母の病状│「妖怪シェアハウス」面白かった!

2020年09月18日

「竜の道」最終回!



久しぶりに骨太のドラマを観た気がしました。

理不尽な力で霧島源平に壊された吉江一家‥
育ての親の悪夢のような自死‥
そして預けられた家での冷たい対応‥

竜一は脇目も振らず一心不乱で復讐に焦点を絞り生きていました。

自分を殺して生きてきたのです。

自分の中の美佐と竜二が笑っていなければ生きていけない男だった‥
と曽根村は言いました。

竜二は陽の当たるコインの表で自分は裏の汚れ役と決め
ただただ復讐という一本の道を懸命に歩き生きてきた竜一。

粘着力の強い取材で真相をほとんど暴いてしまった
フリーライターの沖は美佐や竜二の身辺にまで及んできました。
経済紙の記者とは名ばかりの裏を覗けば
取材で知り得た他人の弱みに付け込みお金を巻き上げるような
乾ききった悪でした。
    
そんな沖が竜一に救いようの無い恐喝を続けます。    

そして竜一は沖に‥手をかけるのです。

沖を殺害した事を竜二が知り竜一と言い合いになります。
竜一はこれ以上竜二を巻き込みたくないという思いから
竜二がしばらく動けなくなる程ボコボコにします。


冒頭の衝撃的なあのシーンがここで流れました。


そしてなんと!驚く事に沖は曽根村始の実の息子だったのです。

もしかしたら竜一と竜二が息子?と予想しましたが違いました‥

どんなに救いようのない悪でも実の息子を殺されたとあっては
曽根村も黙っていては示しがつきませんよね‥
竜一は曽根村から半殺しの目にあわされますが
曽根村の意向で命は奪われずに済みます。



そして‥

当初凛子と砂川に得体の知れない危うさを感じていましたが
目測を誤っていましたあの二人は天使でした。

曽根村の家から後の足取りがつかめない竜一を
二人は美佐と共に探したのですが見つからず
結局凛子が海岸で倒れている竜一を見つけるのです。

意識を取り戻した竜一は
誰も居ない例の密会の部屋で治療が施された自分に気がつきます。

竜一は密会の部屋へ霧島源平を呼び
今までの復讐の真相を全て霧島源平に話します。
源平は竜一とのやり取りで今までの汚い商売のやり口を     
全て吐露し、竜一に悪態をついて出ていくのですが
なんとその模様は全て撮影されていたのです。    

凛子と砂川が世界中に配信するという方法で
復讐は終盤を迎えつつありました。
 

美佐は竜一の行方を求め裏社会の曽根村に会うという気丈さで
二人の兄を心配し駆けずり周りました。

そして漸く傷だらけの兄達と3人で会う事が出来ます。
3人はいつも分け合って生きてきたのです。
辛かったら3人で泣こうと美佐は言います。

激しい性格の竜一が復讐という一本道を歩く決意を固めた起因は
預けられた家での屈辱的な扱われ方にあったと思います。
傷ついた思春期の双子の男の子と小さな女の子
3人の兄妹をあの家の夫婦が暖かく迎えていたら
竜一の心は助かったのではないかと強く思います。
          


竜二はキリシマ急便をエニィウェイズに吸収合併させようと
手を尽くしていました。正当なM&Aです。

竜一と竜二はキリシマ急便へ向かい源平と対峙し吸収合併を告げ
密会の部屋での源平の映像が世間に流出されている事を告げます。

観念した源平に対し竜二は言い放ちます。
「霧島さん安心ください。大事なお客さんの荷物
キリシマ急便さんの分までエニィウェズがしっかり運びますけ」と‥
源平が阿漕な手法で奪った会社のオーナーに対し
何回も何十回も放ってきた言葉です。

これを聞いた多くの人々の憤る気持ちが反射し
言霊として源平の元へ返って行ったのでしょう。

復讐は終わりました。



竜一を送る前の最後の食事の買い出しをするため
3人はスーパーで待ち合わせをしていました。

竜一は美佐と竜二が買い物をしながら自分を待つスーパーへ急ぎます。

そして‥‥‥‥少年があっと言う間に竜一をナイフで刺します。
刺した少年はあの時の大野木社長の息子でした。

あの時‥竜一は持病発作を起こした社長の命の綱である薬を
倒れてもがく社長の手の届かない所へ飛ばしたのです。

事切れた社長を後に外へ飛び出した竜一とかち合った小さな男の子が
大野木社長の息子だったのです。
息子は竜一をしっかりと覚えていたのです。

良くも悪くも物事の結果にはそうなった原因はあります。
その時の原因に見合った結果が現れる「因果応報」という
仏教の教えである四字熟語が頭に浮かびます‥    




ドラマを見終わってしばらく
呆然としてしまいました。

涙が同時にはらはらと流れあまりの余韻の強さに
頭の切替ができませんでした。

腹を刺した少年が大野木の息子だと察知した竜一は      
少年に早くこの場から立ち去るよう支持し            
血に染まったナイフの柄に付いた少年の指紋を拭き取ります。
そして柄を握り自分の指紋をつけるのです。

あああ~止まらない‥

これは後をひきそうです。

俳優さんの熱いお芝居が胸に迫り見ているこちらも熱くなりました。
久しぶりに入り込んで観ました。

ハードボイルドなのですが
一人ひとりの人物の生い立ちとそこからうかがえる生き様が
丁寧に描かれていて見応えがありました。
昨今のドラマ傾向を思いますと異色作と言えますよね‥

本来ならば4月期のドラマでした。
それが7月期ドラマとなり無事終了です。

このドラマの円盤化を是非ともお願いしたいです。

面白く、引き込まれるドラマでしたし
強く記憶に残りそう‥
       




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
母の病状│「妖怪シェアハウス」面白かった!