死後の手続き、四十九日法要、納骨‥高橋一生さんに惹かれる理由‥

2022年06月20日

インビジブル!終わってしまいました‥

ものすごーく楽しみにしていていた「インビジブル」‥
あっという間に最終回を迎えてしまいました。

初回の前日に母は亡くなりました。
流石に昨日の今日で観るゆとりはありませんでした。

もちろん抜かりなく録画予約は済ませていました。

そして‥初回から最終回を迎える間に
2回の月命日が通り過ぎていきました。
時の流れのまあ!早いこと!年齢を増す毎に強く感じます。

ふと「そうかぁ‥母はもう‥いないのかぁ‥」と、想う刹那
胸の奥がギュッと縮まり、後悔の念が沸き上がります。

DSCF1835

こうすれば良かった、ああすれば良かったという想いが
体の中を駆け巡りますが、そのままにしておきます。
経験則からですが、日常は思いの外優しいし
時を待てば解き放してくれるはずです‥



そして、そして!「インビジブル」の録画を全て観る事ができて
今までに無いニュアンスの一生さんの表情が見られて興奮しました。

はぁ~っ!一生さん!カッコいいなあ~‥‥
射撃が下手との評判を信じていたのですが
あの場面を見た時はこちらの勝手な認識外の事象に
ポカーンという埴輪口が止まらない位、驚き震えました。



警察すら把握していないクリミナルズ(凶悪犯)を捕らえるため
毒を以て毒を制すとでもいうのでしょうか、警察は秘密裡に
凶悪犯罪者との取引仲介をして裏社会を牛耳る
インビジブル(犯罪コーディネーター)を取り込みます。

そのインビジブルのキリコ役の柴咲コウさんとタッグを組むのが
3年前、後輩刑事安野を目の前で殺害した凶悪犯を
自分の中の正義を信じ、積年の想いを募らせ、執念を燃やし
追い続ける猪突猛進型の刑事志村貴文役の高橋一生さんです。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」を
のめり込んで観ていた私としては願ったり叶ったりです。



それにしましても今回の「インビジブル」は動きが激しく
走ったり、転がったり、プールの中でクリミナルズと格闘したり
はたまた九死に一生のような際どい目にあったりと
見ていてハラハラする場面が多数ありました。

お陰様で一生さんの運動能力の高さと機敏さも再認識できました。

そして最大のご褒美と言えば
志村刑事が凶悪犯側に捕らえられる場面が何回かあったのですが
苦痛や、焦りで歪むその表情が‥それはそれはもう!セクシーで!
見ていてたまりませんでした‥もちろん際限なく採取いたしました。

最終回では最強のクリミナルズ「リーパー」は
そうでなければいいなあ‥と祈っていた
あの、警務部の監察官猿渡ということがわかりショックでした。

猿渡は安野刑事を傷つけた時の志村刑事の絶望の表情を愛しく感じ
その後も志村刑事がショックを受ける様子を見て
幸せを感じていたというのです!

安野刑事の殉職から志村刑事は変わったと
志村を案じるような事を言っていた猿渡でしたが
この時点で何かあるたび、志村刑事を追うように出現していた
猿渡監察官の行動が今となっては解せます‥

猿渡の場合はサイコパスなわけで
志村刑事の表情に愛しさを感じたのは偏った性癖でしょうね‥

もちろん私はサイコパスではございませんが
一生さんの、あの、危機迫る表情をみるにつけ「ワオッ!!」と
心がときめき、同時にドキドキするのです。

私と猿渡は志村刑事に対して紙一重の精神状態なのかしら‥

恐ろしいことでございます‥奥様‥‥








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村















mixiチェック
wxy812 at 21:37│Comments(0)連ドラ | 思うこと

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
死後の手続き、四十九日法要、納骨‥高橋一生さんに惹かれる理由‥