連ドラ

2021年07月02日

大豆田とわ子と三人の元夫を漸く観ました

録画した「大豆田とわ子と三人の元夫」を観ました。




ドラマの骨組みは
建築士であり建設会社社長という肩書を持ち
高校生の娘と暮らすシングルマザー大豆田とわ子を
過去にとわ子と結婚し離婚した三人の元夫達が取り囲みます。

その周りを、とわ子の父親、親友
とわ子が社長を務める建設会社の社員たち
要所要所に現れる4度目の結婚をとわ子に意識させる男たちと
三人の元夫達に近づく女性達も加わり刺激的に動き回ります。

そんな人達と絡みながらの
とわ子と三人の元夫の不思議な関係性の展開は
とわ子という人間の生活と人物像を浮かび上がらせます。

それと共になかなか嵌め込むことの出来ない

マンションの外れた網戸の存在が事ある毎に登場します。
網戸と対峙するとわ子の様子がすっきりとしない空気感を漂わせます。

本当は自分で嵌めることぐらいできるはず‥‥

「網戸が外れるの‥‥」って誰かに言いたい‥とわ子なの?‥




亡くなった母親の葬儀はとわ子の社長就任の日と重なりました。

お墓の事は業者に頼んであるからメールを見て相談してと
母から言われていたとわ子は、母のパソコンを開こうとして
パスワードが設定されている事に気がつきました。

設定したのは離婚した三人の元夫の誰かだと娘の唄に言われ
パスワード解明のため三人の元夫を訪問したのがきっかけで
とわ子の母にとって曾て息子であった元息子三人は
いみじくも四十九日法要と納骨に揃って出席するに至ります 

DSCF1241
              フジテレビ系 大豆田とわ子と三人の元夫 より

とわ子の両親はとわ子が幼い頃離婚し
とわ子は母に引き取られて育ちました。

ある日少女のとわ子は、母に問いかけました。
「お父さんは何でお母さんと離婚したの?」
すると母は「お母さんて大丈夫すぎるんだろうねぇ‥
一人でも大丈夫な人は大事にされないものなんだよ‥」と答えました。
「ふーん‥」
「とわ子はどっちかなぁ?
一人でも大丈夫になりたい?誰かに大事にされたい?」
という母の問いに「一人でも大丈夫だけど、誰かに大事にされたい‥」
「そう‥」
「でも誰も見つからなかったらどうしよう!」
「その時はお母さんに甘えなさい」

DSCF1244
              フジテレビ系 大豆田とわ子と三人の元夫 より

甘えなさいと言ってくれた母がいなくなってしまったとわ子なのです。

母の葬式の帰り、住宅のベランダに干してあった布団が
風で吹っ飛んだのを見たとわ子は
「あ‥ふとんがふっとんだ」という駄洒落を思い浮かべます。
現実化した駄洒落は、とわ子にふんわりと掛かっていた
母という暖かいふとんがふっとんだ事を示唆します。

「悲しいって言えば悲しいんだろうけど
言葉にしたら言葉が気持ちを上書きしちゃう気がしてさ
なんかね、ふわふわしちゃってんだよね」ととわ子は言います。

後から考えると亡き母は自分が浄土へ旅立つ前に
3枚の綿(三人の元夫)で誂えた1枚分のふとんを
とわ子へ送り込んだような気がします。

人生には愛別離苦はつきものですが、出会いや、生命の誕生も経験し
裏切られたり、騙されたり‥助けられたり、助けたり
守ったり、守られたり、愛されたり、愛したりと忙しいです。

徐々にも急にも変化をしていくものだし
思いもかけない出来事に驚く事だっていっぱいあります。
生きてこそ、転んだり起き上がったり
迷ったり、立ち止まったりしながら進んで行くのですよね‥

とわ子の人生も結婚生活を送っていた時は
仕事と家庭と子育てとの渦中に確かにいたはずです。
離婚の理由は描かれていましたが3回とも頷くものがありました‥‥


短期間に母と30年来の親友綿来かごめを亡くしてもいるとわ子ですが
二人が居た頃の様に、思い出す事もあれば忘れる事もありで
折り合いをつけ毎日の生活を送っていたようです。

実は一回目の結婚相手の田中八作は(娘唄の実父)
もともと、とわ子より先に綿来かごめと知り合っていました。
八作はかごめが好きでしたが、かごめはもともと‥‥
「別に理由はないんだよ。恋が素敵なのは知っている。
キラキラって瞬間があるのも知ってる。手を繋いだり
一緒に暮らす喜びもわかる。ただただただただ恋愛が邪魔。
女と男の関係が面倒くさいの。私の人生にはいらないの」という
考えを持つ人間でしたので八作は想いを遂げることなく
何故か?かごめから紹介された大豆田とわ子と結婚するのです。

