ロマンスドール

2022年11月21日

ステージと映画で観る俳優高橋一生!WOWOW❣

高橋一生さんのここ数年のステージと映画の軌跡が
年末にかけてWOWOWで放送されます
クリスマスイブ、クリスマスと続いての放送となります。


24日PM1:30~NODA MAP「フェイクスピア」と
24日PM4:00~「2020」がWOWOWライブで

25日PM2:30~「九月の恋と出会うまで」
25日PM4:30~「ロマンスドール」
25日PM6:45~「噓を愛する女」がWOWOWシネマで放送されます。
「九月の恋と出会うまで」は川口春奈さん
「ロマンスドール」は蒼井優さん
「噓を愛する女」は長澤まさみさんと共演されています。
どの映画も感動的で一生さんの魅力ある芝居に釘付け必至です

そしてその後は!皆様お待ちかねの「岸辺露伴は動かない」が
26日、27日に放送されます❣

という事は、24,25,26,27日と連ちゃんで一生さんdayなんです!

いやぁ~一生さんってここ数年、年末になると目が離せなくて
なんだかドタバタしてしまいます。

思えば2017年の10月期ドラマ「民衆の敵」が選挙や政治がテーマのため
実際の10月22日の選挙実施に考慮し
ドラマのオープニングを遅らせざるを得なくなり
最終回はぎりぎり12月25日でした。

しかも一生さんはその年の紅白歌合戦で
まさに一世一代のぴかぴかに輝く審査員として
羽織袴で出演されました。


一生さん紅白歌合戦審査員3


あの時の私はまさに有頂天でした。

何もかもほったらかして、ガヤガヤいう家族を毒づくほどの勢いで
多分血圧は最高潮に達して危険な状態だったのでは?と
今思うと昇天する一歩手前だったなと、笑ってしまいます。

そして、思いがけず3年連続放送となる「岸辺露伴は動かない」が
年末最大の楽しみとなっています。

何はともあれこれから先も
一生さんは縁のあるお仕事に対し
変わらぬスタンスで向き合い全うしていくのでしょうね。

とっても楽しみです。






にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 23:43|PermalinkComments(0)

2021年01月06日

「美しい日本に出会う旅」を観ましょう!今年もよろしくお願いします!

皆様、明けましておめでとうございます

忘れもしません、駄目元で応募しました映画「ロマンスドール」
トークイベント付き試写会当選のお知らせが舞い込んだのが
昨年の1月7日でした。

開催日がなんと6日後の13日という早急さで正直慌てましたが
高橋一生さんに会えるのですもの奮い立ちました。

イベントで一生さんをガン見し興奮冷めやらぬ2月9日、22日には
一生さん主演の舞台「天保十二年のシェイクスピア」観覧という
推し活の最高潮を過ごしていました。

そしてコロナによる舞台の中止という事態になりました。

あれから1年近く経ち事態が収束することなく
しかも再び明日にも緊急事態宣言があるということです。
あの頃はこの状態を想像すらしておりませんでした。

その後10月に入院、心臓弁膜症カテーテル治療を経て
12月に辛うじて退院した母の介護と年末の家事に私は明け暮れ
コロナ禍の2021年に介護と共になだれ込むという生活です。

DSCF0555

5日には在宅医とリハビリの作業療法士の訪問があり
明日は母の入浴のため看護師の訪問を受けます。

どちらにしましてもこの先どうなるかわかりませんが
毎日、目の前にある仕事を四の五の言わずに何も考えず
体が動くまま機嫌よくやるしかないじゃないですか‥ねえ‥

で、今日の夜はあの方の素敵なお声に癒やされましょう!
本日の「美しい日本に出会う旅」の旅案内人は高橋一生さんです。

今年は丑年。開運をもたらす牛を巡る旅を案内してくれるそうです!

一生さんのお声を聞きますと体の力が抜けるんです
就寝前の一時をゆったりと過ごしたいです



皆様今年もよろしくお願いします。
そしてどうぞご無事で過ごすことができますようお祈りします。

DSCF0509




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 10:59|PermalinkComments(0)

2020年10月30日

映画「スパイの妻」はお預け

行こうと思えば行いけるのかな‥
「スパイの妻」‥

もし近場の映画館で
上映していたらなら観に行っているだろうか‥

EdhgmP0VcAAR1ki


「ロマンスドール」の時もそうでしたが
「スパイの妻」も上映館が少ないのです。
今回も時間にしてたどり着くまで1時間半はかかります。

心臓疾患の状態が超の付く程深刻な母を想いますと
楽しみにしていた映画ですが
見る気持ちは萎えてしまいました。

そして母は昨日高リスクを背負いながらカテーテル治療を終えました。

重症の大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法である
TAVIという治療を施して頂きました。
簡単に言いますと傷んだ大動脈弁を
カテーテルで人工弁に取り換える治療です。

しかし母は腎臓疾患も抱えており体への負担を
なるたけ減らすということで
術前の造影剤を使用する検査などは思うように
行なえませんでした。

結果心臓の弁は滞り無く施術を終えましたが
母の場合血管が弱かったようで
カテーテルの施術により血管が傷ついたようです。

もちろん手術で修復できる体ではありませんので
血圧を一定に保つ薬でなんとか凌ぎ
様子を見て何事もなく安定してきたらリハビリをして
それから退院という運びになりそうです。

DSCF1857


幼い時に患った腎臓、生活習慣から発生した高血圧など
色々改善の余地もあったでしょうにここまでの状態に至ったのは
本人が体に対してあまり思いやりが無かったからとも想います。

しかし医学の発達により突然死の心配が少なくなっただけでも
母にとって幸せな事なのかなぁ‥

術後母は口に管が入り麻酔から完全に醒めてはいないようでしたが
看護師さんが「もうわかると想いますよ」とおっしゃいますので
話かけてみましたらツツツーっと目尻から涙が一筋流れてきました。

心細かっただろうなぁ‥かわいそうだったなぁ‥

いろいろな想いが一遍に頭の中をぐるぐるしました。

退院後の母の生活はうまくいくだろうか?

そして私は「スパイの妻」を観に映画館へ足を運べるのか?



にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 08:56|PermalinkComments(0)