見たこと聞いたこと感じたこと

2022年06月12日

死後の手続き、四十九日法要、納骨‥

これまで身内の死を何回か経験してきましたが
人が亡くなった後の手続きというのは
なぜこんなに煩雑なのだろう???

夫の時もそうだったように
今回も、慢性的な心労と、介護や看病でクタクタになった体で
重い足を引きずりながら、思考力の鈍った頭で考えながら
葬儀や不親切な死後の手続きに対応しました。

何とか、体を動かさなくては事は進みません‥
期限の短い手続きもあり、時が容赦なく背中をどつきます。

DSCF1817

そして‥なんとか香典返しの手配を終え
都心から特急に乗車して約1時間半の
亡き父の里にある菩提寺に於いて
四十九日法要、納骨を営みました。

本堂のお花一対とお墓のお花一対は
現地のお花屋さんにお願いして
法要前日にお寺に届けて頂きました。

当日の早朝、私達は母のお骨、遺影、デパートで買ったお供物
お布施、御膳料を携え菩提寺へと向かいました。

お陰様で初夏を思わせるような天候に恵まれ
スムーズに滞りなく済ませる事が出来ました。

DSCF1792

菩提寺とのお付き合いは亡き母が全てやっていましたが
これからは弟夫婦と私とで相談しながらやることになります。

大事な役目を終え気持ち的には一段落つきましたが
これで全て終わったわけではなく
相続関係の手続きがまだ目の前に横たわっています。

その他母が亡くなった事で生じた細々とした用事や
新盆の白紋天、母の盆提灯の用意などもあります。

DSCF1807

それが終われば遺品の整理ということになるのかな‥

数えた事はないのですが何十枚もある着物や帯はどうするのか‥
天袋に積み重なる和装の草履もあるし‥
洋服は母自身が何年か前終活の一貫で大方整理はついています。

こうなったら今年いっぱいは「整える」をテーマにやっていこうかな‥
自分自身の身の回りもスッキリ整理して
私に何かあった時、皆に手数をかけず
できる限り簡単に事を済ませられるようにしておきたいです‥







にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村








mixiチェック
wxy812 at 14:46|PermalinkComments(0)

2022年05月01日

「夜のせんせい」がTBSチャンネル2で明日一挙放送です


明日TBSチャンネル2で「夜のせんせい」が放送されます。
5月2日(月)午後0:00~午後8:40まで1話~10話の一挙放送です。

「夜のせんせい」は2014年1月期の金曜ドラマです。

観月ありささん主演で、挫折を繰り返しつつも
底抜けに明るい新米教師と年齢も生きている環境も様々な
定時制高校生たちの学園ドラマです!


そして、一生さんがおっしゃるように群像劇だと想います。

キャストは主演の観月ありさ、蓮佛美沙子、高橋一生、田中圭、大政絢
織本順吉、山本耕史、仲野太賀、大倉孝二、大杉漣、笹野高史、光石研
岡山天音、堀内敬子、新川優愛、池谷のぶえ‥‥と豪華メンバーです!

一生さんはホストですが、役者志望の山田一郎という
おバカキャラの生徒役でしたが、色っぽい場面もありで
一生さん推しにはとっても楽しめます。



当時は当たり前のように見ていましたが
今思えば、まあ!とっても豪華なメンバーが勢揃いではないですか!

今となりましては仲野太賀さん、当時は太賀と名乗られていましたが
私はこのドラマで初めて太賀さんを知り
現在では大好きな俳優さんです。

そしてやはり大好きな大倉孝二さんもこの時初めて認識して以来
いつも楽しみに拝見しています。

田中圭さんにしましても今やのりのりの俳優さんです。

山本耕史さんは元反社の垢を感じるような
的確な味を醸し出すお芝居をなすっていて見入ってしまいました。

そして一生さんの映画初主演の「blank13」で
一生さん演じるコウジの父親の告別式の場面で
マジックを披露していた参列者の今は亡き織本順吉さん

2002年「言えない関係」で当時21歳の一生さんの父親役だった
今は亡き大杉漣さんとも共演なさっています。

堀内敬子さんしかり新川優愛さんしかり‥皆さんご活躍です。


ドラマの最後の回は「えっ!えっーーー!!」という場面があり
とっても楽しめるドラマです。

そして‥一生さんの素敵な横顔を拝むことができますわよ

DSCF9185









にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 19:11|PermalinkComments(0)

