スパイの妻!上映劇場情報!「竜の道」始まる!

2020年07月27日

井伊直弼ではなかった?じゃぁ開国は誰が‥



この記事を読んだ時「えーっ!うっそー!」って感じでした。
にわかには信じられない気持ちです。
日本を開国に導いた人物は大老井伊直弼と
皆さんも学校で習いましたよね‥

しかしですねえ‥
私はまだ読んではいないのですが

7月15日に刊行された拓殖大教授関根基氏の著書
「日本を開国させた男、松平忠固ー近代日本を築いた老中」に
よりますと、日米修好通商条約を断行したのは
井伊直弼ではないと記されているとのことです。

「まつだいら ただかた」というお名前は初めて目にしました。

徳川政権の閣内にあって、ペリー来航当初から声高に交易通商を
主張しあらゆる難関を乗り越え調印を果たしたのは
井伊直弼ではなく松平忠固と言う人物だということです。

ところが松平忠固は調印を果たした翌年1859年に
48歳で突然亡くなリます。

病死ということですがこの死には色々と疑問が生じているようです。

国のトップが謎の死を遂げたり暗殺されたりと
政敵同士熾烈な足の引っ張り合いもあったようです。
うーん‥当時は過渡期の混乱もあり
混沌とした時期でもあるわけで
歴史的操作も行われたかもしれませんね。

しかし日本開国の実質の立役者であった「松平忠固」の存在を
なぜ誰も語ろうとしなかったのでしょう。

「日本を開国した男、松平忠固」には
〈現代に至ってもまだ日本人は長薩政権のプロパガンダを
信じ込まされているのだ〉とあるそうです。

ぜひとも読んでみたいと強く思います。

しかし私が生まれたのはぶっちゃけ1954年なんですが
遡ってたかだか100年にも満たない頃の話なんですねえ‥

かくいう私はかの井伊掃部頭直弼の銅像が
開国の象徴である横浜の港を向いて立っておられる
掃部山公園で幼い頃毎日のように遊んでおりました。

mpraUJ23MQSKrYk1595593383_1595593470
             横浜市西区紅葉ヶ丘 掃部山公園

曾て家族で居住していた父の会社の社宅の前の通りは岩亀横丁といい
徒歩1~2分の所に岩亀稲荷がありました。
気がつかず通り過ぎてしまう程間口の狭い稲荷です。

開国間もない安政のころ太田屋新田に居留外国人の社交場として
遊郭が開設されました。(現在の横浜関内の一角)
その中でも豪華な遊女屋を岩亀楼と言いました。
外国人は羅紗緬のいる岩亀楼でしか
遊ぶことが出来ない決まりがあったのです。

そこで働く遊女達が静養する寮があったのが岩亀横丁のあたりであり
遊女達の心の拠り所として信仰を集めたのが岩亀稲荷だったそうです。

百十数年後、歴史の教科書で聞きかじった一角で
私は友達と駆け回っていたんですねえ‥

百年ってそんなに昔ではないです。
私の母だってペロッと90歳ですしねえ‥

遊女さん達のため息や呼吸がまだ消えきらないような頃
私はそこで生活していたのだなあと
なんとなく想いに耽ってしまいます。

話は少し逸れますが
「おんな城主直虎」は1500年代半ばのドラマでした。

EX_MKI_U4AASS-J

井伊家と言いますのは周辺の大国から踏みつけられながらも
なんとか形を変えつつ息を止めずに生き残り
徳川の閣内においても存在を維持してきました。

そしてそれは1800年半ばの開国まで達した事を想いますと
まあ、直虎はドラマではありますが感慨深いです。

政次のあの自分を盾にした行為は
今にも途切れつつある井伊家の行跡を繋げるため
自分が橋になり人々がそのまま
歩いていけるようにするためのものでした。







にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
スパイの妻!上映劇場情報!「竜の道」始まる!