ドラマ

2021年12月31日

岸辺露伴は動かない4,5,6話を観る



「岸辺露伴は動かない」第4話『ザ・ラン』!
高橋一生さんの岸辺露伴は
岸辺露伴としてその場に存在していました。

一生さん見たさで観ているのに
一生さんを感じないで観ていました。

それにしても橋本陽馬役の笠松将さんの筋肉がすごかった!

『ザ・ラン』は筋肉勝負のエピソードなので予想はしていましたが
前鋸筋‥ありましたよね‥筋肉のことはわかりませんが
驚異を隠せない岸辺露伴に「体のそんな位置に盛り上がって
陰影がついているヤツなんて初めて見た」と言わしめた
あの、前鋸筋とやらが笠松将さんにも見てとれました。

トレッドミル2台にリモコンが1台のみで
25キロ目指し加速していく中
どちらが素早くリモコンの緊急停止ボタンを奪って押せるか‥

狂気とエゴと憑依がもたらす凄まじい橋本陽馬から放たれる
底しれぬ妖気から岸辺露伴は逃げるしかなかったのです‥


「岸辺露伴は動かない」第5話『背中の正面』!

言わずと知れた市川猿之助さんの乙雅三と
高橋一生さんの岸辺露伴ですが
思う存分お芝居を享受するお二人を見ると
NMK大河ドラマ「風林火山」の共演があったからこそ生まれた
練れた芝居空間が齎した産物でもあるような気がしました。

猿之助さんの相手を引きずり込むようなお芝居は
狂気の沙汰を一層盛り上げ最高でした。

そして、ここでの岸田露伴は自らが
乙雅三の背中に取り憑いていた憑き物に取り憑かれてしまいます。
背中を人に見られると命を失ってしまいます。

マンガではスタンド「チープトリック」が取り憑いていましたが
ドラマでは猿之助さんが憑き物として一生さんの背中に負ぶさる
という形式でした。

お二人の丁々発止のお芝居に凝視してしまいました。


「岸辺露伴は動かない」第6話『六壁坂』!

岸辺露伴が妖怪伝説のマンガを描くため取材していると
伝説の山へ通すリゾート道路開発計画を察知します。 

妖怪が道路をつかい逃げてしまわぬように
露伴が周りの6つの山を買い占めたため、道路計画は頓挫し
当たり前ですが露伴の買った山は二束三文となり
露伴ちゃんは破産し、編集者に前借りを打診するのです。

そこまで露伴が入れ込んだ『六壁坂』の妖怪‥‥

人間の愛と心の弱点に取り付き、全ての世話を人間にさせ
子孫を残すことだけを目的にした妖怪‥

この妖怪の幸福の絶頂は誰かの前で死ぬ時‥‥なんです。

そんな恐ろしい妖怪に取り憑かれてしまう
六壁村の旧家の娘大郷楠宝子役に内田理央さんでした。
楠宝子の恋人、庭師の釜房郡平役の渡辺大知さんは
マンガの世界観のままでリアルでなまなましかったです‥

あっという間の夢のような3日間でした。

丁寧に 敬意をもって大事に愛を込めて作られた作品
「岸辺露伴は動かない」は凄かったです。
今年も最高のドラマの見納めとなりました。


今日は大晦日‥

今、紅白歌合戦で連続テレビ小説「おかえりモネ」の主題歌
BUNP OF CHICKENの「なないろ」が流れています。

母は寝ました‥

来年もよろしくお願いします。


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 22:50|PermalinkComments(0)

2021年12月01日

雪国です!来春のドラマです!



川端康成の代表作が「雪国-SNOW COUNTRY-」として制作され
NHK BSプレミアム・BS4Kで
世界へ向けた映像コンテンツとして発信されるそうです。
放送は来年春、90分作品ということのようです。

『国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。』という
あまりにも有名な『雪国』の冒頭の文章は
『雪国』自体を読んでいない人にも
川端康成の小説であることがわかるほど有名な書き出しです。
読む人を作品に誘う魅力的な書き出しだと想います。

親の財産で不自由無く生活をし
時々西洋舞踊の紹介を書くので
文筆業の端くれに数えられることが
職業の無い自分の心休めになっているという
東京から来た子持ちの既婚者、島村役に高橋一生さんです。

無為徒食の島村が失いがちな自然との関わりと
自身に対する真面目さを呼び戻すための趣味山歩きの帰りに
立ち寄った温泉場で芸者を呼ぶが
満席で都合がつかず、代わりにつれて来られた
踊り、三味線の師匠の家に住み込む娘、駒子役に奈緒さんです。

出会ったふたりはお互いを気に入るのですが
何分にも半分素人に近い駒子と
駒子に対する島村の含みのある想いは複雑に交差します。

雪国のもつ繊細な光と影
冷たさと温もりとが対比する描写は
二人の心模様を浮かび上がらせると同時に
比喩的な表現がますますエロティックさを増します。

ちょっと気になるのが物語の後半で
島村が「小太り」と表現されているところです。
小太りの一生さんかぁ‥
でもまあ‥そこまで忠実でなくてもいいですよね。

それと‥島村が列車の中で見かけ惹かれた娘で
後に駒子の知り合いである事がわかる葉子の
配役も気になるところです。


来春がとっても楽しみです。
ワクワクドキドキ‥





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


雪国改版 (新潮文庫) [ 川端康成 ]
雪国改版 (新潮文庫) [ 川端康成 ]


mixiチェック
wxy812 at 22:29|PermalinkComments(0)

