連ドラ

2022年08月06日

「名前をなくした女神」を久しぶりに観て‥



「名前をなくした女神」は現在PM2:45~
フジテレビで再放送されていますね‥
録画は持っていますが、時間が空いていましたので
やはり観てしまいました。

2011年の 4月期のドラマでした。
私が実家に戻る最中のバタバタした頃ではありましたが
一生さんの出演と言う事もあり観ていました。

今回再び観て感じたことは‥
忘れていた辛い嵐が再度、到来してしまったかのような
なんとも言えない切ない気持ちになってしまいました‥

特に母親は子供を産んだ直後から、子供を通して
同様の生活形態の人々と接触する機会が多くなります。

最初は妊婦の不安や疑問に答える公共機関が働きかける集まりや
産院や病院の産婦人科からの出産に対する心得に対する集まりなど
今まで全く無縁だった人々と
たまたま同時期に妊娠したという縁だけで
同じ場所に集う事になります。

そして無事出産し、しばらく経ちますと
公園デビューとか言われる機会が訪れます。

このあたりから「なになにちゃんママ」などと
公園で知り合ったお母さん同士が呼び合います。
いわゆるママ友としてのお付き合いが始まるのです。

あくまでも子供の母親という立場がメインで
ひとりの人間としてのお付き合いは二の次です。

「なになにちゃんママ」はその後、幼稚園や保育園
小学校あたりまで10年近く続く事になります。

それぞれの親御さんは子供達を世に送り出す頃には
それこそ百戦錬磨の実力がつく位の波風の中を過ごすことになります。

ドラマで描かれている事は強調してあり
観ていると「凄いなぁ‥」「えっ!こんなことってあるの!!」
などと思いながら観るのですが‥

私自身の事と、当時見聞きしたことを思い返してみますと
すっかり忘れていたのですが‥
事実は小説よりも奇なりで、実はそれなりに
凄い事が巻き起こっていましたねえ‥

PTAの役員決めの最中
仲良しグループが一緒でないと絶対嫌だと言って泣き叫んだり

多数の父兄に寸借詐欺を繰り返す母親がいたり

食事会を開く事が好きな母親がいまして
その方が招く人招かない人で険悪なムードになったりと

今思い返しても、なかなか難儀な現実の中で
子供を介してのお付き合いが存在していました。

思い出しますとここに書くことがためらわれる逸話も複数あります。

今想うと、あっという間の出来事のような気がしますが
私なりに子供と一生懸命に過ごしていたと思います。
最近はどうなのか?私にはわかりませんが‥

あの頃の親同士の雰囲気を今思い出すと
仲の良かったお母さん方とのお付き合いは
もちろん楽しい思い出となっていますが
それ以外のPTA関係のお付き合い等は楽しいとは言い難く
それぞれの方々の事情や立場が入り組んで
感情が先走る場面も見受けられたりして
心を重くした事もありました。

中学、高校となりますと流石に「なになにちゃんママ」は
すっかり影を潜めますがね‥

それでも子供の成長は親にとって楽しみであり
子育てによって親としての喜びを知り
大人としての自覚を強くします。

そして自身以上に愛を注ぐ事のできる人間の存在は
自分をより強くしてくれます。

大丈夫ですよ!
皆手探りで子供を育てているんです。

何だかんだあるのは当たり前ですよね。







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村













mixiチェック
wxy812 at 22:49|PermalinkComments(0)

2022年06月20日

インビジブル!終わってしまいました‥

ものすごーく楽しみにしていていた「インビジブル」‥
あっという間に最終回を迎えてしまいました。

初回の前日に母は亡くなりました。
流石に昨日の今日で観るゆとりはありませんでした。

もちろん抜かりなく録画予約は済ませていました。

そして‥初回から最終回を迎える間に
2回の月命日が通り過ぎていきました。
時の流れのまあ!早いこと!年齢を増す毎に強く感じます。

ふと「そうかぁ‥母はもう‥いないのかぁ‥」と、想う刹那
胸の奥がギュッと縮まり、後悔の念が沸き上がります。

DSCF1835

こうすれば良かった、ああすれば良かったという想いが
体の中を駆け巡りますが、そのままにしておきます。
経験則からですが、日常は思いの外優しいし
時を待てば解き放してくれるはずです‥



そして、そして!「インビジブル」の録画を全て観る事ができて
今までに無いニュアンスの一生さんの表情が見られて興奮しました。

はぁ~っ!一生さん!カッコいいなあ~‥‥
射撃が下手との評判を信じていたのですが
あの場面を見た時はこちらの勝手な認識外の事象に
ポカーンという埴輪口が止まらない位、驚き震えました。



警察すら把握していないクリミナルズ(凶悪犯)を捕らえるため
毒を以て毒を制すとでもいうのでしょうか、警察は秘密裡に
凶悪犯罪者との取引仲介をして裏社会を牛耳る
インビジブル(犯罪コーディネーター)を取り込みます。

そのインビジブルのキリコ役の柴咲コウさんとタッグを組むのが
3年前、後輩刑事安野を目の前で殺害した凶悪犯を
自分の中の正義を信じ、積年の想いを募らせ、執念を燃やし
追い続ける猪突猛進型の刑事志村貴文役の高橋一生さんです。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」を
のめり込んで観ていた私としては願ったり叶ったりです。



