再び金木犀の香りが‥‥?政次から岸辺露伴へとつながる‥

2021年10月09日

守破離‥知る言葉

俳優、高橋一生さんを注目するようになり
私は一生さんから発せられる興味深い言葉の前で
立ち止まる事が間々あります。

ぶれない芝居への姿勢を語る上で大切なポジションにある言葉たち‥

時期的に一生さんのコメント等で
たびたび使われる言葉というのがあります。

一生さんが岸辺露伴を語る上で目にするのが
「守破離」という言葉です。初めて目にする言葉でした。

意味を調べますと「剣道、茶道等で師匠の教える型を
初めはその通り守り、やがて成長し型を破り
ついには離れるという、修行における段階。」とあります。

捉え方としては『守』は師や流派の教え、型、技を忠実に守り
確実に身につける段階、『破』は他の師や流派の教えについて考え
良いものを取り入れ心技を発展させる段階
『離』は一つの流派から離れ独自の新しいものを生み出し
新しいものを確立させる段階。ということになります。



一生さんは10代の頃から「ジョジョ」シリーズの愛読者で
その中でも“岸辺露伴”は特に大好きなキャラクターだそうです。

岸辺露伴が持つ漫画家としての矜持に対し一生さんは
多分に影響を受けたそうです。

同じマンガ家である原作者荒木飛呂彦さんが描くところの
岸辺露伴の職業へのこだわりは
「この岸辺露伴が金やちやほやされるために
マンガを描いていると思っていたのか」という
露伴のセリフからわかるように
露伴にとってマンガを描くという行為は
読者と自分のため以外、誰の、何のためでもないのです。

一生さんは芝居をやっている自身に近いものを露伴に感じており
露伴のセリフの数々は「ここまで職業にこだわってもいいんだ!
偏ってしまってもいいんだ」と10代の一生さんが
後押しされた事は大きかった言います。

おおげさではなく一生さんが俳優という職業を
続けていくための指針ともなる要素が詰まっていたのだと想います。

露伴は漫画家としてのしっかりとした型や規範、ルールを
十二分にわきまえているからこそ
型から飛び出すことが出来るのであり
飛び出すことであらゆる実験を試み
場合によっては規範に背く事で生じる事象を体験することも‥
だから岸辺露伴の柔軟性は際立っているのでしょう。

俳優という職業も、免許や資格がいらない仕事だからこそ
型、規範、ルールを大事にし、どう守破離していくか‥ですね。
基礎がしっかりしていなくてはアレンジさえできませんものね。

一生さんは言います『露伴ちゃんはものを見て
それをトレースして、ちゃんと自分のフィルターを通して
出力する人。つまりは守破離を完璧にこなしている人です。
これは表現者として一つの理想像なので、そういう部分に
とんでもなく共感を覚えました。』と‥

なるほど‥守破離か‥しゅはり、シュハリ、しゅ・は・り‥



そんな岸辺露伴に12月なったら又会える‥
待ち遠しいです










にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 17:26│Comments(0)高橋一生 | 思うこと

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
再び金木犀の香りが‥‥?政次から岸辺露伴へとつながる‥