勘の良いとわ子は相手が綿来かごめとはわからなかっのたですが
八作にはとわ子以前に
想いを寄せている相手がいる事に気づいたのです。

そして今回の再開後、八作が想いを寄せている相手がひょんな事から
まさかまさかの綿来かごめだったという事を知ったとわ子なのでした。

でもその綿来かごめはじゃんけんのルールを知らないまま
じゃんけんが出来ないまま、たまに寂しいまま
部屋に描きあげた漫画を残して死にました。
とわ子は残されたその漫画作品をコンクールに応募するのです。
そして漫画家「空野みじん子」は
みごと佳作のトロフィーをゲットしました。
かごめに対し黙々と具体的に動けるとわ子に脱帽です。


DSCF1246
          フジテレビ系 大豆田とわ子と三人の元夫 より

ある日とわ子の父親は「あなた自転車乗れないでしょう‥?」と
とわ子に聞きます。「乗れないねえ‥」と、とわ子は答えます。
父親はとわ子に自転車を教えずに家を出た事を悔いているのです。

「あなたはすごいなあ。一人でそんなにりっぱになって」

「お父さんとお母さんが
あなたを転んでも一人で起きる子にしてしまった。
母さんは悪くない。俺のせいだ」
と言いながら父は外れた網戸をしっかり嵌めて滑らせてくれます。

その父にとわ子は三人の元夫、田中、佐藤、中村の名を並べ
みんな私が転んだ時に起こしてくれた人達だし
お父さんだって支えになっているよと伝えます。

自転車を教えなかった事に拘る父に
とわ子は言います「自転車おしえてよ」と‥

何れにしてもとわ子は「一人で生きられるけど
一人で生きたいわけじゃない」のです。

最初の夫田中八作はとわ子の母親から言われた事があります。
「この子は強がりだからどうか一生大事にしてやって」と‥

そりゃ一人は孤独ではあるけれど生きてはいけます。
でも縁のある周りの人々に支えられたり支えたり
ケンカだってするかもしれないけれど
ワチャワチャ関わりあいながら生きていたいですよね‥

母の四十九日以来盛り上がっている三人の元夫との関係は
いつまで続くのかわからないけれど
少なくもとわ子の穴にいい影響を与えているようです‥


遺品の中から見つけた母が書いたラブレターの相手を
娘の唄と共に探し当て、会ってみたらなんと女性だった出来事は
以前から母の背後に感じていたモヤモヤの正体はこれだったんだ
と、納得するには充分のようでした。

父親は知っていたのでしょう‥‥

彼女(國村真)は言います。「(母が)家族を愛していたのも事実。
自由になれたらって思っていたのも事実。矛盾してる。
でも誰だって心に穴をもって生まれてきてさ
それを埋めるためにジタバタして生きてんだもん。
愛を守りたい。恋に溺れたい。
一人の中にいくつもあって、どれも嘘じゃない。」と‥‥

とわ子は涙を流し聞いていました。

DSCF1242
             フジテレビ系 大豆田とわ子と三人の元夫 より

「時々ここに遊びに来ていいですか?」と
とわ子は母が愛した人に聞きました。

そんな母親のとわ子が國村真と談笑する姿を
娘の唄がしっかりと見届けたその時
唄の表情からキラッとした決意が浮かび上がるのを感じました。

何があってもごはんを食べ
ゴミ置き場にゴミを置き、会社に行って仕事をし、社長業もこなし
会社の一大事もなんとか乗り切り
元夫たちと客観的に柔軟に楽しんで付き合うとわ子‥

遠くの事より近くの視点を好み、身の周りの小さな事に苛つき
結構自由に一人で動き、臨機応変な対応も出来るとわ子。
騙されやすいし、不器用だけどしなやかに生きるとわ子。

4回目の結婚をギリギリまで考えた相手とお別れするとわ子。

一人の人間の中にはあらゆる要素が詰まっています。

色々な事はあるのですが、全体を通して眺めますと
とわ子は淡々と生きています。

とわ子が世の中をしっかりと渡り歩く事が出来るのは
建築士という有力な手段を携えているからこそなのです。

そんな母とわ子の伸びやかな後ろ姿を見ながら育った娘、唄は
揺らいでいた医者の道に進む事を決心したのです。

全て観終わった時
とわ子というお姫様に妖怪がちょっかいを出したり
どこかの国の王子様がとわ子姫に求婚をしたり
周りを7人の小人ならぬ3人の小人がとわ子姫をお守りするため
チョロチョロ、ピヨピヨと動き回るファンタジーにも見えた
今回の坂元ドラマでした。

