わろてんか

2021年02月20日

ギャラクシー賞1月度月間賞に「岸辺露伴は動かない」!



昨年末12月28、29、30日の連続3夜
NHK総合テレビで放送された「岸辺露伴は動かない」が
ギャラクシー賞のテレビ部門2021年1月度月間賞を受賞しました。
おめでとうございます嬉しいです!

選定理由として
「独特な美意識に貫かれた、奇想天外な原作の世界観を
こだわり抜かれた美術と演出で見事に再現。
小林靖子による脚本も原作のエッセンスを的確に抽出していた。
主演の高橋一生を筆頭に役者陣もハマリ役ばかり。
中でも森山未來は、その身体能力を最大限に生かし
違和感丸出しのキャラクターを見事に演じていた。」
という正に芯を貫いた超的確な批評でした。

DSCF0873
             テレビとラジオの批評誌GALACぎゃらく

高橋一生さんは第55回ギャラクシー賞(2017年4月1日~2018年~3月31日)
テレビ部門・個人賞を受賞した事があります。
このときの批評は
「大河ドラマ『おんな城主直虎』
朝ドラ『わろてんか』月9『民衆の敵』と
それぞれ個性的かつ歴史あるドラマの枠組みの作品で
物語の要となる重要な役柄を魅力的に演じました。

一生さん直虎44
 NHK大河ドラマ おんな城主直虎

『直虎』では本心を隠して影から主人公を支え続けるキャラクターを
巧みに演じ、物語の前半を牽引。
特にわずかな表情の変化で心情を伝える繊細な演技は見事でした。
また、磔にされ心臓を槍で突かれながらも最期まで“演技”をし続けた
処刑シーンも強く印象に残ります。『わろてんか』では
柔らかな物腰と芯の強さを兼ね備えた紳士役を好演し

一生さんわろてんか伊能栞13
 NHK朝のテレビ小説 わろてんか

一方『民衆の敵』ではヒロインの敵なのか味方なのか
最後までわからないグレーな役どころでドラマに陰影を与えました。
どの作品でも、彼が演じたキャラクターが
物語に色気を加えていたのも印象的です。

images (90)
                フジテレビ  民衆の敵
  
演技だけにとどまらず、CMでは10变化のコスプレや
キレのいいヲタ芸なども披露。多彩な魅力でテレビ界に
新風を吹き込んだ実績を称します。」というものでした。

ちなみに『カルテット』は第54回ギャラクシー賞で優秀賞でした。
 
一生さん氷結CM (3)
                キリン氷結CM              
遡ってみると一生さんにとって2015年の「民王」あたりから
あら?って視聴者の認識の扉に割と強くノックをしたのかな?と
思うふしがあります。
それまでも充実した仕事をこなす俳優であり
魅力的なお芝居もしてきました。
当時から一生さん推しの方々は大勢いらっしゃるようでした。

それがここ4~5年は川で言うならば急流にさしかかり
流れの速度にこちらが追いつかない位です。
もうちょっと余韻を楽しみたい気持ちはありますが
ウキウキして楽しい時間を過ごすことに問題はありませんので
一緒に流れる事にします。

ドラマや舞台で一生さんは役の人物になります。
私はその人物に興味を持ち夢中になってしまいます。
やめられません。あと何人の人物に夢中になるのだろ。

たのすぃ~です


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村





mixiチェック
wxy812 at 12:04|PermalinkComments(0)

2020年03月19日

NHK朝の連続テレビ小説に思うこと



NHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」もあと1週間ちょっとで
終了してしまいますねえ‥
半年ってあっと言う間ですね。
スカーレットの役者さんが最高でしたし
脚本がとっても良かったです。

歴代の朝ドラをコンスタントに観ていたわけではないのですが
2011年の「おひさま」から現在の「スカーレット」までは
怠り無くずっと続けて観ています。

きっかけは「おひさま」の舞台が
母の里、長野県の松本と安曇野だったからです。
予告を見て楽しみにしていた「おひさま」ですが
あの東日本大震災で開始が遅れたという記憶が
昨日の事のように思い出されます。

また高橋一生さんが満島ひかりさん演じる育子の
初恋の人上原秀雄役ということで出演したのも忘れられません。

東京大空襲で育子を助けたために重症を負ってしまい
育子に「恋したんです」と告白し亡くなってしまう
医学生の役でした。
たった2話だけの出演でしたが
私にとって「感謝感激雨あられ」でした。


そして2017年の「わろてんか」はいわずもがな
高橋一生さん演じる伊能栞を思い出すと
松たか子さんが歌う主題歌「明日はどこから」が自動的に
私の頭を駆け巡ります。はぁ~栞様ぁー!

