きみに会いたい-Dancewithyou-

2020年03月17日

浦井健治さんと天保十二年のシェイクスピア

「天保十二年のシェイクスピア」は本来であれば
29日が東京公演千穐楽でしたが残念なことに27日の公演をもって
3月の大阪公演も含め中止となってしまいました。

2月8日の舞台初日から27日までの間
私は9日と22日の2回、お陰様で観覧することが出来ました。

それは素晴らしい公演でした。
約3時間半、役者さん達のエネルギッシュな動きに眼を奪われ
音楽劇たらしめる宮川彬良氏の腕っぷしに耳を奪われ
シェイクスピアのパロディ抜きでも
三世次という人物の一代記として
充分に満喫できる演出に心を奪われました。



今回私個人としては「きじるしの王次」として舞台を駆け巡る
浦井健治さんの舞台映えとでもいうのでしょうか
光を発光するかの如く突き抜けたおおらかな芝居と
隅々まで行き渡る明確な歌声を聴き
眼が醒めるような想いをしました。

癖がなく透明感のある役者さんだなと感じました。

坂元裕二さん脚本の2016年1月期のフジテレビ月9ドラマ
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で
絡みはありませんでしたが高橋一生さんと
浦井健治さんが出演していた記憶はありました。
舞台でのご活躍はなんとなく知ってはいましたが
今回初めてしっかりと認知した次第です。



お年を見てびっくり!1981年生まれです。
一生さんと一つ違いです。もっとお若いのかと思っていました。

デビューは最近の俳優さんの登竜門のようになっています
特撮ヒーローもので2000年の「仮面ライダークウガ」だそうです。

その後主に舞台を中心のお仕事に邁進なさったようで
菊田一夫演劇賞、紀伊国屋演劇賞、読売演劇大賞等に輝いています。

最近ニッポン放送の浦井健治のDressing Roomを聴いています。
先日の日曜日は天保十二年のシェイクスピアでの一生さんとのお話を
とっても楽しくお話されていました。
内容をかいつまんで書いてみました。

『お互い二人はうらちゃん、いっちゃんと呼ぶそうです。
うらちゃん、いっちゃんは舞台の袖ですれ違うたびに
ぎゅっとハグしたり、おしくらまんじゅうしたり
していたそうで、おしくらまんじゅうは
ムッチリお尻のうらちゃんがちっちゃいお尻のいっちゃんに
勝っていたそうです。(ムッチリは私の見解です)

又いっちゃんのお誘いで二人で共通の趣味をということで
茶道を極めたいというお話が持ち上がっていたり
落ち着いたらいっちゃんのお家でいっちゃんのお料理を
ご馳走になったらといっちゃんの社長さんに言われたりしたそうで‥

そして浦井さんは一生さんの歌は本当に上手いと誉めてくださり
死にゆく者のあんなに狂気をもったお芝居を
日本の演劇で観られると思わなかった。尊敬してますとまで
言ってくださったのです。

お二人は必ずまた会おう
また共演しようと誓い合ったそうです。』

お話が終わり浦井さんは一生さんのオリジナルソング
「きみに会いたい-Dance with you -」をかけてくださったのです。

本当に感激しました。
私は一連のお話と選曲の流れに思わず涙が出てしまいました。


日頃観劇などには馴染みのない生活をしていましたが
今回「天保十二年のシェイクスピア」を観て
いいものだなあと思うに至り
又近いうちに観てみたいという欲求が湧いてきます。

ぜひとも浦井健治さんの舞台を観てみたいです。





にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村








mixiチェック
wxy812 at 14:46|PermalinkComments(0)

2019年09月13日

the Covers!!一生さんがスカパラと!


とうとうきました
こういう番組に出演して唄って欲しいとずっと思っていました。
実現しました嬉しいですとっても
しかも東京スカパラダイスオーケストラとご一緒できるなんて
夢に見ていた光景が実現しました

9月29日(日)22:50~のthe coversで見る事ができます

一昨年になるのかしら?
スカパラと浜野謙太さん一生さんのセッションによる氷結のCMは‥

あの時の一生さんてまだ政次の影響がある頃でした。



白いスーツのおズボンはサスペンダーで吊られており
シャツはチェッカー柄で
同柄の蝶ネクタイというセクシーな出で立ち‥
エロい血管が浮き出る手にはブルースハーブが握られており
スカパラの楽曲「Paradise HasNo Barder」でのセッション中
ソロもリズミカルに披露なさっていました。
額にパラリとかかる髪さえも
一生さんの魅力を際立たせる脇役となっていて
本当にカッコいい方だなあと拝見していました。

その後昨年の3月頃エレファントカシマシの
「カヴァーアルバム3  A Tribute To The Elephant Kashimashi」で
再び一生さんとスカパラは合流するのです。

カバー曲は「俺たちの明日」なんです
DSCF6904

このアルバムはいの一番に飛びつきました。
取るものもとりあえず一生さん✕スカパラの
「俺たちの明日」を聞いたのですが鳥肌がたちました。
素直で力強く突き抜ける声は感動ものでした。

アルバムはエレカシを愛するバンド・アーティストによるもので
田島貴男さん斉藤和義さんSUPER BEAVER
クリープハイプ他の方々がカバーしています。
買ってよかったなあと思います。収録曲は10曲です。
何度聞いたかわからない程聞いています。

一生さんはその後今年4月期のドラマ「東京独身男子」の主題歌を
恐れ多くもリスペクトするエレカシの宮本浩次さんに
提供して頂いているのです
夢のようだと一生さんはおっしゃっていました。
楽曲は「君に会いたい -Dance with you-」です。
モチのロンで購入しました。

カップリング曲はエレカシの名曲「赤い薔薇」をカバーしています。

もちろん「君に会いたい」は言うまでもなく素晴らしいです

が、「赤い薔薇」のカバーが最高にいいんです奥さま
聞いていると一生さんの声が体を突き抜けて
思わず変な声を出してしまう位なんですよ‥

語彙が乏しくはっきりと表現出来ずもどかしいのですが
一生さんの歌はお上手なんですがそれ以上に
魂を揺さぶられるような、針が振り切れてしまうような
一生懸命さに感動するのです。
涙がうっすら滲み出てくるほどですよ‥



私が一生さんに対して感じている事は
スカパラの谷中敦さんが語ってくれました。
谷中さんはとってもよく一生さんを言い表しているなあと思いました。
愛を感じます。

the Coversは

NHKBSプレミアム9月29日(日)午後10時50分からです






にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 09:46|PermalinkComments(0)