映画

2020年10月30日

映画「スパイの妻」はお預け

行こうと思えば行いけるのかな‥
「スパイの妻」‥

もし近場の映画館で
上映していたらなら観に行っているだろうか‥

EdhgmP0VcAAR1ki


「ロマンスドール」の時もそうでしたが
「スパイの妻」も上映館が少ないのです。
今回も時間にしてたどり着くまで1時間半はかかります。

心臓疾患の状態が超の付く程深刻な母を想いますと
楽しみにしていた映画ですが
見る気持ちは萎えてしまいました。

そして母は昨日高リスクを背負いながらカテーテル治療を終えました。

重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法である
TAVIという治療を施して頂きました。
簡単に言いますと傷んだ大動脈弁を
カテーテルで人工弁に取り換える治療です。

しかし母は腎臓疾患も抱えており体への負担を
なるたけ減らすということで
術前の造影剤を使用する検査などは思うように
行なえませんでした。

結果心臓の弁は滞り無く施術を終えましたが
母の場合血管が弱かったようで
カテーテルの施術により血管が傷ついたようです。

もちろん手術で修復できる体ではありませんので
血圧を一定に保つ薬でなんとか凌ぎ
様子を見て何事もなく安定してきたらリハビリをして
それから退院という運びになりそうです。

DSCF1857


幼い時に患った腎臓、生活習慣から発生した高血圧など
色々改善の余地もあったでしょうにここまでの状態に至ったのは
本人が体に対してあまり思いやりが無かったからとも想います。

しかし医学の発達により突然死の心配が少なくなっただけでも
母にとって幸せな事なのかなぁ‥

術後母は口に管が入り麻酔から完全に醒めてはいないようでしたが
看護師さんが「もうわかると想いますよ」とおっしゃいますので
話かけてみましたらツツツーっと目尻から涙が一筋流れてきました。

心細かっただろうなぁ‥かわいそうだったなぁ‥

いろいろな想いが一遍に頭の中をぐるぐるしました。

退院後の母の生活はうまくいくだろうか?

そして私は「スパイの妻」を観に映画館へ足を運べるのか?



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 08:56|PermalinkComments(0)

2020年09月14日

ベネチア国際映画祭「スパイの妻」銀獅子賞!



世界3大映画祭の一つイタリアの第77回ベネチア国際映画祭において
「スパイの妻」の黒沢監督が
最優秀監督賞である銀獅子賞に輝きました。
黒沢清監督この度は真におめでとうございます

コロナ禍の世の中でなければ
ドレスアップしたお姿でレッドカーペットの上を歩き
祝福の嵐を受けられたことでしょうねえ‥

もちろん蒼井優さん、高橋一生さんも黒沢監督とご一緒に
歓喜の渦の中で喜びを分かち合われたことでしょう。

返す返すも残念です‥

でも、最高の監督が織りなす作品の中で
お芝居ができた俳優さん、映画作りができた関係者の皆さん
役者冥利、映画作り冥利に尽きるというものでしょうね。

蒼井優さんと高橋一生さんの黒沢監督への祝福のコメントです!
                

「スパイの妻」は10月16日(金)公開です!







にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 07:43|PermalinkComments(0)

2020年09月01日

「耳をすませば」から25年の今年の夏!




25年前の夏の記憶をたどりますと母、私、息子の3人で
何の下調べもせず、期待もせず、たまたまと言う成り行きで
実家から電車で10分位の映画館へ「耳をすませば」を観にいきました。

昭和生まれの古ーい人間に属している私の固定観念が
アニメ映画と言えばイコールおこちゃま向けという方程式を生み出し
夏休みの一日を息子が楽しんで過ごせればという思いで
行ったは良いのですが‥‥

映画が始まり話が進みましても
子供を笑わせ、目をまんまるにし、口を開けて
画面に吸い付く場面がやって来ません。

そのうち小学4年生の息子は
キョロキョロと周りをみたり、姿勢を変えたり、あくびをしたり
というような反応を示し始めました。

一緒に観ていた私もあれ‥??という気持ちになり
見当違いに気がつきました。
このアニメ映画は
思春期の恋と進路の悩みを描いた話だったのです。

私は興味深く観てはいましたが
ルンルン気分で電車に乗り映画館へ来た息子は
期待ハズレのアニメ映画でしたでしょうね。

後で知ったのですが「好きな人が、できました」というのが
糸井重里さんによるこの映画のキャッチコピーでした。

私、この時の事を息子に聞いてみようと思うのですが
いつも忘れてしまうのです。今度こそ聞いてみます。

コロナの影響で今年の8月は孫が遊びに来ることもなく
あまりの暑さに驚きながら母の介護に埋もれて終わりました。

過ぎた8月を思うとふっと心が遠くまで飛んで行きます。
私は又あの時の映画館での事を思い出します。

「耳をすませば」という作品は柊あおいさんの漫画作品で
私も小学生の頃馴染んだ「りぼん」という少女漫画雑誌に
1989年末に連載された主人公が女子中学生という設定で
描かれた作品だそうです。

だからと言って小4の男の子が興味を示さないということは
ないと思います。じっくりと楽しく理解しながら観るお子様も
もちろん大勢いると思います。
欠伸をしたのは私の息子限定として書いております。

「耳をすませば」の監督は近藤喜文、脚本は宮崎駿ですが
1995年公開の後、近藤喜文監督は1998年に残念ながら
解離性大動脈瘤により享年47歳という若さで他界されたため
唯一の長編映画監督作品となりました。

宮崎、高畑監督の後継者として期待されていましたので
関係者及びファンは強い衝撃を受けたようです。
葬儀出棺の際にはあの「耳をすませば」の主題歌に使われた
「カントリーロード」が流されたそうです。

下の叶精二さんのツイート添付写真に写っている
高橋一生さんの向かって右隣りにいらっしゃる方が近藤喜文さんです。

この「耳をすませば」の天沢聖司の声を担当していましたのが
当時アニメの声入れの2週間後に声変わりした
15歳の高橋一生さんだったのです。



25年後の夏の私は
高橋一生さん出演の「竜の道」を夢中で観ています。


歳を重ねてきますとくどくなるのか‥
何回もブログに書いてしまっている話題で失礼します。




にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村










mixiチェック
wxy812 at 07:47|PermalinkComments(0)