クウシュウゴウ

2021年03月15日

天国と地獄~サイコな2人~第9話



とうとう第9話まで来ました。
15分拡大!観ました!

歩道橋の階段落ちで2人が入れ替わったのは満月の晩でした。
そして2人は再び同じシチュエーションで階段から転げ落ち
元に戻る事ができました。

驚きました!日高陽斗の変化たるや
すでに可憐とさえ感じ始めていた「日高」とは全く別の趣です。
転げ落ち気を失い覚醒めた時の警戒するような鋭い視線‥

そこにいるのは日高が持つ極上の優しさから生じてしまった
兄を守ろうという決死の覚悟で挑まねばならない日高陽斗の姿でした。

‥恐るべし高橋一生!

「彩子」にしてもそれは同じことで
仕事にどん詰まり、手柄を上げる事に躍起になる
ちょっと融通のきかない猪突猛進型の捜査一課の刑事に戻っています。
そこには日高陽斗の影すら見当たりません。

しかし、以前の彩子とは明らかに違っていることは一目瞭然です。
相手の気持ちを慮るという様子が見て取れます。
風紀委員的な融通の効かなさは薄れています。

歩道橋まで追いかけてきた河原刑事に
会話の一部始終を聞かれた日高と彩子は何とか振り切り逃げます。

彩子は日高と東朔也を会わせてから2人を逮捕するつもりでした。



逃走中、日高と彩子はお互い元に戻った体で色々話すのですが
きれいにマニキュアが施された爪を見た彩子は感激し礼を言います。
日高は「一応人様からお預かりしていた体なんで」
と言うわりに陸を誘惑し一線を超える関係になったのはなぜ?


病院を抜け出した東朔也と陸は行動を共にしていました。
東朔也の発案で双子の弟日高陽斗と自分を産んだ母親の故郷である
奄美へ向かう事になります。

病に侵された東朔也の体の状態は傍目にも深刻です。

それにしましても渡辺陸は包容力と同時に
人間的な深さを感じさせる魅力的な人物だと想います。
回を追うごとに私の中でだんだんと存在感が増してきました。


彩子と日高は陸からの情報で奄美便のフェリーに乗船しました。
その船上で日高は彩子に全てを話します。


二卵性双生児の日高陽斗と東朔也は
両親の離婚で離れ離れとなりましたが
偶然にも東朔也は清掃会社から日高のオフィスビルに派遣されます。
そしてある出来事により日高陽斗と知り合い、仲良くなります。

2人は小学生の時歩道橋で会って以来の再会を果たしたのです。

その再会により日高陽斗は東朔也が兄である事を知り
東朔也から自分が知り得なかった現実を知らされます。
その上兄は病に冒されており余命幾ばくも無い事も聞かされ
運命とは言え、それぞれが置かれた場の落差を想い心を痛めます。

日高は東朔也を母の郷である奄美に誘いますが
出発の前日東朔也は認知症を患う父親から奄美行きを詰られ
玄関前でもめている最中、父親が階段から転落し、亡くなります。


「お前が15分早く生まれてくりゃぁ!
お前の人生は俺のもんだったんだよー!」という兄東朔也の言葉は
日高陽斗の心に深く刺さった事はいうまでもありません。

自暴自棄となった東朔也は自殺した十和田元のアパートから持ち帰った
漫画に描かれていた殺人の実行を仄めかし
歩道橋に殺人予告の赤い数字を描いて日高に知ら占めます。

気がついた日高は東朔也が置いていったリストの名前から
数字を割り出し見当をつけ慌てて現場に駆けつけます。
が、既にそこは血の海となっており日高は驚愕します。

床の片隅に血に染まった凶器の石、日高の会社の洗剤サンプルQ
清掃用防護服等が整然と置かれていました。

それを見た日高は兄が自分の共犯になるか
又は赤の他人として通報するのか、と迫るのを感じました。

15分違って生まれれば自分がやっていた事‥と日高は想い
兄朔也が日高を共犯と目し用意した防護服を身に着け
現場に置かれていた自社のサンプルQで綺麗に磨き上げ
証拠を出来得る限り隠滅したのです‥‥


