岸辺露伴!4,5,6話情報!雪国です!来春のドラマです!

2021年11月27日

るろうに剣心 最終章 The Beginning

母の介護以外にコロナ禍ということもあり
一昨年の1月に「ロマンスドール」を映画館で
2月に「天保十二年のシェイクスピア」を日生劇場で観て以来
映画や演劇を劇場へ観に出向くという事はなくなりました。

最近はどうしても手元に置きたい映画、演劇は
ディスクで観ていますし、その他はデジタルコンテンツ等で観ます。

昨日は先日届きました
「るろうに剣心 最終章 The Beginning」を観ました。

佐藤健さん主演の「るろうに剣心」は知ってはいましたが
私の好奇心の範囲外の映画でした。
正直言いまして高橋一生さん目当てという理由だけで購入しました。

幕末のもつ得体の知れない空気と期待感が漂う混迷の中
国を左右するような枝葉が複雑に交差する思想を巡り
それぞれの実現を強く目指す多くの若者らが
自分達が考えうる国の未来を描き我武者羅とも言える勢いを持ち
命すらかけてエネルギッシュに動き回る動乱の世界を描いています。

後に抜刀斎と恐れられた抜刀術の極みに達した
緋村剣心(佐藤健さん)を見出した
倒幕派の長州藩士桂小五郎役が高橋一生さんでした。



ひと目観た途端、アンニュイな空気を纏いながらも
人の意を射貫くような桂小五郎の上目遣いに
相手を思いやりながらも自身の想いを
貫こうとする色気を強く感じました。

卓逸した存在感と同時に、彼の中で暗躍する数知れぬ想い等が
観ているこちらに飛び込んできました。

上に立つ者としての落ち着きと大人っぽさを充分に持ちあわせ
追手からは徹底して逃げ通す柔らかい身のこなしは
逃げの小五郎などと言わしめます。

彼にとっては新しい日本を勝ち取るための
確たる想いあっての道のりであったと私は捉えます。

同じ尊皇攘夷派の中でも過激派思想を排除しようとしたのが
新選組だったわけなのですが
藩という方向性を持つ存在との兼ね合いも
一層複雑な体を成していたと想います。

そんな背景の中で繰り広げられる緋村剣心と雪代巴の
無垢な男女の成り行きに胸が詰まる想いでした。



得体が知れないけれど、おおらかで
でも‥危険で、そして‥肉欲的‥‥
胸がうずく程の強い期待感が湧き上がり
居ても立っても居られない‥

そんな世の流れに自己の想いを委ねた刹那的な生き方は
想像しただけでもエロティックです‥

やっぱり映画は観てみないとわからないなぁ‥と
つくづく想いました。

食わず嫌いのようなものでした。

実に、質の高い映画でした。
面白かったです。





にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村





mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
岸辺露伴!4,5,6話情報!雪国です!来春のドラマです!