「竜の道」第6話!ベネチア国際映画祭「スパイの妻」銀獅子賞!

2020年09月10日

「竜の道」第7話!




いやーっ‥!第7話終わりました。
来週は第8話、2時間だそうです!

そもそも竜一が稔りの期待すら抱くことの出来ない
復讐という行為に執着し推し進めるのは誰のため何のためなのか‥

竜一は自分たち双子を引き取り大事に育ててくれた
養父母が受けた同等の苦しみを霧島源平に
味あわせたいという想いがあります。

そして自分はもとより美佐と竜二を辛い境遇へと追い込んだ
霧島源平から一家が受けた理不尽な行為への積年の憤りを
強いエネルギーを保ちながらずっと持ち続けていたのです。

復讐という感情はもともと気性の激しい竜一の中で
日に日に大きくなり怪物と化してしまった‥そんな印象を受けます。

そりゃそうだと想います。
霧島源平の阿漕な事業拡大の網の中に囚われてしまった
人の良い養父母を察する事もできず助けることも出来ず‥
中学生の身では訴える事も出来ず
雨の中ナイフを持って源平に向かうしか手はなかったのです。

親戚の家に預けられた兄妹3人はひもじい想い理不尽な想いを
甘んじて受け入れる他は無く
惣領の竜一は美佐に強くなれと励ましながらも
自分自身がとっても歯がゆかったと思います。

竜二は傍でそんな竜一の様子をじっと見ていました。

竜二は竜一と同様霧島源平に対し憤りを感じていたはずですが
竜一のような力任せの復讐というやり方は
端から考えてはいなかったと思います。

兄妹に冷たく当たる親戚のおばさんは家事に仕事に子育てに忙しい上
突然舞い込んだ自分たちの面倒をも見なければならず大変なんだからと
美佐に言い聞かせるような俯瞰で物事を捉える冷静で優しい性格です。

美佐はそんな両極端の気性を持つ双子の兄二人から諭されながら
竜一が焼死した後も竜二に見守られ
働きながら大学を卒業し小学校教諭として
強く逞しく優しく生きる事が出来ていたのです。



第7話は妻を亡くし事業拡大に一層拍車を掛ける源平に
竜一は裏切り者の元取締役二見敏明を利用し
源平を殺人者に仕向けるべく曽根村に協力を仰ぎます。



しかしうまくいくかと思った計画は裏社会の掟により頓挫します。

その上竜一を嗅ぎ回るフリーライター沖和紀はだんだんと
核心へと近づき、とうとう兄妹達の親戚の家まで嗅ぎ当てます。
親戚から連絡を受けた美佐の知るところとなり
美佐は思いもかけないある仮説を胸に竜一の事務所を訪ねるのです‥
「兄、竜一は生きているかも知れない‥」


竜一はますます追い込まれてきます。



霧島の娘まゆみはすでに竜二なしでいられない様子が伺われ
竜二もまゆみを犠牲にするつもりは無いようです。

本来竜二は妹として育った美佐を異性として好きなのですが

美佐の好きなのは竜一だと確信していました。

竜二は美佐のためにこれ以上竜一に犯罪を犯してほしくはなく
二人の幸せを願っていたのです。


最終回を観るのが怖いような‥
しかし何があっても観なければおさまらない気持ちです。
今までのドラマではあまり感じ得なかったドキドキ感があります。











にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「竜の道」第6話!ベネチア国際映画祭「スパイの妻」銀獅子賞!