政次‥あれから3年ですね│「耳をすませば」から25年の今年の夏!

2020年08月26日

「竜の道」第5話!



竜一は晃にクーデターを起こさせるべく
キリシマ急便の取締役の中から霧島社長に一番忠実で
影響力のある小田島聡介にターゲットを絞り
小田島の弱みを凛子たちに探らせます。

金儲けをするからと誘いブラジルから連れてきた凛子ですが
さすがに竜一の狙いはキリシマ急便である事に気がつき
会社、社員はそのためのダミーに使われている事を把握します。

そして小田島が会社のトラックにかけた保険契約の
継続を許諾する事で損害保険会社からお金を 
受け取っている場面に遭遇します。

しかし小田島の娘は拡張型心筋症でお金を必要としている事がわかり
小田島にクーデターを持ちかけた晃ですが同情し躊躇します。


フリーライターの沖和紀が入った飲み屋の隣席に
偶然にも竜一の元同僚が座って居たのです。
沖がカウンターに置いた竜一の写真を覗き見て
この男は斎藤一成だと証言します。
元同僚は勤めていた株業界紙の社長が亡くなった直後
斎藤一成は金庫の裏金10億とともに居なくなったという話をします。

沖は株業界紙の社長の遺児を探り当て当時の事を聞き出します。
遺児は社長が亡くなった日、慌てて家から出てきた男と遭遇します。
その男、竜一の顔を覚えていました。

そして10億を盗むため心臓発作を起こし苦しむ社長に
命の綱である薬を
竜一が与えずに見殺しにしたという仮説が浮上します。

沖は竜一の周りを執拗に嗅ぎ回ります。

竜一自身この出来事が夢に出てくるほど呵責を感じていました。

裏社会のドン、曽根村始は全てを把握しており
竜一を呼んで大丈夫か?と様子を窺います。



竜二は霧島まゆみを陥落させるべく付き合いを重ねます。

その間まゆみの父である霧島源平社長は
まゆみが付き合う官僚矢端竜二の身元調査の結果を見て
かつて自分が乗っ取った吉江運送の息子である事を知ります。
源平は竜二が復讐のためにまゆみに近づいたと勘ぐり
竜二を呼び探ります。

竜二は一瞬凍りつきますが、なんとか切り抜けます。

そして‥キリシマ急便の事業拡張の折国交省が監査に入るかどうか
コントロールする力は私にはないが
私はその力を御社のために使いたいと思っていると
源平に言ってのけます。

その頃美佐は竜一に会いに行きます。
ごろつき男に襲われ危機を脱した現場で竜一と会った美佐は
霧島源平への復讐を美佐が口外しないよう
竜一が美佐を尾行し見張っていたのではと思っていました。
竜二が竜一(和田猛)の手を借り復讐を企ているのではと推理し
あなたはそれを手伝っているのではないかと尋ねます。
もし兄を手伝っていて、そしてもし兄に何かあったら
あなたを許しませんと訴えます。

流石に竜一は疎外感を覚えずにはいられなかったと想います

それと同時に自分の復讐計画に美佐も竜二も巻き込んでいる
自分にやるせなさを感じたのしょう‥


竜一は竜二に復讐計画から外れるよう諭します。
外れて美佐を安心させてやれ、好きなんだろ?
血は繋がってないんだし‥それを聞いた竜二は烈火の如く怒ります。

あああ~二人共美佐の事が好きなんですね‥

竜一は人を一人殺している事を竜二に打ち明け
もし復讐が終わっても俺はもう普通の生活なんて許されない 
でもお前はまだ引き返せる
竜二お前は陽の当たる道を堂々と歩いて行ける

俺とお前はもう違うんだよ‥と竜一は竜二に吐露し部屋を出ます。

街を彷徨う中、晃から電話が入り
小田島を落としましたとの連絡を受けます。
晃は小田島へ脅しの証拠写真を送った竜一の行為を
快く思ってはいない様子でした‥

UDコーポレーションでは
契約成立の祝賀会で盛り上がっていました。
凛子は社長を待つ砂川に「ブラジルで初めて会った時‥
放ーっておいたら死んじゃいそうな目をしていました‥」
と呟くように言うのです‥


そして‥竜二は‥竜一を追い、それでも俺はお前と一緒にいくぞ!
お前と俺は二人で一つだろ?と‥
泣きながら二人は抱き合うのです‥

竜一の泣き顔がぐぐぐーっと胸にきてたまらなかった‥

第5話は登場人物の動きが激しくてズラーっと書いてしまいました。
と、いうより書きたい心境だったのです。

うまくまとまりません‥

正直私はこのドラマは冷静に観ていられない心境にあります。
あの冒頭の場面がどうしても刺さっていて‥
でも‥どのような段階を踏むと
あの場面へ行き着くのか見届けたいのです。

だんだんと二人の間に齟齬が見え隠れはしてますし
双子ですが二人の生まれ持つ性の違いはすでに歴然としています。      

怖い‥‥‥‥‥

一つの復讐劇が齎す事象は
利用する人間や思惑ある人間と引き合うという現象を孕み
そこから生まれるものは
どう考えても不幸な出来事ばかりなのでしょう。
しかも当人達は充分にそれを自覚しているのです。

にもかかわらず竜二は復讐が終わった後
柵の無い土地で又3人で暮らせたらと夢を竜一に語ります。
竜一は解っている事ではあったのですが
この時改めて自分と竜二の違いを強く意識したのだと想います。


このドラマはどんどんと引き込まれ
ドキドキ感とまさかと思っていた胸キュンと
昭和の薫りまで感じつつ、夢中になってしまいました。

俳優さん達の熱量を感じる
極上のお芝居はおかわり3杯をぺろりと
平らげる程の美味しさですし

人間の心情の変化の瞬間に微かに現れる機微すら感じとれる    
竜二の表情の妙に見入ってしまいます

観始めるとアッという間に一話が終わります。
そのくらい面白いです。



来週もとっても楽しみです!







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
政次‥あれから3年ですね│「耳をすませば」から25年の今年の夏!