おとわ

2021年10月13日

政次から岸辺露伴へとつながる‥

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」において
井伊家筆頭家老小野和泉守政直の嫡男小野但馬守政次
幼名鶴丸が、後のおんな城主直虎となる幼名おとわと
おとわのいいなずけであった分家の嫡男
後の井伊直親である幼名亀之丞との三人で
井伊谷を駆け巡っていた頃
鶴丸はいつも能面を背負っていました。

DSCF1451
              NHK大河ドラマ おんな城主直虎より

この能面を鶴丸に背負わせるというアイディアは
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のチーフ演出の
渡辺一貴さんだそうです。

『人間はそれほど豊かに自分の想いというものを
ストレートには表情に出さないのかもしれない‥

そんな相手を見て人間は自分の気持ちを反映したり想像したりする‥

そこで、あくまでもフラットな芝居に徹し
そこから観ている人に
感じ取っていただければいいと思っていました。』と
一生さんは、この能面の存在から
役に対するイメージを膨らませたそうです。

観る側にとってはそこにあからさまな表現が無い分
受け取る感じ方は千差万別で、広がりが生まれます。

実際、能面は、面・「おもて」とよばれ能面をつけることを
「おもてをかける」と言うそうですが
「おもて」の顔を見せることで
演者は自分を捨て、その裏の暗闇に姿を隠すのだそうです。
舞台上の能楽師と一体となった能面からは
観る角度や観ている側の感覚によりイメージが膨らみ
生きた多様な表情を感じ取ることができるそうです。

DSCF1457
小野但馬守政次の追悼アルバム「鶴のうた」の初回仕様の三方背透明スリーブ・ケースに能面のイメージが採用されています。

一生さんは沈黙し自分を抑え込んだ芝居を
もともと演ってみたいと思っていたそうで
まさに政次の「敵を欺くには味方から」という
日陰に徹した生き方とリンクしていたと言えます。

「おんな城主直虎」は一生さんが俳優として
政次を客観視できなくなるような
ある種の恍惚感を覚えた程の最高の瞬間を迎えた作品でした。

そんなきっかけを齎してくれたチーフ演出の渡辺一貴さんは
昔から「ジョジョ」シリーズのファンで
いつか荒木飛呂彦先生の世界を描きたいと思っていたそうです。

「おんな城主直虎」で1年以上一生さんを見てきた渡辺一貴さんは
「岸辺露伴は動かない」を読み返した時
一生さんなら露伴をできるのでは‥と思い至ったそうです。

やがてそれは直感から確信に変わり
一生さんでなくては岸辺露伴は出来ない!という程に
想いが煮詰まってしまったらしいです。

渡辺さんは一生さんにオファーした時点で初めて
一生さんも露伴が大好きだと知って驚き、運命を感じたそうです。

そして皆さんもご存知のように昨年12月に放送された
「岸辺露伴は動かない」第1、2、3話は大反響を呼びました。

EqUBvVMXcAESjCH
                  NHK岸辺露伴は動かないより

今年の12月にも第4、5、6話の放送が決まり
ワクワク、ドキドキ感と期待感は今から増すばかりです。

ある誌面に渡辺一貴さんが一生さんに感じる俳優としての魅力が
語られていました。「一生さんの芝居には『匂い』を感じます。
感覚的な言い方になってしまいますが
『匂い』や『色気』としか表現できない“なにか”です」と、ありました。
これを読んだ時「これだ!!!」と想いました。

