ドラマ

2022年05月03日

「雪国」を観て‥



人々の発する言葉が、厚く降り積もる雪の中へと吸い込まれ
人の想いも、はっきりとした輪郭を見せることなく
雪あかりの中で漂っているように感じます。

しかし雪が齎す光と影の世界は
時として、人の想いにも言葉にも
妖しいエネルギーを与えるようです。

そんなふうに感じました‥


東京の下街で育ち、無為徒食の島村は
自身の真面目さを取り戻すために始めたのが山歩きでした。

あくせく働かずとも、東京で営む妻子との生活は
親の残した財産で豊かに送る事ができました。

ですから彼にとって山歩きは徒労のようではありますが
実は非現実的な魅力も感じていました。

彼は見たこともない西洋舞踊を自分なりに研究をし
あくまでも空想が踊る幻影を鑑賞しただけの紹介文を書く事で
世間から文筆家の端くれに数えられていました。
それが職業のない彼の気休めになっていたようです。

そんな島村が山歩きをした夜
辿り着いた温泉場で芸者を頼みますが
生憎手一杯らしく、代わりに連れて来られたのが
踊りと三味線の師匠の家に住み込む娘でした‥

娘は後に芸者にでるようになり芸名を駒子と名乗ります。
島村は駒子を取り巻く葉子という女と、駒子の師匠の息子との
人間模様にも強い関心を寄せます。
特に葉子には列車の中で見かけて以来惹かれていました。

たまたま辿り着いた雪国の温泉場での出来事は
島村にとって興味深く、妖しく‥
そしてミステリアスだったと想います。

しかし、島村は3回の逗留で、お座敷の合間に
部屋に立ち寄る駒子を待つのが癖になっていたのです。

自身の奥にある淋しさと、駒子が根底に持つ虚ろな部分が
お互いを求めあってしまったのでしょう‥

その上、意外にも駒子は自身を島村へ押し付けるだけで
島村の中へは入り込む事はなかったのです。

そして‥逗留中の夜‥
それこそ地球が宇宙の中に存在していると言わんばかりの
天の河の艶かしささえ感じる底なしの深さを
繭倉が燃え盛る炎の渦との連動により
島村はより強く体感するのです。

燃える繭倉の2階から落ちた女が葉子とわかった途端
島村はリアルからますます遠ざかります。

雪の世界で起きる出来事は島村が傾倒する西洋舞踊と同じように
まるで幻影を鑑賞しているような感覚だったのではないでしょうか。

しかし相手は生身の人間ですし現実の中で意志を持ち存在しています。

島村は駒子の中の空洞をどこかで感じており
一方通行のような虚しさをも感じたのかもしれません。

帰りのトンネルを抜ける時
島村は何を想ったのでしょう‥


島村は、とことん旅人であり、観察者であり
どこか遠い眼を駒子と取り巻く人々へ向けるのですが
次第に探るようになり、敬意さえ感じながらも
繭倉の火事で見た、葉子との淵の瀬戸際で喘ぐ駒子をみると
ますます自分の範囲の駒子では無いことを察したのでしょうね。


一生さんの島村はここに書くまでもありませんが
今回も素敵でしたし
台詞の抑揚も発声も新鮮でした。
そして殊の外指の動きがエロい作品でした‥‥







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




































mixiチェック
wxy812 at 21:55|PermalinkComments(0)

2021年12月31日

岸辺露伴は動かない4,5,6話を観る



「岸辺露伴は動かない」第4話『ザ・ラン』!
高橋一生さんの岸辺露伴は
岸辺露伴としてその場に存在していました。

一生さん見たさで観ているのに
一生さんを感じないで観ていました。

それにしても橋本陽馬役の笠松将さんの筋肉がすごかった!

『ザ・ラン』は筋肉勝負のエピソードなので予想はしていましたが
前鋸筋‥ありましたよね‥筋肉のことはわかりませんが
驚異を隠せない岸辺露伴に「体のそんな位置に盛り上がって
陰影がついているヤツなんて初めて見た」と言わしめた
あの、前鋸筋とやらが笠松将さんにも見てとれました。

トレッドミル2台にリモコンが1台のみで
25キロ目指し加速していく中
どちらが素早くリモコンの緊急停止ボタンを奪って押せるか‥

狂気とエゴと憑依がもたらす凄まじい橋本陽馬から放たれる
底しれぬ妖気から岸辺露伴は逃げるしかなかったのです‥


「岸辺露伴は動かない」第5話『背中の正面』!

