テレワークドラマ

2020年05月20日

坂元裕二さん脚本のリモートドラマ



坂元裕二さん!ドラマ脚本復活です
連続ドラマではないのですが、ドラマですので嬉しいです。

2018年11月12日NHKプロフェッショナル仕事の流儀
「生きづらい、あなたへ~脚本家・坂元裕二~」で
坂元さんが2018年3月に
連続ドラマ執筆休止宣言をしたという事を知りました。

放送時には舞台脚本を手掛けていらっしゃいました。

その坂元裕二さんが今回のNHKテレワークドラマの脚本を
手掛けると聞きましてビックリしたと同時に狂喜乱舞しました!

が!あ!そうかあ‥高橋一生さんは前回森下佳子さん脚本で
「転・コウ・生」を柴咲コウさん、ムロツヨシさんと
決めまくったばかりですものねえ‥

ああ‥そうですか‥今回もまた一生さん登場という
わけにはいかないですよね。

坂元さんの脚本は少数派向けの内容が多いのです。

じっくりと観ていますと面白いです。
心が助かる言葉が数多く現れるのです。

そして‥この上なく優しいことに気づいたりします。

この豪華メンバーのドラマがどんなメッセージを
伝えてくれるのか胸が痒くなる位ワクワクします。
私はコロナのことがなければ
この4月19日に坂元裕二さん脚本の朗読劇を観覧する予定でした。
しかも読み手は高橋一生さんでした。
コロナで公演は敢え無く中止となりました。

魅力的な言葉を放ち私達を誘ってくれる坂元裕二さん
リモートドラマは現在の状況を鑑みてどの様な鏡面ドラマに
仕立てていただけるのかがとっても楽しみです。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 20:52|PermalinkComments(0)

2020年05月14日

転・コウ・生!面白い!

5月8日(金)にNHKで放送され
録画してあったテレワークドラマ
第3夜「転・コウ・生」を先程楽しく観ました。

キャストは柴咲コウさん、ムロツヨシさん、高橋一生さん
猫のノエルさんの3人+ネコ一匹です。
そして脚本が直虎の森下佳子さんです。



新型コロナウイルス達が中国の武漢から
日本へそして世界中の国々へと侵入してからというもの
人々の日常の流れは滞るようになってしまいました。

三密を避けるということは劇場での観劇はもちろん
映画館での鑑賞もままならないわけですから
役者さんにとっても重大なる影響を及ぼしました。

ましてや沢山のスタッフを伴っての映画、ドラマ等の
撮影からして出来ない状況なのです。
ですから役者さんは自粛というより
自宅待機の状態で居るしかないわけです。

だからこそNHKはお互い接触すること無く
打ち合わせリハーサル、本番収録等も直接会うこと無く
メイク、衣装、小道具等の準備から
機材のセッティングRECボタンの操作まで役者さんがこなすという
今だからというドラマをつくったわけです。

ドラマを観て柴咲コウさんムロツヨシさん高橋一生さん
猫のノエルさんの魂が入れ替わるということでまず思ったのは
「転・コウ・生」は大林宣彦監督の
「転校生」のオマージュ?ということです。

転校生
                                                        (C)東宝     映画「転校生」

コロナ自粛で自宅で待機している柴咲コウさんは
「皆さんどうしているかな?」
と想いを巡らしながらムロツヨシさんへの届け物を
今送るという行為は不要不急なのかどうか戸惑っていると‥
あららら?
魂が??気がつくと柴咲コウさんとムロツヨシさんが
入れ替わってしまいます。
ドタバタしていると猫のノエルが!!高橋一生さんと
入れ替わっているじゃないですか!

