「妖怪シェアハウス」面白かった!母の病状その2

2020年10月02日

「おじさんはカワイイものがお好き」と「トクサツガガガ」



眞島秀和さん主演で「おじさんはカワイイものがお好き」という
ちょっと以外な題名に惹かれて観てみました。

第1話を観ていまして
あれ?!思ったのはガシャを引く場面を観た時です。



主人公の小路三貴(おじみつたか43歳)は容姿端麗で
職場では上司からも部下からも信頼され仕事も出来る
いわゆるイケオジなのですが唯一皆に公言出来ない事がありました。

それは‥‥カワイイものが好きということなんです!
中でも推しキャラはぽっちゃりとしてカワイイ「パグ太郎」で
家へ帰ればパグ太郎のぬいぐるみに囲まれながら
パグ太郎のイベント、グッズ情報にアンテナを張り巡らす時間が
小路三貴の至福の時なのでした。

人生の相棒は「パグ太郎」!という位置づけです。

そして‥ある日カプセル入りのレア「パグ太郎」をゲットしようと
小路は子供達が集う店の前を
ガシャを引くタイミングを諮り行ったり来たりするのです。

ガシャの前で「パグ太郎」のカプセルを夢中でゲットしようとする
おのれの姿を人には見せられないという想いが働いてしまうのです。

カワイイものが大好きなのに‥‥

この場面を観て既視感を覚えた私はすぐに2019年に放送された
NHKの「トクサツガガガ」を思い出しました。



主人公のOL仲村叶(小芝風花)は
幼い頃から特撮戦隊ヒーローが大好きでしたが
戦隊ヒーローを嫌う母親は自分自身が好む
ピンクのフリルヒラヒラ的な趣向を
当たり前のように叶に押しつけていました。

母親の押しつけを泣く泣く受け入れながら
いい子で過ごさなければならなくなってしまった叶は
特撮戦隊ヒーロー好きである事をしっかりと告白出来ずにいました。
結局幼い頃からの年季の入った隠れ特撮オタクとなったのです。

広義で捉えると叶はアダルト・チルドレンですよね‥

就職し一人暮らしになった叶は職場でも隠れオタクとして過ごし
隠す事は当然と捉え
自分は特異な趣向の持ち主だと思っている節がありました。

ある日推しの特撮戦隊ヒーローのカプセルをゲットするべく
パグ太郎の小路三貴と同様におこちゃまが賑わう店の前を
行ったり来たりしてガシャを引くチャンスを窺うのです。



図らずも同じシチュエーションでびっくりでした。

カワイイもの好きも戦隊特撮ヒーロー好きも
特段変わった事ではありません。

何かが変だとしますと固定的な観念が齎す偏った考え方見方が
大人の男が女が推しキャラをゲットするため
真剣にガシャを引く姿を他人が見たら
きっと異様な光景だとして捉えられてしまうだろうという
幻想に囚われてしまっている事ですよね‥

実際本人達がそう思ってしまうように
世間の目というのもそう捉えてしまうのかしら‥?

私がもし見たとしたらそう深くは考えず通り過ぎると想います。
色々言う人もいますが人なんて自分の事で精一杯だし
誰に迷惑をかけるでなし、「好き」を楽しんだ方が勝ちです。

世間の目とか、いい年をしてとか、親の気に入るようにとか
男だからとか、女だからとか
「何々だから、こうあらねばならぬ」というような観念が
生きづらい世の中にしているし不自由にもしているのだと想います。

LGBTの方々の生き辛さなどの原因も同じ事なのでしょう。

一度きりの人生です
自分の「好き」を大事にして生きていきたいですよね。

自分の「好き」を無理やり理解してもらおうなんて想いません。

接点があればお互いズカズカ入り込まずに尊重しあって
楽しみたいですよね。

「好き」があるだけで充実し癒やされる時間が過ごせます。

私もそうですが「好き」はやめられません。

「好き」は生きる力です。

皆さんの「好き」は何?






おじさんはカワイイものがお好き。 初回限定生産 小路さんとお揃い!パグ太郎グッズ付きBlu-ray BOX【Blu-ray】 [ 眞島秀和 ]

おじさんはカワイイものがお好き。 初回限定生産 小路さんとお揃い!パグ太郎グッズ付きBlu-ray BOX【Blu-ray】 [ 眞島秀和 ]



おじさんはカワイイものがお好き。(1)【電子書籍】[ ツトム ]
おじさんはカワイイものがお好き。(1)【電子書籍】[ ツトム ]


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 16:12│Comments(0)連ドラ | 思うこと

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「妖怪シェアハウス」面白かった!母の病状その2