです。

今回は新型コロナウイルスの治療が確立されていないという状況で
対策に添ったという事ではあるのですが
エンタメ分野は何かあるとすぐに削られる運命にあります。
体にも心にも栄養が行き渡ってこそ
バランスのとれた人間になれるのだと思います。

一生さんのご挨拶にもございますように
想像力を共有しにお芝居を観に行きましょう

カンパニー「2020年天保十二年のシェイクスピア」の皆様
最高の舞台本当にありがとうございました。
のめり込んで舞台を観覧したのは初めてでした。

いろいろな想いを一層深めた作品として
Blu-ray が手元に届く日を楽しみにしています。









にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
天保十二年のシェイクスピアを再び観て思った事「竜の道 二つの顔の復讐者」玉木宏、高橋一生4月ドラマ共演