これは不条理の物語です‥

で、森下佳子さんの脚本ですもの‥

猫のノエルに入れ替わった「イッセイ」さんが
コウさんに入れ替わった「むろ」さんに
「殿、どうもご無沙汰しております」とサラリと挨拶し
一生さんに入れ替わったシバサキコウさんが
「今日ね、月がとってもきれい」とか言いながら
月夜を皆で見上げるのです‥

一生さん直虎15

直虎を彷彿とさせる台詞を魂入れ替わりの最中に言わせるわけです。

直虎ファンとしてはもうたまらないわけですよ

リモートとはいえ3人の呼吸の熟れ感は「おんな城主直虎」という
ゆかりがあるからこそでしょうね。

しかも、この「転・コウ・生」の放送日が
素晴らしかったフラワームーンの翌日でした。
5月8日の月も負けず劣らず素敵でした。
このタイミングを合わせたのかしら?と思わざるを得ないです。

結局3人+猫一匹の魂は予告もなく縦横無尽に
入れ替わって行くのです。
魂は急に体と環境が変わるのであたふたするのですが

そのうち冷静さをとりもどしつつ
こうなれば臨機応変、その場で直面したことに臨み
適切に処置しながら対応するしかないという意識が芽生えます。

そうですよねえ‥

コロナ前、コロナ後では世界が違いますもの。

私達はすでにコロナ前のようには生きてはいけません。

だったら柔軟な姿勢で変化の中をケロリと生きる力が必要です。
心にも体にも免疫力をつけなければ生き抜く事は出来ません。

そして‥‥
一生さんに入れ替わった「むろ」さんはカフカの『変身』の芝居を
ムロさんに入れ替わった「イッセイ」さんはライブ配信のお仕事を
ノエルに入れ替わった柴咲コウさんは
「のえる」になってソファーでゴロゴロといろいろ想う‥

不条理な中をあすの風を待ちながら‥今日を生きています。

転とは変化です。コウさんはその変化の中を生きるわけです。

だから「転・コウ・生」‥

なるほど‥



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

















mixiチェック
wxy812 at 16:32|PermalinkComments(0)

2020年04月29日

NHKでテレワークドラマ



まさか今のこの状態を誰が予想し得ていたでしょうか。
私個人としましても同じことでして
新型コロナという名称をはっきりと意識し始めたのは
1月末頃からでしょうか?
横浜港に接岸した「ダイヤモンド・プリンセス」号の乗客が
新型コロナ感染しているというニュースにおいても
まだまだ遠巻き気分でピンときていませんでした。

1月公開の映画「ロマンスドール」
2月には音楽劇「天保十二年のシェイクスピア」と続き
一生さん出演の作品を存分に楽しんで過ごしていましたら
3月の大阪公演まで続くはずでした舞台の上演が
東京公演千穐楽の間際で中止となってしまい、その上
楽しみにしていた4月の新ドラマ「竜の道」の開始までも延期となり
「???え~~!!」というボケ具合でした。

映画、舞台観覧は親族の厚意で何とか実現し楽しめました。
私が直面しています在宅介護という生活事態が
自粛生活のようなものです。
在宅介護の中に私の生活が組み込まれている状態です。
その上新型コロナでも自粛という二重自粛のような世界に突入です。

そこへNHKさんがこの度打ち合わせ、リハーサル、本番収録も
直接会わずに行う「テレワークドラマ」を放送すると聞きまして
真っ暗闇の中から一筋の光明を見出したような心境です!

「今だから新作ドラマ作ってみました」というスタンスだそうです。

現在多くのドラマの収録が見合わされています。
だからこそホッと出来る時間をドラマで届けたいという事だそうです。

柴咲コウさん高橋一生さんムロツヨシさんは
第3夜「転・コウ・生」に出演!
脚本はなんと!直虎の森下佳子さんです!

一生さん直虎27

自粛生活を送っていますと「あの人に会いたいな」という
気持ちはだんだん募ってきます。
すると、なぜか「会いたい」と思った人と魂が入れ替わる
珍事が発生‥シバサキコウがむろつよしに入れ替わり
次にタカハシイッセイに入れ替わり‥って!!!
なにこれーーー!!!??ぎゃぁーー!!はぁはぁ
というファンタジーコメディだそうです。

第3夜は5月8日(金)の夜11時40分~12時10分です!

すごーく楽しみでーす

一生さんのお芝居を観る事は
私にとって最早生きる糧のようになっております。

途切れる事なく観ることができれば嬉しいのですが
現在の状態では儘なりません‥








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 20:41|PermalinkComments(0)