日高は全て言い終わると
「あなたは正しい。
きっとあなたに捕まるためにスイッチさせられたんですよ」と
彩子に向かって言います。

奄美行のフェリーに日高、彩子、陸、東朔也の四人は乗り合わせ
とうとう顔を合わせる事になります。



そして‥‥彩子は東朔也を殴り、諭すのです。
「あんたはクウシュウゴウなんかじゃないんだからね!
ちゃんといるんだからね!あんたのこと好きで心配して
そうやって守ってやろうって人間が!!あんたのためなら
犯罪者にでもなってやるって人が!」「え?‥」
「そんな人がいるのに!いるのにいないとか
寝ぼけたこと言ってんじゃないわよ!
わたしはあんたを哀れんだりしない。
今までどんなひどい目に遭ってきたとしても
どんな人生だったとしてもこんなに想ってくれる人を
叩き落とせるなんて!あんたは正真正銘のサイコパスだから!」と
言い放ちます。

ここは観ていてのめり込みました。
私も一緒に言っているような気分になり涙目になり興奮しました。

彩子を刑事と知った東朔也は薄れるような意識下で立ち上がり
「悪いのは俺で、こいつは何も悪くないんだよ!
な、何とかできないか?
俺はどういう殺され方してもいいからこいつだけは‥」

「だったら!!はじめからこんな事すんじゃねえ!」
と彩子は渾身の力を込め言い放ちます。

あああ~!本当にそうですよ。心の底からそう想います。

そして‥‥とうとう東朔也は息絶えます。



奄美には河原が手配したパトカー、警官が総動員され
河原を先頭に船内になだれ込んでくるやいなや
日高は近くにあった果物ナイフを彩子の首に向け
下がるように要求し、その場から離れます。

そして彩子に手錠をかけてもらうのですが
追いかけてきた天敵河原から彩子にも手錠が‥‥あああ~!!



どうなるっちゅうの!!??いったい?

真犯人の東朔也は亡くなり、日高はどうやって
全ての出来事の成り行きを証明したら良いのでしょう?

東朔也が現場に落とした日高の乳歯‥なんとかならないの?


この物語って額面どおり受け取っていてよろしいのかしら?

何か、何かがひっかかるんですよね‥





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 23:17|PermalinkComments(0)

2021年02月22日

天国と地獄~サイコな2人~第6話

「日高」は「明日3時。学校のそばの歩道橋で待ってます」という
子供の頃の手紙の差出主『歩道橋の女』が鍵を握ると考えます。
そうでなければ日高が手紙を隠す必要はないと思ったのです。

日高が手紙の事を誰かに話しているのではないかと
「日高」は秘書の五木や妹の優菜に探りをいれますが
手応えはなく優菜が父親に聞いてみたらと提案します。



差出人が書いていなかったのに
『歩道橋の女』と決めてしまうのは早急なのではとも思いますが‥



一方捜査一課の河原、幅の両刑事は3年前神奈川で起きた
一回目の猟奇殺人被害者一ノ瀬正造さん殺しで
証言をしたという人物戸田一希という女性を見つけます。

聞き込みにより彼女は勤め先のトレーニングジム会員の
個人情報を売買してクビになっていた事がわかり
しかも売買した情報の中に殺された一ノ瀬さんの
情報があった事も突き止めます。

彼女は売買の相手がもし一ノ瀬さん殺しの犯人だったら
自分も捕まると思い一ノ瀬さんを尾行していた男を見た
という嘘をつきでっち上げの人物の目撃証言をしていたのです。

売買の相手とネット上でやり取りをしており
その相手がΦのマークを使っていた事を覚えていました。
金銭のやり取りを記帳した通帳も河原刑事に差し出します。

入金欄にはクウシュウゴウという名が‥

登録情報開示報告書からクウシュウゴウは十和田元(トワダゲン)
昭和42年10月8日生まれの53歳である事が判明します。

images (2)


