ドラマ

2020年06月26日

スイッチ!坂元裕二脚本、漸く観ました!



2~3分観て、ああ!!!
坂元裕二さんだとわかりました。

なんだか懐かしいようなほっとするような心持ちになりました。

坂元裕二さんが戻ってきたと想いました。

あのセリフの独特な言い回し、言葉の種類が
なんとも心地良いではないですか!
会話のやり取りを聞いていましたら
お久しぶりです!とご挨拶したくなりましたよ‥

松たか子さんは相変わらず黒松さんでした。
予想もつかない行動に出る前触れは始めから漂っておりました。

そして阿部サダヲさんは?え?どうなんだ?と思い見ていると‥
感情の抑制ができなくなった相手を遠隔で察知し
押し留めようとする姿はまるで
悪魔祓いのエクソシストのようでもあり
信心深く愛情深い牧師さんのようでもありました。

お二人共坂元裕二さんの創る世界の住人なっていて
どこかミステリアスで不器用で素朴で真面目で滑稽で
そして饒舌で食事はしっかり摂っていそうです。

怒りを抱えながら冷静に戦う姿勢や
目盛りが振り切れてはじける姿や
切なく悲しくそして楽しい姿が興味深くあぶり出されていました。

「人生には時に選択肢が訪れて
選んだ人生と同じだけ選ばなかった人生があって
時に人は選ばなかった方の人生を眩しく思う。
まるでスーパーマーケットで
もともと並んでいたレジのように。」

『駒月直(阿部サダヲ)と蔦谷円(松たか子)は16歳の高校生の時
死者20人を出したトンネル崩落事故で
バスごと生き埋めになったのですが奇跡的に救出されます。
生存者はこの二人だけで
不幸にもこの時お互いに両親を亡くしました。

トンネル崩落事故の合同追悼式で二人はお互いの存在を認識し
その後、付き合うようになるのですが
トンネル崩落は建設会社と県知事との癒着が絡んだ
ずさんな工事が原因であるという噂を耳にします。

この時「スイッチ」が入った円はナイフを持って
県知事選挙当選に沸き立つ会場へ向います。

が、直が阻止し事なきを得ます。

しかしこの時から始まった円の「スイッチ」は
罪を犯しても法で裁かれる事の無い腹に据え兼ねる輩を見ると
生かしてはおけない!と強く反応すると同時に
反射的に「スイッチ」が入ってしまうようになります。

描かれてはいませんが初回を含めると7回の
いわゆる殺人未遂寸前の行為を円は決行していたわけです。

全て駒月直が阻止してきたようです。

16歳で経験した悔しく悲しい想いをなんとか晴らすために
その後、駒月直は検事に蔦谷円は弁護士になります。

そして‥崩落事故の県知事を別件で起訴し刑務所に入れる事ができ
積年の想いを遂に叶えたのですが
直が検事として出世できないのは
この時の立件が尾を引いているらしいし
当時共に暮らしていた直と円は別れる事になるし
その他にもいろいろな人達を巻込んでしまい
代償は大きかったのです。』


二人は遠隔地にいながら帰宅時冷蔵庫からカルピスの瓶を取り
コップに氷を入れ水で薄めて飲みます‥刻印のように‥
ストローでズズズッーっと音を立ててカルピスを飲んでいても
誰からも叱られなくなってしまってから随分と経ちました。
二人が刻んできた時間は
二人以外の者が覗き込むことはできないはずです。

20200610-switch-main-886x633
                テレビ朝日

二人は別れて13年になりますが
新恋人ができるとお互い紹介しあい
相手の様子みるという不思議な事をするようになります。

お互いに納得できる相手を見届けたいという心理もあるのでしょう。

直は円の「スイッチ」も気になりますし‥
しかしそれは二人の聖域でもあるわけです。
だとしますと誰もこの二人の領域に踏み込む事はできないのでは?
と想いますが‥本人が相手に自らの詳細を話せば別ですが‥
でも本人に説明するつもりもないでしょう。

ある日、二人は衝動的にキスをし抱き合いますが
それ以上の事は無く、結局よりを戻しはしませんでした。

そして‥新恋人との4人の食事会に再び挑むのです。

ごちゃごちゃ考えるから人間はサルよりも劣るのかな‥
何も考えずにスパッと選んで
選んだら又何も考えずに進めばそりゃー楽でしょうねえ‥

ielFMgaY

お互いの幸せを願っているのは確かな事なのです‥
二人はどこへ行き着くのでしょうか?
それは今回は描かれていません。

ただ新恋人との会食がそれなりに楽しく進み
ドラマが終わろうとするその時‥

あの大本の元県知事をレストランで見かけるや否や
円に「スイッチ」の入る兆候が‥
勿論、直がそれを見逃すわけはありません。



今回、ドラマの中での事件の話は長くなりますので端折りましたが
お弁当屋さんの役で出演の石橋静河さんの存在感が好きでした。

tRcycnBF


そして‥
今回このドラマの中に「東京ラブストーリー」「カルテット」
「最高の離婚」等が編み込まれていて坂本さんの始動の想いが
伝わってきました。


あと‥
この夏は絶対カルピスを買うぞと思いました。
そしてストローでご法度のズズズーッをやってみよう!
「カルテット」のすずめちゃんも同じ領域ですね。ズズズッーッ!
しかし、私にはまだ粗相を叱る老母がいましたよ‥

とりとめもなく‥スミマセン。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 14:10|PermalinkComments(0)