私も以前から高橋一生さんの芝居にはふわ~っと漂う
時にくすぐられるような“なにか”を感じていて‥

その“なにか”にはある種の耽溺性のようなものがあり
“なにか”を求めて一生さんの芝居を観続けるのですが
供給が途切れると落ち着きがなくなります。

“なにか”がいったい何なのかわからずにいました。
『匂い』です‥そうです‥私もそう想います。

小野政次といい、岸辺露伴といい
高橋一生さんを語る上で無くてはならない
今や代表作となる作品の演出(監督)をされた渡辺一貴さんです。

渡辺さんがテレビドラマの仕事で大事にしていることはなんだろう?
と思い調べてみました。

『ちゃんとした地道な積み重ねと、ちゃんとした芝居と
事前の根回しと、人間関係を作ることが
チームの土台となって新しいものができます。
6割段取り、3割体力、クリエイティブなところは1割』

『自分が楽しくなることで人とのコミュニケーションをスムーズにし
皆さんの力を引き出していく‥
人を演出する前に自分を演出するところから
演出の仕事が始まっている気がします』とのことです。
(CREATIVE VILLAGEより)



「岸辺露伴は動かない」楽しみです。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 17:41|PermalinkComments(0)

2020年07月21日

三浦春馬さん



一瞬ドッキリ?と思いました。
何が起きたのかわかりませんでした。
そのくらい三浦春馬さんと死との距離は果てしなく遠く
想像する事の方が難しい位です。


私は以前故吉行淳之介さん和子さん故理恵さんのご母堂の半生を描いた
NHK朝のテレビ小説「あぐり」を欠かさず観ていました。
調べてみましたら1997年の放送ということです。

7歳の三浦春馬さんのデビューはこの「あぐり」だったんですね。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」では
井伊直虎が柴咲コウさん、井伊直親が三浦春馬さん
そして小野政次が高橋一生さんでした。



幼名おとわ(直虎)、亀之丞(直親)、鶴丸(政次)の三人は
龍潭寺(菩提寺)の住職南渓和尚(小林薫さん)のはからいで
幼い頃から一緒に学び一緒に遊ぶ幼馴染でした。

おとわは井伊家当主井伊直盛の一人娘で
幼くして分家の嫡男亀之丞と婚約します。
鶴丸は井伊家筆頭家老の小野政直の嫡男です。
鶴丸はおとわと亀之丞の親達とは明らかに異なる父の姿に違和感と
葛藤を抱えながら過ごします。

そんな中亀之丞の父直満は今川に謀反の疑いで殺害され
しかも亀之丞の命をも狙ったため急遽亡命することになり
亀之丞は故郷井伊谷から離れる事になります。

行方も生死もわからぬまま10年の月日が経ったある日
亀之丞は立派に成長して井伊谷へ帰還を果たします。

この時のシーンについての高橋一生さんのインタビュー記事が
私は忘れられません。

『三浦さんは僕より背も高いですし顔もすごく素敵ですし
大きくなった直親(亀之丞)と再会したシーンでは
自ずと政次(鶴丸)のコンプレックスが炸裂するんです。
子供の時はあんなに小さかったのに大きくなっちゃって!とか
笑顔が眩しい!とか(笑い)森下佳子さんの脚本や衣装さんなど
たくさんのスタッフの方達が
自然とそう思えるように組みたてて下さっていたので
僕としては三浦さんとの対比で考えるというよりは
その場にいるだけで
本当に政次の気持ちになっていく事が出来ました。』

高橋一生さんはこの時の三浦春馬さんは本当に眩しくて
実際コンプレックスを感じてしまうほどだったと
その後も語っておられました。

当時ドラマを観ていた私自身も
幼い頃体が弱くいいなずけであるおとわに負い目を感じ
自分を卑下していた亀之丞が堂々と帰還したシーンは
「おーっ!」という驚きの声を発してしまうくらい
大きく逞しくそして輝いて眩しいほどでした。


DSCF9061


亀之丞の頼もしさを充分感じると同時に
隅で待受けその姿を見ていた鶴丸の心情を慮らずにはいられない
二人の対比を強く印象づけるシーンでした。



あの時の三浦春馬さんの晴れ晴れとした芝居を
私は忘れる事が出来ません。


                                                         




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 14:59|PermalinkComments(0)