2021年10月13日

政次から岸辺露伴へとつながる‥

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」において
井伊家筆頭家老小野和泉守政直の嫡男小野但馬守政次
幼名鶴丸が、後のおんな城主直虎となる幼名おとわと
おとわのいいなずけであった分家の嫡男
後の井伊直親である幼名亀之丞との三人で
井伊谷を駆け巡っていた頃
鶴丸はいつも能面を背負っていました。

DSCF1451
              NHK大河ドラマ おんな城主直虎より

この能面を鶴丸に背負わせるというアイディアは
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のチーフ演出の
渡辺一貴さんだそうです。

『人間はそれほど豊かに自分の想いというものを
ストレートには表情に出さないのかもしれない‥

そんな相手を見て人間は自分の気持ちを反映したり想像したりする‥

そこで、あくまでもフラットな芝居に徹し
そこから観ている人に
感じ取っていただければいいと思っていました。』と
高橋一生さんは、この能面の存在から
役に対するイメージを膨らませたそうです。

観る側にとってはそこにあからさまな表現が無い分
受け取る感じ方は千差万別で、広がりが生まれます。

実際、能面は、面・「おもて」とよばれ能面をつけることを
「おもてをかける」と言うそうですが
「おもて」の顔を見せることで
演者は自分を捨て、その裏の暗闇に姿を隠すのだそうです。
舞台上の能楽師と一体となった能面からは
観る角度や観ている側の感覚によりイメージが膨らみ
生きた多様な表情を感じ取ることができるそうです。

DSCF1457
小野但馬守政次の追悼アルバム「鶴のうた」の初回仕様の三方背透明スリーブ・ケースに能面のイメージが採用されています。

一生さんは沈黙し自分を抑え込んだ芝居を
もともと演ってみたいと思っていたそうで
まさに政次の「敵を欺くには味方から」という
日陰に徹した生き方とリンクしていたと言えます。

「おんな城主直虎」は一生さんが俳優として
政次を客観視できなくなるような
ある種の恍惚感を覚えた程の最高の瞬間を迎えた作品のようです。

そんなきっかけを齎してくれたチーフ演出の渡辺一貴さんは
昔から「ジョジョ」シリーズのファンで
いつか荒木飛呂彦先生の世界を描きたいと思っていたそうです。

「おんな城主直虎」で1年以上一生さんを見てきた渡辺一貴さんは
「岸辺露伴は動かない」を読み返した時
一生さんなら露伴をできるのでは‥と思い至ったそうです。

やがてそれは直感から確信に変わり
一生さんでなくては岸辺露伴は出来ない!という程に
想いが煮詰まってしまったらしいです。

渡辺さんは一生さんにオファーした時点で初めて
一生さんが大の露伴好きだと知って驚くと同時に
運命を感じたそうです。

そして‥皆さんもご存知のように昨年12月末に放送された
「岸辺露伴は動かない」第1、2、3話は大反響を呼びました。
私自身見終わった時点でドラマの持つ吸い込まれるような世界観の中に
しばらく漂っていた位です。

EqUBvVMXcAESjCH
                  NHK岸辺露伴は動かないより

今年の12月にも第4、5、6話の放送が決まり
ワクワク、ドキドキ感と期待感は今から増すばかりです。

ある誌面に渡辺一貴さんが一生さんに感じる俳優としての魅力が
語られていました。「一生さんの芝居には『匂い』を感じます。
感覚的な言い方になってしまいますが
『匂い』や『色気』としか表現できない“なにか”です」と、ありました。
これを読んだ時「これだ!!!」と想いました。

以前から高橋一生さんの芝居にはふわ~っと漂う
時にくすぐられるような“なにか”を感じていて‥

その“なにか”にはある種の耽溺性のようなものがあり
“なにか”を求めて一生さんの芝居を観続けたくなるのです。

“なにか”がいったい何なのかわからずにいました。
『匂い』です‥そうです‥私もそんな感じがします。

小野政次といい、岸辺露伴といい
高橋一生さんを語る上で無くてはならない
今や代表作となる作品の演出(監督)をされた渡辺一貴さんです。

渡辺さんがテレビドラマの仕事で大事にしていることはなんだろう?
と思い調べてみました。

『ちゃんとした地道な積み重ねと、ちゃんとした芝居と
事前の根回しと、人間関係を作ることが
チームの土台となって新しいものができます。
6割段取り、3割体力、クリエイティブなところは1割』

『自分が楽しくなることで人とのコミュニケーションをスムーズにし
皆さんの力を引き出していく‥
人を演出する前に自分を演出するところから
演出の仕事が始まっている気がします』とのことです。
(CREATIVE VILLAGEより)



「岸辺露伴は動かない」楽しみです。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 17:41|PermalinkComments(0)