DSCF6176

小学生の夏休みにも朝ドラの思い出があります。

夏休みは松本にある母の実家へ必ず逗留していました。
祖母と祖父が私達がまだ寝ている間に
お蚕さん用の桑の葉を摘んで
お蚕部屋の棚へ敷き詰めるという作業を終えた後
皆で朝食を摂るという決まりになっていました。

一番古いNHK朝の連続ドラマの記憶は、祖母が観ていた
「うず潮」だったと想います。

その後、夏休みで松本へ逗留するたび
朝の食卓は「おはなはん」その次は「旅路」と続き
「びっくりしたずら‥」「へっ!たまげたなぁー」などと
祖母はドラマを観ながら信州なまりで色々感想を述べていました。
明治生まれの祖父母の記憶が蘇ります。

そして1993年前期の「ええにょぼ」は
登校拒否気味の長男と観ていた記憶があり
思い出しますとなんとなく胸がジワッと縮むような感覚になります。

小学校の低学年でしたが長男は朝ドラを私と同等に観ていました。
毎日の事なので今日見たら明日が気になりますものね。


「おかあさーん!はじまったよ!」という長男の声を
複雑な想いで聞いていたあの頃‥‥様子が蘇ります。

いろいろな事がありましたが
長男は結婚しあの頃の長男とそっくりな
小学生の男の子の父親になっております。

連続テレビ小説は見始めますと朝のリズムの中に
しっかりと組み込まれ、明日に繋がり
いつの間にか糧になっていたりします。

私は結構観ていた方かなぁ?

でも日本に居住していれば
どこかで朝ドラとの縁があるかもしれませんよね。

そうだ!日本だけじゃないです!
昔シンガポールを旅した時テレビをつけると
「おしん」が放送されていてびっくりしました。
海外でも放送されていますよね。

昔の作品を思い返してみますと
その頃の生活の様子も同時に思い出されます。
月曜から土曜日の朝8:00~8:15
午後12時45分~13:00まで放送ですし
最近はBSプレミアムでも放送されています。

自分の生活のリズムに合わせて観る事が出来ます。

老母などは心の糧のようにもなっている様子が見て取れます。
明日も観られると思うから今日観るという心情のようです。
一週間先でなく明日も続きが観られるという即行性の積み重ねが
生活のリズムを導いてくれているような気がします。

明日も観られるかな‥観られるという事は
この上無く幸せなことですよね‥つくづく思います。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村











mixiチェック
wxy812 at 21:34|PermalinkComments(0)

2018年12月09日

一生さーん!お誕生日おめでとう!!


 12月9日高橋一生さんの誕生日です
おめでとうございまーす

1980年12月9日、一生さんは東京で産まれました。

ですから本日めでたく38歳となりました。
カンパ~イ


一生さんはどんな38歳を過ごすのでしょうか

37歳の一生さんはよく働きました。

昨年は「嘘を愛する女」の試写会当日が誕生日でした。

来年はすでに37歳時に撮り終えた映像が流れます。
1月は「みかづき」、3月は「九月の恋に出会えたら」
8月は「引っ越し大名」です。

38歳の一生さんのお仕事は現在全く知ることができません。
僕キセも終わってしまいます。(続かシリーズ化を希望します。)

これからの一生さんのお仕事
私はとっても楽しみでワクワクしております。

一生さん

うまれてきてくれてありがとう


そしておめでとうございます

これからも私は一生さんを応援し
一生さんの味方であり続ける所存でございます。

本音で対応させていただきます。



  (わた恋のメンバーによる36歳の誕生祝です)


DSCF6932


DSCF6934



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 05:37|PermalinkComments(0)