2020年06月14日

スパイの妻!ロケ地

手元にあります「放送技術」という専門誌ですが
生まれて初めて購入しました。
なぜその専門誌が私の手元にあるかと言いますと

8Kドラマ「スパイの妻」製作記が掲載されているからです。

まさに放送技術の視点からの「スパイの妻」制作の報告です。

このドラマのクランクインは昨年10月9日横浜から始まり
クランクアップが11月10日茨木という
約一ヶ月のオールロケ収録を実施したとのことです。

2020年の3月にTV版完成その後映画公開用に映像変換ミキシングを実施
やはり劇場作品として公開される予定とのことです。

ロケ地の中に横浜市開港記念会館がありました。
横浜生まれの私は「ジャック」という呼び名で認識していました。

191

横浜三塔として神奈川県庁本庁舎は「キング」といい
横浜税関は「クイーン」と呼んでいました。

学校で教わったのかどうか覚えてはいないのですが
幼い頃から認識していました。

私は小学生から高校卒業まで父の会社の社宅に住んでいました。
窓を開けると真正面にマリンタワー、その横にクイーンを望み
その右横には毎日のように遊んだ掃部山公園
(明治の頃旧彦根藩の士族らが横浜開港に貢献した
井伊掃部頭直弼の記念碑建立の為この土地を買収します。
その後横浜市に寄付され井伊掃部頭直弼の銅像が今でも港を見下ろし
桜や紫陽花が季節を彩る素敵な公園になっています。)

左には三菱造船のクレーンが見えました。
昼と夕方には造船所のサイレンが鳴り響き
「ボーが鳴なったから帰る」という具合に
ボーは一日の目安になっていて生活に溶け込んでいました。

夜になりますとマリンタワーの緑と赤のライトが交互に周りを照らし
昭和30年代後半から40年代後半までの私の記憶までも
未だに照らしてくれているのです。

そして氷川丸もロケ地との事でとっても嬉しいです。

mN6ak1oPb2v8keq1592391412_1592391466


家に昔のジャックと氷川丸の写真がありました。

私の父は大正生まれで戦時中は南方に居たようですが
氷川丸に乗って帰還したと言っていました。
えっ?と想いましたがもっと詳しく聞いておけばよかったです。

もちろんジャックの内部も氷川丸の内部も
何回か入ったことはあります。

思い出話が長くなってしまいました

それにしましても8kは家にありません。
ご覧になった方のツイートを読みますと
胸が抉られる様な想いがあり余韻が半端無いようです。

ああ!!早く観たい!「スパイの妻」!!!!
優作さ------ん!!!


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




スパイの妻 (講談社文庫) [ 行成 薫 ]
スパイの妻 (講談社文庫) [ 行成 薫 ]


mixiチェック
wxy812 at 19:35|PermalinkComments(0)

2020年06月03日

スパイの妻、読了‥

5月15日の発売日に買った「スパイの妻」なのですが
ここのところ夜寝しなに本を読むと陥落するのが早すぎて
なかなか先へ進めませんでした。

昨夜漸く読了しました。

DSCF8534


この小説はドラマ「スパイの妻」(演出黒沢清)の
小説版として行成薫氏が書き下ろした作品です。

既にドラマ「スパイの妻」としての概要とキャストが
発表されていますのでどうしたって主人公の福原聡子は蒼井優さん
聡子の夫福原優作は高橋一生さんが頭の中で動くわけです。

ネタバレになりますので筋書きは書けませんが

感情移入が激しくて読み終えたと同時に
強い喪失感と悲しみが襲ってきてしまいました。

聡子の気持ちそのままという状態です。

とっても辛いですし、愛憎入混じるような
うまく説明できない聡子の想いを想像しただけで
喉が詰まるような想いです。

福原優作の性格は純粋で人並み外れて真っ直ぐです。
それががかえって危うさを覚えさせるのです。
平和な世の中であれば妻の聡子と多少の波風はあっても
幸せな生活を全う出来たでしょう。
聡子にしてもそんな優作を惚れ抜き
ずっと一緒に生きていたかったのです。

DSCF8507

しかし優作の性格は戦時色が濃く制約された環境においては
普段でもブレーキの利かない真っ直ぐさが災いします。
仕事で訪れた満州国で見聞きした出来事をスルー出来るわけもなく
自分をコントロールするような器用さの持ちあわせも無く
あっと言う間に環境の変化を呼び起こします。

EYh667GUYAAvYWO

聡子にとって優作は自分の内なるものの大半を占めていました。
にもかかわらず
優作へ課せられた大義としてのミッションが
日本で生きる道を閉ざし
留まることを許さない強さと方向性を持って優作を旅立たせます。

優作にしても聡子を深く愛し
徹底して守り抜く手はずはしっかりと整えていたのです‥

しかし‥聡子の気持ちはいかばかりだったのか。
聡子はただ、ただ優作と一緒に
優作に守られているばかりでなく
自分も優作を守りたかったのです。

ああ!!!戦争さえなければなぁ‥と強く思いました。

目を瞑ると映像としてこの物語が現れます。
一人の女性が時代の流れに飲み込まれ
一番恐れていた事が現実となってしまいます。
取り戻せない距離感が壮大な光景となって広がり
どうしようもない遣る瀬無さが体を駆け巡ります‥

優作さ----ん!!!
ああ‥‥

この物語を映像で観る事を考えると‥
しかも聡子が蒼井優さん、優作が高橋一生さんです。
観終わった後どうなるのか今から心配です。奥様‥


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 16:28|PermalinkComments(0)