生活

2020年11月23日

母の病状その5

母は先月10月9日に入院しました。
そして19日にドクターカーに乗って転院しカテーテル治療を終え
11月20日に再びドクターカーに乗り元の病院へ戻りました。

そこでリハビリを終え退院帰宅となるかと思いきや
今のうちにリハビリ型の病院を見つけ退院と同時に
今度はそちらへ入院した方が良いという方向性で事が進んでいます。
カテーテル治療により傷ついた血管の問題と
食の極めて細い母の栄養状態を見据えての判断です。

予想外の出来事です。

ここまで長く入院生活が続くという事は
カテーテル治療を施す前に説明されたリスクが
母の身に現実となって及んでいるという事なのです。

予想以上のゴタゴタ感で私自身相当参っています。


DSCF0433


母のカテーテル治療は当初考えていませんでした。
胸水貯留を改善していただいてから家に帰り
今まで通り自然な流れの中で生活する所存でした。

しかし超重症大動脈弁狭窄症で軽度大動脈弁逆流
しかも大動脈弁は三尖とも高度石灰化を認められた上に
その他数多の病態も判明したため
悠長な事も言っていられない雰囲気でした。

退院して家に戻っても又すぐに入院か又は突然死‥‥
一か八かの賭けのような心境になったのは
仕方のないことだったと思います。

医師も患者も改善のための提言と決断だったのですから。

そんな身内の心情を察して最終的な判断をしたのは母自身なのです。
「私はいやだよ!」と言っていればどうだったのか‥



私、「コウノドリ」というドラマを最近観ました。
産科医を通して人間の誕生の現場を描く物語です。

誕生の現場でも昔は救えない命が数え切れない程ありました。
当然のように諦めていた命が
医学の進歩により救えるようになりました。

「救えるからこそ、救われたからこそ苦悩する家族がいる。
命を救う事はどういう事なのかな。難しいね。」
と、いみじくもドラマの中で医師が言ったことばは
片や母の場合年老いた人間の最終段階を見据えての
選択だったわけですが胸に染み入りました。

89歳という高齢のため長引く入院は
認知症と筋力の衰えというリスクも背負っています。
その上病院は現在コロナで面会禁止になっていて
タブレットでの面会しか出来ない状態となっています。

何とも言えない心境です。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 15:58|PermalinkComments(0)

2020年10月30日

映画「スパイの妻」はお預け

行こうと思えば行いけるのかな‥
「スパイの妻」‥

もし近場の映画館で
上映していたらなら観に行っているだろうか‥

EdhgmP0VcAAR1ki


「ロマンスドール」の時もそうでしたが
「スパイの妻」も上映館が少ないのです。
今回も時間にしてたどり着くまで1時間半はかかります。

心臓疾患の状態が超の付く程深刻な母を想いますと
楽しみにしていた映画ですが
見る気持ちは萎えてしまいました。

そして母は昨日高リスクを背負いながらカテーテル治療を終えました。

重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法である
TAVIという治療を施して頂きました。
簡単に言いますと傷んだ大動脈弁を
カテーテルで人工弁に取り換える治療です。

しかし母は腎臓疾患も抱えており体への負担を
なるたけ減らすということで
術前の造影剤を使用する検査などは思うように
行なえませんでした。

結果心臓の弁は滞り無く施術を終えましたが
母の場合血管が弱かったようで
カテーテルの施術により血管が傷ついたようです。

もちろん手術で修復できる体ではありませんので
血圧を一定に保つ薬でなんとか凌ぎ
様子を見て何事もなく安定してきたらリハビリをして
それから退院という運びになりそうです。

DSCF1857


幼い時に患った腎臓、生活習慣から発生した高血圧など
色々改善の余地もあったでしょうにここまでの状態に至ったのは
本人が体に対してあまり思いやりが無かったからとも想います。

しかし医学の発達により突然死の心配が少なくなっただけでも
母にとって幸せな事なのかなぁ‥

術後母は口に管が入り麻酔から完全に醒めてはいないようでしたが
看護師さんが「もうわかると想いますよ」とおっしゃいますので
話かけてみましたらツツツーっと目尻から涙が一筋流れてきました。

心細かっただろうなぁ‥かわいそうだったなぁ‥

いろいろな想いが一遍に頭の中をぐるぐるしました。

退院後の母の生活はうまくいくだろうか?

そして私は「スパイの妻」を観に映画館へ足を運べるのか?



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 08:56|PermalinkComments(0)

2020年10月21日

母の病状その4

小雨降るひんやりとした外気の10月19日月曜日
母はドクターカーに乗り転院しました。


当初胸水を抜くという処置をして退院という心積もりでしたが
カテーテルのTAVI治療ができるかどうか
検査をしてから判断をするという方針に移行しました。

入院していた病院ではTAVI治療はしていないので
同じ系列の大学病院への転院が決まったのです。

大動脈弁狭窄症である母はこのままですと
胸水貯留を繰り返す事は目に見えていますし
突然死の可能性の割合が極めて高いということなのです。

89歳‥早めに家へ帰りいつもの日常を過ごした方がいいのかなと
考えていましたが胸水が貯れば又すぐに入院という事ですと
筋力もますます落ちて自立範囲が狭まり
消極的な生活を余儀なくさせます。

DSCF4055

カンファレンスルームで医師と話していると
母が看護師さんに車椅子で連れて来られました。

残されたチャンスにかけてみようと母に問いかけますと
頷きます‥わかったのかな?‥認知症ではないのですが
事の経緯を説明する機会がコロナの影響であまりありませんでした。
母は医師が病室で説明した時には「頑張る」と答えたそうです。

22_00

ストレッチャーに寝かされベルトで固定された母は
医師に見守られながら、私と義妹も同乗する
決して乗り心地が良いとは言えないドクターカーの中で
どこか遠くを見ているような視線を時々車窓へ向けていました。


順調にいったとして通算一ヶ月の入院生活を送る事になりますので
筋力、認知症等の心配がありますが
転院先の病院は杖を使って歩けるという前提で
対応してくれるそうです。

どうか全てうまく廻りますようにと祈るばかりです。


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 09:41|PermalinkComments(0)