松たか子さんは黒松さんでしたし
松田龍平さんは残酷な天使さんだし
伊藤沙莉さんのナレーションは声のピエロでした。
石橋静河さんは‥‥可愛い確信犯でしたし

素敵な物語でした。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村









mixiチェック
wxy812 at 22:06|PermalinkComments(0)

2021年05月12日

「SOILソイル」WOWOWドラマ

ドラマ「SOIL ソイル」は月刊コミックビーム(エンターブレイン)で
2003年から連載中の鬼才カネコアツシ原作の漫画「SOIL」を
2010年にWOWOWミッドナイト☆ドラマ枠で
3月6日から4月24日までの毎週土曜日深夜0:00から放送され
一話30分で全8話でした。


監督は高橋一生さん主演の「怪奇大家族」(04)でお馴染みの
山口雄大監督と清水崇監督です。

清水崇監督は言わずとしれた「THE JUON/呪怨」の全米ヒットで
世界に名だたるホラー監督です。
小芝風花さん主演「魔女の宅急便」(14)の実写版は清水崇監督でした。

山口雄大監督は一生さん初主演映画「ミートボールマシン」(05)や
斎藤工さん出演の「HiGH&LOW THE RED RAIN」(16)
松山ケンイチさん主演の「珍遊記」(16)
最近ではテレビドラマ「目玉焼きの黄身いつつぶす?」(17)など
お二人共、打ち出した独自の世界観を築き上げ
卓越した作品を世に放っておられます。

当時、全話放送終了後の一挙再放送で観たという記憶がありますが
今でもそうですが正直私には難解でどう捉えてよいのか
わからないというのが視聴後の感想でした。

SOIL_drama
       WOWOWミッドナイト☆ドラマ SOILソイル

ただただ一生さんのキャワイイ片栗巡査を目で追い続け
星野真里さんの原作に準じた?躊躇のない突き抜けた芝居にビックリし
私の星野さんに対する認識が覆ったりしました。
もちろん田山涼成さんも軌道から外れた動きと口汚さと
不潔丸出しというやりたい放題のお芝居でぶっとんでいました。

『狂っているのは「世界」か「あなた」か――――?
人間倫理を超えた謎に挑む、衝撃のツイステッドミステリー!』
ドラマ「SOILソイル」のキャッチフレーズです。

一見平和に見える新興住宅地の「そいるニュータウン」で
停電が起きた夜、両親(中村靖日,本上まなみ)と娘(水沢奈子)の
3人家族である鈴白一家が忽然と消えるところから物語が始まります。

停電の夜に消えたのは鈴白一家の3人だけでは無く
巡回中の交番勤務の一ノ瀬清太郎巡査(マギー)も
鈴白家の付近で行方不明になっていました。

巡回に出たまま戻らない一ノ瀬巡査を
交番勤務の同僚片栗尚吾巡査(高橋一生)は心配し
本署で事件報告をするのです‥‥

熱心過ぎて空回り気味の新米刑事小野田巡査(星野真里)と
小野田巡査にブス!ブス!とセクハラ、パワハラしまくる
下品なズラ刑事横田巡査部長(田山涼成)の2人組が
事件解決のために「そいるニュータウン」に派遣されます。

片栗巡査と共に捜査を進めるにつれ事件は真相に近づくどころか
謎がとぐろを巻いている様な様相を呈してきます。


DSCF9426
                                       WOWOWミッドナイト☆ドラマ SOILソイル

捜査陣が鈴白一家の家宅査捜に入り
娘の部屋にそそり立つ塩の柱を発見し唖然とするあたりから
え?えええー!なんだ?なんだ?どういうことなんだ!と
観ているこちらも唖然としてしまいました。

その後も、人間のリアルな性癖、超常現象、タイムリープと
てんこ盛りの最中、過呼吸気味の小野田巡査と
ヅラ丸出しの上、尾籠な振る舞いの横山巡査部長に
元ヤンキーの片鱗が時々見え隠れする片栗巡査も加わりながら
ドタバタとコメディタッチで事件の真相に迫ります。