九十九から司法取引を持ちかけられた八巻は
日高が人を殺すのは新月の晩であると聞きます。
八巻が半信半疑で調べると正に九十九の言う通りなのです。

そして新月の日「彩子」は熱があるとコロナを匂わせ署に連絡し
欠勤します。濃厚接触者の八巻も自宅待機を言い渡されるのです。

八巻は「日高」に連絡し全てを話します。
「日高」にも「彩子」から発熱の連絡が入っており
今日が新月の夜であることから「彩子」は2人を足止めし
もしかしたら今頃誰かを殺す準備を‥との想像が広がり焦ります。


「日高」は次の犠牲者はリストの中にいると確信し
陸に連絡して例の付箋の挟まるロッカーを探すよう託します。
バイト仲間の湯浅が調達してくれた大勢の人員に
「日高」から預かったバイト代を渡し、見つけた人には10万円という
にんじんをぶら下げ見事に探し出すことに成功します。


DSCF0733


八巻と例の歩道橋に来た「日高」は
歩道橋の壁に赤い塗料で
と描く男に遭遇します
男は池袋で40代位のオッサンから日が落ちる前に
赤でと描くように雇われていました。


「彩子」はバスの中でリストにあった久米正彦の妻朝子に
渡りをつけ、立ち上げたばかりのクリーンサービスを装い
屋敷に入り込みます。そして何故か2階の窓を開け立ち去るのです。


陸は探し当てたロッカーの中にあったリストを「日高」に送信します。

一緒に入っていた例の漫画を読んだ陸は
「ミスターXの指令を受けたΦという青年は
法では裁けない悪い奴を殺していくんだけど
ミスターXからの指令が数字でくるんだ」と「日高」に伝えます。



そして9‥リストの中から久米正彦に目をつけます。

ピポンダッシュで久米夫妻の安否を確かめた
八巻と「日高」は張り込みます。

が‥その様子が多分‥近くまで来た
犯人と思しき人物に察知され逃げられたようなのです。

しかし‥久米正彦の家にはすでに「彩子」が‥
例の白いフード付きのスエットスーツで身を覆い
就寝中の久米正彦に馬乗りになり白い布を顔に強く押し当てます‥


えっーっ!!!!??やめてーっ!!

黒装束で屋敷の塀から飛び降りた「彩子」を見つけ
「日高」は全速力で追うのですが、素晴らしい走法で走る
「彩子」に「日高」は追いつくことができません。
彩子の身体能力恐るべし!

彩子はもどかしく、日高はさぞかし小気味良かったでしょうね。

もしかしたら屋敷の中は血の海‥?と八巻と「日高」は想像します。

そして‥‥‥

な!なんと!早朝ウォーキング姿の久米夫婦がお揃いで
門から出て来たのです!

あ~~~ほっとしました


そして‥陸に仕事の依頼が来るのです。
また、あの歩道橋の赤い数字を消す仕事でした。
実はこれでに続き3回目だったのです。
依頼者はクウシュウゴウということがわかります。
偶然なのか‥??



そして河原、幅刑事の2人組は不動産屋で
十和田元が自殺している事を知ります。
折り合いの悪い親族に変わり不動産屋が頼んだ特殊清掃の業者から
十和田元の遺品は処分してしまったが
東という人間が遺品の中から漫画を持ち帰った事を聞き出します。


そして「日高」の元へあの奄美の宿の主人から電話が入ります。

リピーターの青年が宿の壁に貼ってある日高の写真を見て
以前同宿になって話をした事がありその時は日高ではなく
『東朔也』と名乗っていたというのです。

東朔也‥なんだろう???にわかに降って湧いたこの名前‥

捜査第一課でパソコンに向かう「彩子」‥
その画面にも東朔也という名が打ち込まれていました。

今回はいつもに増して盛りだくさんです。てんこ盛り!

ああ!!!カオスだ!!


注・ここで表記する「日高」は日高の中に居る彩子で
「彩子」は彩子の中に居る日高です。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 20:48|PermalinkComments(0)