天国と地獄~サイコな2人~第9話母の病状その9

2021年03月24日

天国と地獄~サイコな2人~最終回



とうとう最終回を迎えてしまいました。

さあ‥どうなるんだろう‥とちょっと心がざわざわしました。

奄美行きのフェリーの中で東朔也は告白し亡くなりました。

河原を先頭に船内へなだれ込んだ警察と一悶着あり
彩子と日高は東朔也を陸に頼み河原達から離れます。

「捕まるならあなたが良かった。
何も二人して地獄へ行くことはありませんよ」
と言いながら日高は彩子に腕を差し出すのです。



そして、なんと!
犯人隠匿、証拠隠滅で彩子も河原に手錠をかけられてしまうのです。

しかし彩子は東が使用し日高が保有していた凶器の石を示し 
証拠を押収した自分が逮捕されるのはおかしい!と直訴します。

更に逃亡幇助を問われた彩子は
東と話をさせてくれるなら日高が東の所へ案内すると言うので
両者確保のため取引に乗っただけであり
警察に連絡をした時点で案内をやめると言われた事を
十九川捜査一課長と五十嵐管理官に証言します。

取り調べの内容が日高、八巻の証言と合致したことで
彩子は始末書だけで処分を免れます。

ポンコツ八巻も日高も彩子を守る事に成功しました。

しかし日高の場合東朔也が亡くなってしまった以上
証言する人がいないという事になります。

捜査としては東朔也を主犯と見る方が自然の流れでしたが

なんと!日高は3件の殺人全てを自分が単独でやったと自供したのです。


捜査一課長が自白を尊重し日高を主犯!とした捜査の指揮をとったため
彩子は焦り送致取り調べを申し出ますが却下され
河原が担当することになります。

しかし捜査陣全体の空気は捜査一課長の陣頭指揮に一瞬戸惑います‥

彩子は日高が自分を守っていると感じていました。
日高が送致されれば日高が彩子の体で関与した事が
探られずに済むからです。



彩子は日高を絶対に送致させない事を念頭に
がむしゃらに走って走って走りまくり覆せる証拠を探り始めます。

日高は河原の尋問に対し全て単独の犯行であるとし
他の誰にも及ばない完璧な自供を淀みなく繰り返します。

日高の自供を覆す決定的な証拠をなんとか確保しようと
殺害された田所さん宅の防犯カメラから抜かれていたSDカードを
東朔也が持っていなかったか陸に聞く彩子ですが
陸は日高に夢中な彩子に対し、らしくない嫉妬という感情から
東のSDカードを持っていながら「見たことないなぁー」
と切ないと嘘をつきます。

彩子と日高の間には入れ替わった事で
強い情の繋がりが生じていました。     
二人の様子を垣間見た陸は感じ取っていたのです。

彩子は東のアパート近くの防犯カメラに目をつけ解析を急ぎます。

日高に対する河原の尋問はとうとう彩子にも及んできます。
河原は彩子を「協力者」として位置づけ日高に問います。
日高はあくまでも全て自分が仕組んだ事として自供します。

アパート近くの防犯カメラの解析が進み
東朔也がネットカフェに立ち寄っていることが判明
彩子は一目散に駆けつけ店員に聴取すると
東は店員にSDカードのデータを消去してもらっていた事がわかります。

万事休す‥日高が犯人ではない事を証明する物証がなくなりました。

そして日高の供述確認が終わった‥と八巻から連絡が入ります。
このままだと日高の極刑は免れる事はないでしょう。
彩子はこんな最後になるのなら私と入れ替わる必要なんてなかったと
悔しさと怒りで立ち尽くします。

しかしそこへ熊本県警から着信が‥
そこには東朔也が自身の犯行を克明に自白する映像が流れていました。

彩子は間髪をいれず取り調べ室へと脱兎のごとく向かいます。

映像は東朔也のSDカードの事を彩子に問われながら
嫉妬感情で差し出せなかった自分を恥じた陸が
熊本警察に託した結果でした。

河原は独自の捜査で日高の自供が真実ではないことを
見抜いていました。

東朔也の不幸な生い立ちはやがて濡れ衣を着せられるような
負の連鎖を生み、理不尽な想いを余儀なくされます。     
その上病で余命幾ばくもない体となってしまう‥‥
殺人を犯すという行為は
「お兄ちゃんの声じゃないか?」と河原は言います。