それにしましても今回の「インビジブル」は動きが激しく
走ったり、転がったり、プールの中でクリミナルズと格闘したり
はたまた九死に一生のような際どい目にあったりと
見ていてハラハラする場面が多数ありました。

お陰様で一生さんの運動能力の高さと機敏さも再認識できました。

そして最大のご褒美と言えば
志村刑事が凶悪犯側に捕らえられる場面が何回かあったのですが
苦痛や、焦りで歪むその表情が‥それはそれはもう!セクシーで!
見ていてたまりませんでした‥もちろん際限なく採取いたしました。

最終回では最強のクリミナルズ「リーパー」は
そうでなければいいなあ‥と祈っていた
あの、警務部の監察官猿渡ということがわかりショックでした。

猿渡は安野刑事を傷つけた時の志村刑事の絶望の表情を愛しく感じ
その後も志村刑事がショックを受ける様子を見て
幸せを感じていたというのです!

安野刑事の殉職から志村刑事は変わったと
志村を案じるような事を言っていた猿渡でしたが
この時点で何かあるたび、志村刑事を追うように出現していた
猿渡監察官の行動が今となっては解せます‥

猿渡の場合はサイコパスなわけで
志村刑事の表情に愛しさを感じたのは偏った性癖でしょうね‥

もちろん私はサイコパスではございませんが
一生さんの、あの、危機迫る表情をみるにつけ「ワオッ!!」と
心がときめき、同時にドキドキするのです。

私と猿渡は志村刑事に対して紙一重の精神状態なのかしら‥

恐ろしいことでございます‥奥様‥‥








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村















mixiチェック
wxy812 at 21:37|PermalinkComments(0)

2022年05月21日

「インビジブル」初回は母の死の翌日でした‥

四月期のTBS金曜ドラマ「インビジブル」の初回は
母の死の翌日でした。
あれから一ヶ月以上経ってしまいました。

来週はもう第7話なんですねえ‥

母の死は私に想像以上の打撃を齎しています。

あの日‥私はなぜあんなに安心して
壁を隔てた隣の部屋で録画した映画を見ていられたのだろう‥

ふと、われに帰り、慌てて母のもとへ行ってみると
母はすでに虫の息でした‥
でも、待ってくれてはいたのですが‥‥
どんなに叫んでも、母の声を聞く事は出来ませんでした。

在宅介護の余韻はあまりにも生々しく強烈で
後悔や自責の念がどうしても体の奥底からふつふつと涌いてきます。

母の姿が消えた部屋からは、レンタルのベッドや車椅子
酸素濃縮装置、歩行器等が引き取られ
今、在るのは後飾りの母のお骨と遺影だけです‥

DSCF1766

在宅医、ケアマネ、理学療法士、看護師、訪問歯科
訪問入浴、介護用品レンタルの方、介護施設の方‥
在宅介護に関わる多くの方々が
日々頻繁に出入りした部屋は‥火が消えたようです‥
「夏草や兵どもが夢の跡」という句がありますが
まさにそんな情緒にひたってしまいます。

88歳までは大した事もなく
何とか持ちこたえたのが奇跡のような母の体は
幼い頃の腎盂炎の発症が枷となり
お産は無理という検査データが出ていたようです。
しかし二人の子供を産みました。

ハードな仕事を40代で始め
50代でネフローゼになり入院となりますが
なんとか乗り越え再び仕事に専念できるようになりました。

しかし退職後、心臓を患い、ペースメーカーを装着し
心臓弁膜症の最先端の治療もせざるを得なくなり
強度の変形性膝関節症すら抱え、まさに満身創痍で
91歳までなんとか生きてきた母でした。

腎臓病がなければ、きっと100歳まで生きられたのでしょうね。



今、色々思い煩う私ですが
推しの存在は私を何とか持ちこたえさせてくれるのです。

可愛がって下さったお祖母様の死
確執後のお母様の死を経てからの推しの活躍を想いますと
負けず嫌いだけでなく、俯瞰のできる生き方が
無駄な力を抜くこつなのかな?とわかるのです。
推しが一生さんで良かったなぁ‥

「インビジブル」はお定まりの刑事モノでないことがわかります。

お正月のお節料理のような四角いお重の中に納まっている
いつもの刑事ドラマは結末が見えすぎて
ワクワク、ドキドキ、ハラハラ感からは程遠い場所にいます。

ところが「インビジブル」は
お重の範囲は関係なく自由に料理を盛り付けます。

いったいどうなるのか?先が見えません。

しかも警察はドジを連発しています。
リアルですねぇ‥

実際、逃げられていますよね?警察って‥

従来のTVドラマの方が完璧な警察を演じているような気がします。

一生さんの芝居は見ていて引き込まれます。

ドキドキしてしまうのです。

一体誰なのかな?警察内部の裏切り者って‥

予告通りなのかしら‥‥‥あの方が?

元気出てきます

来週日曜は菩提寺で母の四十九日法要、納骨です。

すべての事がうまくいきますように



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村








mixiチェック
wxy812 at 23:38|PermalinkComments(0)