2022年03月22日

「恋せぬふたり」最終回

羽がロールキャベツを作る時
いつも入れていた「葉っぱみたいなやつ‥?」のことを
キャベツ畑で働く羽に、電話で尋ねた咲子は
ローリエを買いに夕日に染まりながら自転車を漕ぎます。

咲子はもう、淡く緩く夕日に馴染んではいません。

その顔は眩しいくらい晴れやかで金色に輝いていました。

「私の人生に、なにか言っていいのは私だけ‥」
「私の幸せを決めるのは‥私だけ‥」

ドラマ終盤の、咲子のこのことばを聞いて
私は図らずも涙が出てきてしまいました。

羽は人生を色づかせ豊かさを増してくれた
咲子との「家族(仮)」生活を手放したくなかったのですね‥

だから気乗りしない職場での昇進も受け入れ
人生、時には「諦めも肝心」という境地で
現状維持を貫こうとしていたのです。

しかし咲子の提案は目からウロコでした。
二者択一ではなく両方取りとは‥
羽には考えもつかないストーリーだったようです。

そうかぁ‥仕事も生活も今がベストな咲子は
咲子なりの理由で今まで通り羽の祖母の家で暮らし、家を守り
羽は遥の提案に応じて農家で働きながら野菜王国を目指せば
何も問題はないですよね。

羽は自身が捉えていた「家族」という観念に
縛られていたんですね‥「家族」は一緒に住むものだと‥
別々に暮らすという事は「家族(仮)」は終わりだと‥

でも咲子は言います「なりませんよ!終わりに。」

「私達は別々に暮らしていたって一人じゃないし‥
家族じゃなくなったりしません。年越しそばと年越しうどんですよ。
諦めるんじゃなくて、両方取り。これが私達の今のベターじゃなくて
ベストじゃないですか?」

これを聞いた羽は涙ぐむのです‥

なんだろう?あまりにも自由な咲子の発想は
いとも簡単に羽を家から出てもいい事にしてくれるのです。
重石が取れたようで涙腺がゆるんでしまったのかも‥
そして何より羽を家族として捉えている咲子の想いが
羽に伝わったのでしょう。

「いいんですか?‥えっ‥僕本当にこの家を出て」

咲子は言います‥選択したものがお互い駄目になったり
嫌になったら又一緒に考えればいいと‥



「何にも決めつけなくて良くないですか?私達も家族も
全部(仮)で。ことばにするとそれに縛られちゃうんです。
周りに決められた普通に縛られたくない私達でさえも‥」

「大事なものや考え方だってどんどん変わっていくんだから‥
その時のベストを考えればいいし‥もし、その時
ふたりのベストが全く別方向で、色々話し合ってそれでも無理なら‥」

「無理なら‥?」

「無理に家族でいる必要もないんです」

ああああ!!!!このことばを聞いて
見ているこちらの個人的なモヤモヤも
消えていくような気がしました。



ずっと「あきらめ」の中で生きてきた羽が
「あきらめ」から飛び出して本当に良かったです。

そして‥初めて人生を肯定できる羽がそこにいました。

なんか、いいドラマだったなぁ‥

性的指向は傾向はありますが
その人独自のものであり
周りに溶け込んで均一性を図る必要はないはずです。
その人らしく生きれば良いし
その人らしく生きる事を阻まないようにしましょうよ‥

このドラマを見てつくづく想いました。


こうなりますと、咲子と羽のその後を見たくなります。
「恋せぬふたり」の続編をよろしくお願いしたいです。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 21:07|PermalinkComments(0)