「恋せぬふたり」第6回母の病状その12

2022年03月15日

「恋せぬふたり」第7回



羽の過去の出来事は
羽の祖母へ対する優しさと
心の片隅にあった申し訳無さが引金となり
思わぬ方向へ事が進んでしまったような気がします。

遥のたまたまの訪問に際し
嬉しそうな祖母の顔を久しぶりに見た羽は
「また遊びに来てください」と遥に門を開きます。
祖母の喜びを大切にしたかったのでしょう‥

優しく笑い自分を誘う羽の姿に感じ入り
遥の足は羽の祖母の家へ向くようになります。

度々家に訪れるようになった遥と羽の交わした会話は
齟齬をきたすというより、そもそも食い違うような話しは皆無で
羽も遥も全く違う方向性をもって
話しをしていたに過ぎなっかったのではないかと思われます。

遥にしたって羽の性的指向を知らされていないわけですし‥
この頃は羽も自身の性的指向を
コントロールできていなかったのかもしれません。

祖母もまた、羽の性的指向を知らないので
遥が羽の彼女だと思うのは仕方のないことです。

祖母は祖父が両親から譲り受けた代々の指輪を
孫嫁と見越した遥に託します。

託された指輪を羽からはめてもらおうと
指を差し出す遥を前にして
羽はケースから指輪を抜こうとしますが手が震えます‥
自身を弁えもせずに、とってしまった軽はずみな行動が
遥も祖母も傷つけてしまったと想うと
「ごめんなさい」という他なかったのでしょう。

本当に辛い事です。

自分の性的指向が思わぬ事態を引き起こしてしまうのですもの‥

アロマンティック、アセクシャルの場合
男女間の付き合いにおいて、自覚なく行動してしまい
後に誤解を招いてしまう事が多いと、ある雑誌の誌面で読みました。

理解してもらうにはなかなか難儀ですし

生き難さを感じてしまうでしょうね‥

今回、羽は昇進したのですが
大好きな野菜と接点のない部署に配属され
がっかりしてはいますが
祖母の家を守るには現在のスーパーがベストであり
しかも羽は今の生活が気に入っているということで
遥の提案も咲子の想いも振り切る羽でした‥

野菜王国を夢見ていた羽の意向とはいささか
縁遠くなる事は否めません。

咲子の提言に、家族(仮)を解散したいのですか?と宣う羽ですが
咲子との間になんとなく隙間風が吹いてきたのかしら‥
果たして家族(仮)はどうなるのか?

今回、羽の本心が今ひとつはっきり掴めません。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「恋せぬふたり」第6回母の病状その12