大河ドラマ

2020年08月22日

政次‥あれから3年ですね




NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」第33回
「嫌われ政次の一生」から8月20日で丸3年が経ちます。

当時、衝撃のあの場面を観てからというもの
私はしばらく体調を崩してしまったほどでした。

DSCF0207


徳川と武田の今川攻めが避けられない中
政次は今川氏真の信頼をうけつつ直虎は徳川の遠江侵攻に協力し
表裏一体で井伊として最善の策を講じていると信じ
井伊家を復活し家臣の列に加えて欲しい旨を徳川に願いでます。

そして武田の駿府侵攻により氏真は危機を迎えます。

ところが‥徳川の進軍を受け入れるため
徳川の先導を努めていた目付役近藤康用は
徳川勢に向け矢を放つくという暴挙にでます。

近藤はその行為全てを積年の恨みを持つ政次に押し付け
井伊谷を我がものにしようと企んだのです。

寸時に事態を察知した直虎は
政次にこの場から逃げるよう叫びます。

政次の潔白を訴える直虎は牢に入れられます。

しかし政次は意を決し自ら近藤を襲い
自分が盾になる思惑で牢に入ります。


南渓和尚から牢脱けを頼まれた龍雲丸は直虎を取り戻し
政次をも取戻そうと牢脱けを説得するのですが
政次は頑として聞き入れる事はありませんでした。

その真意は‥
「直虎も自分も牢脱けをして逃げ果せたとしても
結局恨みが晴れなければ井伊の隠し里や寺、虎松様や民百姓が
どうされるかわからない。井伊にはそれを守る兵はいない‥

自分一人の首で済むならば余計な血を流さずに済む。
これこそ小野の本懐なのだ。忌み嫌われ井伊の仇となる
おそらく私はこの為に生まれてきたのだ」と龍雲丸に伝えるのです。

政次は幼い頃、亀之丞やおとわと走りまわった
山に谷に川に心地よい風が吹き渡る美しく穏やかな井伊谷を
守ることを使命とし望むところでもあったのでしょう。


一生さん直虎42


そしてあの場面となります。

えっ!!何をと思うと同時に直虎が‥槍を奪い
磔にされた政次めがけ突進し‥

政次が不憫でただただ不憫で胸がえぐられそうでした。
と同時に直虎自身がどうにかなってしまうと感じました。

直虎が自分自身で政次の体に槍を突き止めを刺すという行為は
直虎自身にも止めを刺すに近い事だったと想います。

直虎の半分は政次で成り立っていたと言っても過言ではなく
二人を例えますと、一本の綱に見えるけれど
よく見ると2本が撚れて一本に見えるが如くなのです。
政次の体は直虎にとって神聖な拠り所なのです。

その政次の体に他者が止めを刺す事事態
耐え難いという気持ちは端からあったと想います。
「政次がいくというなら送ってやらねば」という中には
自分が‥という想いがどこかで擡げていたのかもしれません。



槍を奪って磔にされた政次へ走り寄る動作は
考えていた事というより、雷に打たれたような感覚の
魂の動きであったと想います。

「地獄へ落ちろ!小野但馬。地獄へ!
ようも!ようもここまで我を欺いてくれたな!
遠江一日の本一の卑怯者と未来永劫語り伝えてやるわ!」

「笑止、未来など、もとよりおなごだよりの井伊に
未来などあると思うのか!生き抜けるなどと思うておるのか!
家老ごときにたやすく謀れらるようなおろかな井伊が
やれるものならやってみよ!地獄の底から見届け‥‥‥」

止めを刺し刺された直虎と政次は
二人だけの最期の魂の会話を交わします。

そして‥‥‥

DSCF3791


直虎は自分の手を以って政次に本懐を遂げさせたのです。

政次にとってこれ以上の遂げ方があるのかと言うくらいの
最高潮を迎えるに至ったのかと‥

直虎にしてもそれは同じで
聖域のような政次との蜜月を過ごした中
その本懐に自分の手を手向けたという行為は
あの時点で最高潮を迎えたとしか言いようが無いのです。

再び33話を観る私ですが涙がこみ上げて止まりません。

もう大丈夫だと思っていましたが大丈夫じゃないです‥
政次は私の中で政次であり続けているのです。

そして真に不謹慎かもしれませんが
政次はセクシー過ぎますよねねえ?奥様?