言わずと知れた市川猿之助さんの乙雅三と
高橋一生さんの岸辺露伴ですが
思う存分お芝居を享受するお二人を見ると
NMK大河ドラマ「風林火山」の共演があったからこそ生まれた
練れた芝居空間が齎した産物でもあるような気がしました。

猿之助さんの相手を引きずり込むようなお芝居は
狂気の沙汰を一層盛り上げ最高でした。

そして、ここでの岸田露伴は自らが
乙雅三の背中に取り憑いていた憑き物に取り憑かれてしまいます。
背中を人に見られると命を失ってしまいます。

マンガではスタンド「チープトリック」が取り憑いていましたが
ドラマでは猿之助さんが憑き物として一生さんの背中に負ぶさる
という形式でした。

お二人の丁々発止のお芝居に凝視してしまいました。


「岸辺露伴は動かない」第6話『六壁坂』!

岸辺露伴が妖怪伝説のマンガを描くため取材していると
伝説の山へ通すリゾート道路開発計画を察知します。 

妖怪が道路をつかい逃げてしまわぬように
露伴が周りの6つの山を買い占めたため、道路計画は頓挫し
当たり前ですが露伴の買った山は二束三文となり
露伴ちゃんは破産し、編集者に前借りを打診するのです。

そこまで露伴が入れ込んだ『六壁坂』の妖怪‥‥

人間の愛と心の弱点に取り付き、全ての世話を人間にさせ
子孫を残すことだけを目的にした妖怪‥

この妖怪の幸福の絶頂は誰かの前で死ぬ時‥‥なんです。

そんな恐ろしい妖怪に取り憑かれてしまう
六壁村の旧家の娘大郷楠宝子役に内田理央さんでした。
楠宝子の恋人、庭師の釜房郡平役の渡辺大知さんは
マンガの世界観のままでリアルでなまなましかったです‥

あっという間の夢のような3日間でした。

丁寧に 敬意をもって大事に愛を込めて作られた作品
「岸辺露伴は動かない」は凄かったです。
今年も最高のドラマの見納めとなりました。


今日は大晦日‥
テレビを見ながらブログを書いています。

今、紅白歌合戦で連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌
BUNP OF CHICKENの「なないろ」が流れています。


母は寝ました‥

今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 22:50|PermalinkComments(0)

2021年12月01日

雪国です!来春のドラマです!



川端康成の代表作が「雪国-SNOW COUNTRY-」として制作され
NHK BSプレミアム・BS4Kで
世界へ向けた映像コンテンツとして発信されるそうです。
放送は来年春、90分作品ということのようです。

『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。』という
あまりにも有名な『雪国』の冒頭の文章は
『雪国』自体を読んでいない人にも
川端康成の小説であることがわかるほど有名な書き出しです。
読む人を作品に誘う魅力的な書き出しだと想います。

親の財産で不自由無く生活をし
時々西洋舞踊の紹介を書くので
文筆業の端くれに数えられることが
職業の無い自分の心休めになっているという
東京から来た子持ちの既婚者、島村役に高橋一生さんです。

無為徒食の島村が失いがちな自然との関わりと
自身に対する真面目さを呼び戻すための趣味
山歩きの帰りに立ち寄った温泉場で島村は芸者を呼びます。
しかし満席で都合がつかず、代わりにつれて来られたのが
踊り、三味線の師匠の家に住み込む娘、駒子でした。
その駒子役には奈緒さんです。

出会ったふたりはお互いを気に入るのですが
何分にも半分素人に近い駒子と
駒子に対する島村の含みのある想いは複雑に交差します。

雪国のもつ繊細な光と影
冷たさと温もりとが対比する描写は
二人の心模様を浮かび上がらせると同時に
比喩的な表現がますますエロティックさを増します。

ちょっと気になるのが物語の後半で
島村が「小太り」と表現されているところです。
小太りの一生さんかぁ‥
でもまあ‥そこまで忠実でなくてもいいですよね。

それと‥島村が列車の中で見かけ惹かれた娘で
後に駒子の知り合いである事がわかる葉子の
配役も気になるところです。


来春がとっても楽しみです。
ワクワクドキドキ‥





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


雪国改版 (新潮文庫) [ 川端康成 ]
雪国改版 (新潮文庫) [ 川端康成 ]


mixiチェック
wxy812 at 22:29|PermalinkComments(0)