「フェイクスピア」高橋一生主演、野田秀樹演出!天国と地獄~サイコな2人~第9話

2021年03月08日

天国と地獄~サイコな2人~第8話



3月13日、新月の晩の犯行と思われる新たな猟奇殺人が起きます。

今回の被害者はリストにあった、久米正彦の息子でした。
犯行が新月の晩だとしたら
「日高」と八巻が父親の久米正彦の屋敷の前で
張り込みをしていた晩ではないですか!

あの晩、久米家の前で張り込みをしている
「日高」と八巻に気づいた“誰か”は踵を返し立ち去りました。

その“誰か”は東朔也だったの??

久米正彦の屋敷で「彩子」を目撃した「日高」は
日高は犯人ではないのでは?と確信に近いものを感じます。

「日高」は清掃派遣会社の東朔也の登録記録を入手します。
1982年9月13日生まれの38歳‥
そして‥貼付された写真は陸が“師匠”と呼ぶバイト仲間の湯浅でした。

五十嵐管理官から猟奇殺人現場に呼び出された「彩子」は
猟奇殺人の現場の状況を把握し
被害者の血液由来の下足痕や血紋を目視した後

東朔也が運ばれた病院へ再び向かいますが
時すでにに遅し‥病室はもぬけの殻でした。

陸はただならぬ状態の“師匠”
東朔也を放おってはおけず行動を共にします。

捜査一課の会議では
今回の猟奇殺人は今までと違い清掃された痕跡がなく
遺留品を多数採取する事が出来た上に
防犯カメラに映る犯人と思われる映像の入手が報告されました。

「彩子」は八巻を連れコ・アースを訪問し
「日高」が捕まるかもしれないという理由で
「日高」に社長を辞任するよう要求します。

「日高」は東朔也の派遣会社の登録記録を「彩子」に見せ
「クウシュウゴウ、あなたと生き別れのお兄ちゃん!
殺人に狂うお兄ちゃんをあなたはただ庇っているだけ!
どんな理由があるにせよ人殺しは人殺しでしょ!
死守するべきルールが人間にはあると思わない?
ここを譲ったら全てがなし崩しになる!」と「彩子」に言い放ちます。



「彩子」は「日高」にもう兄を庇う事はやめるので
早急に社長を辞任するよう再び要求します。


そして‥夜の歩道橋に一人佇む「彩子」は‥
「お前が15分先に生まれてくりゃぁ!
お前の人生は俺のもんだったんだよー!」と
自分の胸ぐらをつかんで叫ぶ兄、東朔也の姿を回想するのです‥


「彩子」は「日高」との約束を破り
徹底的に東朔也を庇う態勢を崩さず、東朔也の自殺を偽装します。

病気のため余命あとわずかの兄、東朔也を
自殺した事にして時間を稼げば
あと少しの時間で天に召されるはずの兄を
警察の手にかかる前に逝かせてやることが出来る‥
とふんだのだろうか‥?

ところが!あの歯ですよ!久米幸彦の飼い犬が
現場で飲み込んだあの歯が糞の中から出てきたのです。

そしてなんと!その歯は日高陽斗の乳歯であると断定されたのです。

あの歩道橋で東朔也の靴の裏のガムにくっついた陽斗の乳歯‥
それを剥がして朔也はポケットに入れていました。

河原、幅両刑事も別ルートの捜査から
日高陽斗と東朔也の接点を掴んでいました。



とうとう捜査一課は日高陽斗と東朔也の両名に対し
緊急配備を発令します。

偶然にも満月のその日の夜「彩子」は意を決し
血痕のある奄美の石を提げ日高を例の歩道橋へ呼び出し
2人が入れ替わった満月の夜と同じシチュエーションで
「彩子」は「日高」に手錠を突きつけ迫り
歩道橋の階段から2人は転げ落ちるのです。


果たして2人は元に戻る事ができたのだろうか‥‥

そしてあの猟奇殺人は本当に全て東朔也の犯行なのだろうか‥‥?

私、日高の父、満がなんだか気になっているのですが‥
考えすぎかな?


注・ここで表記する「日高」は日高の中の彩子のことで
「彩子」は彩子の日高ことです。






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「フェイクスピア」高橋一生主演、野田秀樹演出!天国と地獄~サイコな2人~第9話