どうしても一生さんを通してドラマを捉えてしまいます。
きゃわいい~んダヨネー片栗君

DSCF9506
        WOWOWミッドナイト☆ドラマ SOILソイル

一つの街を形作っている住人達には
いろいろな思いや事情を抱えて生きている事は想像に難くないです。

悩み、不安、悲しみ、恐れ、妬みなどのネガティブ思考
幸福感や喜び、充実感や楽しさ等のポジティブ思考
加えて人の趣向、癖、思想なども街のどこかに
反映される事も有るでしょう。
挙句の果ての狂気だって近くで息づいているかもしれません。

曾てその土地に根付いてきた先人達の生活の名残と想いの数々すら
今だに街のどこかに浮遊しているかもしれません‥

普段考えもしなかった現在私が居住する街の有り様も
このドラマを思い出しますと、ふっと頭をかすめます。
私としてはこれが精一杯のこのドラマに対する感想です。

どんな街も素通りだけなら一見平和で長閑に思えるかもしれません。
しかし実際その街に住んでみなければその街の実態は計り知れません。

街の外側から見ると各家々には手入れされた綺麗なお花が植わり
人々は素敵な笑顔で挨拶をし和やかに会話を交わします。

しかし‥‥‥

モデルハウスの広告写真に写っているような
理想的な鈴白一家の実態は‥

失踪した鈴白家の娘水紀に好意を抱き
同じ中学に通う宮原健斗(小林優斗)

息子である宮原健斗を溺愛する宮原早苗(堀内敬子)

街に貢献する一見柔和で優しそうな
自治会長佐久間照彦(笹野高史)の実態

街に住む一見幸せそうな笑顔が素敵な主婦仲間達の実態

街はずれのお稲荷さんに住む
街の過去を知る老婆さゆり(TERU)の正体

街に起こった過去の事件を担当した刑事ヨモギダ(ピエール瀧)と

同じく現在は警察の資料室に勤務する
刑事天童(きたろう)が知る事実とは‥

_

この物語は「そいるニュータウン」という場で起きた
巨大化した虚像と歪みと妄想の群像劇とも言えるのかも‥

最終回の巨大な塩の様相は街の浄化を意味するのかしら?
男根と女体かぁ‥‥神社によく似た感じのがありますよね。
其処へビームが‥‥‥‥???何‥??

ああ!まとまらない!
なんだか今だにはっきりしたことが書けませんでした‥
何れ又挑戦してみます失礼しました。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村







mixiチェック
wxy812 at 22:09|PermalinkComments(0)

2021年04月12日

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう!再放送!



皆さん!フジテレビで4月13日(火)24:25~
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が
再放送されます!初回のみ24:40~でーーす!!

2016年の1月期、いわゆる「月九」枠で放送されたドラマです。
初めてこの題名を見た時、なんて長いタイトルなんだ!と思いました。
脚本が坂元裕二さんでしたので当時興味深く観ました。

大好きな高橋一生さんは
坂元裕二さん脚本による過去2回の朗読劇
TVドラマでは「モザイクジャパン」「Woman」と
坂元作品への出演はコンスタントに続いていました。
「いつ恋」に出演と知った時は嬉しかったです。

一生さんは主人公の曽田練(高良健吾)が勤める運送屋
柿谷運送の佐引穣次というパワハラ先輩の役でした。

曽田練と同郷の彼は、東京に出てきたものの
東京にも人生にも上手く折り合いがつかず
気持ちに対し行動が伴わず空回りしているような人間です。

鬱積した感情を新入りの曽田練に辛く当たるのせいぜいですが
彼なりに何とかしようともがく姿が見えたのが救いでした。

髪を金髪にして斜に構え、悪ぶる姿は
鎧を着ている状態だったのでしょう。

私としましては、一生さんの金髪大ちゅき!

「いつ恋」は主演の有村架純、高良健吾さん他、高畑充希さん
西島隆弘さん、森川葵さん、坂口健太郎さん、八千草薫さん
柄本明さん、小日向文世さん、安田顕さん、松田美由紀さん
田中泯さん、浦井健治さん、高橋一生さんと
書ききれない位の超豪華俳優のオンパレードでした。

「若者たちは、生きるために、恋をする」というキャッチフレーズの
ヒューマンラブストーリーです。

なんだか皆スムーズには生きられなくて、落ちこぼれかけていて‥
でも‥‥四の五の言わずに
ちゃんと寄り添って包んでくれる物語でした。

坂元さんが脚本を書く理由は
「生きづらいあなたへ‥マイナスにいる人がせめてゼロになれば」
「テレビからこぼれているものを書きたい」
「こんなふうに思っているのは私だけなのかな?って
思っている人のために書きたいんです」
だそうです‥‥‥‥‥‥‥






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 20:44|PermalinkComments(0)