朔也のような立場の弱い人間はいかにたやすく奪われ続けるか
そして立場の強いやつらもこういうふうに
自らが奪われることにもなる。
そんな事が東は言いたかったんじゃないのか
と河原は日高に突きつけます。

その兄朔也が発した声を惨めでかわそうだからという理由で
自分が全てやりましたと兄の声を奪う正義が
お前にあるのかとも問います。

「たかが女一人のために」と河原は付け加えます‥

取り調べ室へ到着した彩子は
日高の取り調べを河原から引き継ぐ事になります。

彩子と日高が入れ替わっことを署内では八巻以外は知らないまでも
河原も取り調べを見守っていた五十嵐管理官も
わかっていたのです。

日高が彩子を守り、彩子が日高を守ることを‥            



日高は東朔也のSDカードの映像を彩子に見せられてもなお
自分が犯人だと言い続けます。



「私は10歳の時警察官になろうと決心しました。
学校で濡れ衣を着せられたからです。その私が誰かが濡れ衣を
着ていくのを見過ごしていいと思う?もしこれを見て見ぬふりをしたら
私は私の正義をなくす。もう警察官をやるべきでないと。
自分で自分に引導を渡すことになる。警察官は続けられない。。
同じなのよ。どっちだってやめることになる。
したでしょこの話。頭いいくせに
どうしてそんなことも分かんないかなあ!
あなたは私だったくせにどうしてよ?私に私の正義を守らせて。
私を守りたいと思なら、あなたは私のために
本当の事を言うべきでしょう!
日高陽斗。やったのはあなたじゃありませんね?違うわね?」
「はい」

あああああー!
「あなたは私で、私はあなたです」‥‥‥‥‥‥か~‥


息を詰めてこのシーンは観ました。
二人の想いが胸に迫り目頭が熱くなりました。

陸は「ナッツはね駅の向こう側のスーパーのほうがお買い得だから
面倒でもこっち側のスーパーで買わないで!152円も違うんだよ。」
「それだけは絶対忘れないで」と言い残し帰っては来ませんでした。
‥陸‥‥うーん‥   
心底彩子を好きだった陸がいじらしい‥です。



日高は実刑3年。
彩子はお手柄とやらかしの差し引きで警察学校へ‥
そしてなぜか八巻も一緒に‥‥‥‥


考えてみれば八巻こそ彩子の理解者なんですよねぇ‥

その後日高は出所し、年月が流れたある満月の夜。
彩子と日高はあの歩道橋で久しぶりに会うのです。

日高はプレゼントが入っているような袋を彩子へ渡します。

中には日高の母の形見だというあの奄美の丸い石が‥‥
血に染まっていた石はピカピカに磨かれていました。

彩子は袋から出した石を満月の光にかざします。
すると密な花弁を持つ花のような陰影が浮かび上がるのです。

「これがシヤカナローだったりして」と彩子は陰影をみて言います。

日高は、あの入れ替わりは母の願いだった気がすると言います。
「際限なく間違っていく息子達をなんとかしてくれと
母があなたに頼んだんじゃないかと思うんです。ちゃんと
有るべき姿に戻しくれって。入れ替わったのがあなたで良かったです。
だからほんとに、ありがとうございました」と礼を言い頭をさげます。

彩子は複雑でしょうね。でも日高からの連絡は待っていたはずだし
逸る気持ちで歩道橋へ来た事は否めません。
「私はありがとうとまでは言えないけど
まあでも、あなたで良かった」と‥

「さようなら」と彩子は石を日高に返し
それぞれもと来た道へ二人が踵を返した途端!

なななななんと!お互い自分に異変を感じ‥‥

すると、あの「彩子」が‥
「とりあえず今お勤めどちらですか?」だって!

入れ替わった?よね‥

日高の母親が又そうさせたのか?
それとも‥

あの奄美の丸い石は転がって戻って来る縁起の良い石なんですもの‥

これって、「めでたしめでたし」で良いのでしょうか?


あなたは私で私はあなたなんですものね
体を共有した男女に通い合う情は
窺い知ることの出来ない
究極の「愛」なんでしょうね‥

その人の中に入ってその人の環境に入って
はじめはパニックですが受け入れると
その人がわかってきます。心も体も‥‥‥‥

私も日高と入れ替わりたい





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
天国と地獄~サイコな2人~第9話母の病状その9