草刈正雄さんてすごい‥改めて想います三浦春馬さん

2020年07月18日

菊田一夫演劇賞授賞式!高橋一生さん授与!



昨日は第45回菊田一夫演劇賞授賞式が開催されました。

お陰様で高橋一生さんは「天保十二年のシェイクスピア」での
佐渡の三世次役が評価され受賞式に参加され
賞を授与されるに至りました。

一生さんはまさかこのような光栄な賞をいただけるとは
想ってもみなかったようです。



コメントの内容をまとめますと

佐渡の三世次の役において大きなジャンプをする感覚はなく
久しぶりの舞台ですし、しかも音楽劇で歌う歌の
ハードルは高かったと吐露されています。
最初の歌のレッスンにおいて
「きっと大丈夫」と言われたようですが
一生さんとしては「きっと大丈夫じゃないんだろう」と
思われたようです。また、今回の座組は大ベテランが多く
稽古期間は背中を見させていただき
皆で団結することも大事なんだと感じたそうです。

今回の公演は途中で中止になったこともあり
受賞についてはいろいろ想いが混じり合ったようですが
芝居を信じていこうという想いが高まったそうです。

コメントの内容からわかるように
高橋一生さんの芝居に対するスタンスはずーっと変わらず
一生さんご自身がいつも話される仕事への向き合い方の表現として
同じ所を打ち続けるという状態だと思います。

しかし今回は音楽劇と銘打つ舞台でしたので
高橋一生さんとしては舞台で歌を歌うという
新分野に入ったわけです。

一生さんは既にエレファントカシマシのカバーアルバムで
東京スカパラダイスオーケストラとのコラボで参加していますし
主演ドラマの主題歌のCDも発売されていますが
やはり舞台での歌となりますとニュアンスが異なります。

しかし実際に2回公演を観させていただきましたが
それは素晴らしい出来栄えでした。

佐渡の三世次は流れるような溢れるような
歌とはわからないくらい耳に心地よい歌を
自然にしかも刺激的に歌い上げていました。
歌の持つ魔力に誘引され
又すぐに聴きたくなってしまうような中毒性を感じる程でした。

しかもその傾向は「天保十二年のシェイクスピア」で
歌われた歌全てに言える事でした。
実に素晴らしい音楽劇でした。


改めて菊田一夫演劇賞受賞おめでとうございます。

EdHV2cVWAAEgqtP




にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
草刈正雄さんてすごい‥改めて想います三浦春馬さん