しかし井伊家と言うのは結局幕末までしっかり継続し
紆余曲折はありますが立場も安定し、明治維新後も子爵となり
その後も子孫は堅実な先祖の行跡を繋げられているようです。

細い糸をなんとか太くしようとあらゆる策を講じながら
戦国時代を綱渡りのような状態で息を詰めるように生きてきた
直虎も政次も井伊谷の人々もきっと喜んでいると想います。












にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 22:48|PermalinkComments(0)

2019年04月07日

小野政次の命日でしたね‥


永禄12年4月7日は小野政次の命日でしたね。

おんな城主直虎のBlue-rayは購入しましたが
いまだにあの8月20日の第33話の録画はそのままになっています。

おんな城主直虎は史実についての資料が少なかったそうです。
小野政次につきましても同様ですが
事実をしっかりと踏まえて描き
あとはフィクションとしてどう肉付けしていくかが
腕の見せ所という事だったのでしょうね。

お陰様で小野政次が
とてつもなく魅力のある人物に描かれていました。

また男女の愛を超越し神聖な領域にまで達するような
直虎と政次の関係性においても
観る者にとって時には歯がゆく時には切なく
感情を波のようにうねらせながら成り行きを凝視し
気持ちを高揚させながら堪能することができました。

ここまでドラマの中へ入り込んで観た経験は初めてでした。
直虎については大河ドラマ的にはどうとか
史実がどうとか、視聴率がどうとか、脚本がどうとか等
とっても雑音の多い大河ドラマでした。

万人受けはしなかったのかもしれませんが
熱烈な支持者がいたのも事実です。

少なくとも私にとってはいまだ醒めやらぬ想いです。

一昨年のあの頃の私はまさにときめいていました。

それだけにあの第33話を見た時は
あまりにショックで決して大げさではなく
息が出来なくなるほどでした。

政次は亡きあと怨霊となり祟りをなしたことから
二宮神社(浜松市)の境内に但馬社を創健し神として祀ったそうです。
現在は天王社に合祀されているそうです。
このことからも
やはり政次は井伊家を守るために
無実の罪を背負って処刑されたのかもしれませんね。

しかし政次が亡きあと怨霊となり祟りをなしたというのは
納得がいきません。
自ら選んだ身の処し方で
政次の魂はあの時点で昇華され高みへと移行されたはずです。
まあドラマを観る限りでの私個人の想いなのですが
史実としてはそうなのでしょうね。

私の頭の中で小野政次は他の誰でもなく小野政次として
息づいて存在しています。





菅野よう子(音楽) / NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 緊急特盤 鶴のうた [CD]

菅野よう子(音楽) / NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」 緊急特盤 鶴のうた [CD]


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 15:06|PermalinkComments(0)

2019年03月17日

軍師官兵衛!大河ドラマアンコール!終!


軍師官兵衛!NHKBS大河ドラマアンコール!
本日50回「乱世ここに終る」で無事終了いたしました。

秀吉の天下取りを支えた稀代の軍師、黒田官兵衛の物語。

戦国乱世は最後の瞬間を迎えました。

乱世の修羅場にいた黒田官兵衛が畳の上で
しかもともに戦った家臣や
大事な人びとに囲まれ最後を迎えるというのも
奇跡に近いような気がします。

蜂須賀小六の場面も含め(ピエール滝さん)
何事も無く全て観ることができました。

まさかなと思っていましたがすでに49回まで放送していて
50回は放映されないなんてことはないよね
なんて過剰な危惧を抱いてしまいました

ホットしました。

でもこれが来年度からの放送予定でしたら中止だったのでしょうね。

一生さんは井上九郎右衛門の役でしたが
感情を顕にすることなく内に秘めクールに見えましたが
実は家臣の誰よりも忠義を熱く尽くしていたのが
九郎右衛門だったのではないでしょうか。

この時の九郎右衛門が後の「おんな城主直虎」の
政次に繋がっていったような気がします。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 20:39|PermalinkComments(0)