三浦春馬

2020年11月13日

「わたしを離さないで」!を観る‥



原題Never Let Me Go(わたしをはなさないで)は
2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロが
2005年に発表した衝撃的な長編小説です。
英国では100万部を超える大ヒット作となりました。



「わたしを離さないで」は
イギリスで映画化され、日本では舞台化されましたが
2016年1月期のTBS金曜ドラマにおいて
世界で初めてテレビドラマ化され放送されました。
原作ではイギリスを舞台に描かれていますが
日本に置き換えて森下佳子さんが脚本を手掛けています。

森下さんの脚本、主演に綾瀬はるかさん他三浦春馬さん
水川あさみさんという俳優さんの名前を見て興味をもち
観始めました‥

が‥しかし正直1話2話と観て3話を観るのをやめようか‥‥
と一瞬戸惑いました。

第1話のあの冒頭の場面‥‥看護師姿でもない
ごく普通の私服姿の保科恭子(綾瀬はるか)は
病院の手術室から出され酸素マスクがまだ曇っている状態の
土井友彦(三浦春馬)が横たわるストレッチャーを押し
慣れた様子でエレベーターに乗りある場所で降ります。
そして看護師から渡された注射を恭子は躊躇なく友彦に打ちます。

曇っていた友彦の酸素マスクは
みるみる透明になりもう曇る事はありませんでした。

恭子は焼却炉と思しき扉を開け
その中へ友彦を滑らすように入れ
焼却と書いてあるスイッチを押します。
恭子は終始一貫流れるような動作で全ての行為を終わらせました。

????何が起こったのだろうと思い観続けていると
陽光学苑という寄宿学校で過ごす子供達の様子が流れます。
そこで起きる出来事に対し私は違和感を覚えました。

しかしそれらの出来事は布石として打たれた事が後でわかります。

その学苑は恭子や友彦が育った学び舎でした。



結論から言います。

そこはクローン人間を健康に育てる場所であり
彼らは病んだ人間に対し臓器を提供する為
段階的な行程を経ている途上でした。

彼らは普通の子供ではなかったのです。
特別な使命を持ちそれを遂行するために
必要な知識と何よりも望まれる人格を身につけるべく
教育を施されていました。

クローンの施設の中にあって陽光学苑は特別な存在でした。

陽光学苑は長い時間をかけ検討を重ね最善と目される
カリキュラムを作り出し細心の注意をはらいながら
子供達を教育していたのです。

陽光で育った子供たちは学苑を出た後
3年間は提供を免れる特権を持ちます。
それは陽光の卒業生が知的で従順で
自分の置かれた立場に理解があり
良い介護人、提供者になるという実績があるからなのです。

少しでも提供を先に延ばしてやりたいという想いがあったのです。

なぜかと言いますとこの時点では明かしてはいませんが
校長自身がクローンであったからなのでしょう‥

観ていると気持ちが落ち込むというか‥暗くなると言うか‥
重すぎると言うか‥何とも言えない気持ちになりました。

一体何なんだこれは‥
ドラマの中ではあるのですがあってはならない事が起きている
そう思うと悍ましさと倫理観の無さを覚え辛かったです。

提供、解体、空っぽ、介護人、猶予‥そして‥かれらは天使‥‥



どこまで行っても使命は必ず遂行されます。
臓器提供は一回、二回、三回‥‥
普通は三回‥たまに4回という強者もいる‥でもそれで終了。

友彦は4回の提供で空っぽとなり介護人だった恭子が
任務として行ったのが焼却炉へ友彦入れるという行為だったのです
介護人は同じクローンの中から選ばれます。



まるで戦争中の赤紙が来るように
ある日突然提供と言う使命の赤紙が若い彼らに必ず届きます。

彼らは人間の為に施す臓器のストック的存在‥
短い命‥限られた命にされ中年まで生きた者はいないのです。

人間は牛、豚、鳥の命をもらって自分の糧とします。
彼らはそれと同じような位置づけなのでしょう‥
人間からはぞんざいに扱われます。

彼らは置かれた中で精一杯生きようと
悩み苦しみ時には快楽にふけり
提供の瞬間を迎えるしっかりとした覚悟を得ようと心を整えます。

少なくも彼らは擦れもせずに育ち
自分の置かれた立場を充分に理解し
その時を比較的冷静に迎えているようでした。

観ていて生きるってなんだろう?と思いました。
どのみち命というのは理由は千差万別いつかは消えます。

彼らのような事は絶対にあってはならない事ですが
制約された環境で凝縮された時間の中を
覚悟を決め健気に生きる様は
Xデーがいつかわからず生きている私のような人間にも
覚悟という二文字を意識させてくれました。

彼らの持つ荷物の少なさが全てを物語っていました。

絶望的で救いのないドラマだと思っていましたが
生きる事の意味という普段考えないような事が頭を擡げました。

観て良かったと想います。深くて太い作品でした。
一回観たら忘れることは出来ないと想います。


保科恭子を演じる主演綾瀬はるかさんは
俯瞰して生きる恭子の姿勢を良く表していて
普通ならば感情が間欠泉のように吹き出るような場面でも
自分を律し深く広く捉える様は覚悟の権化のようで
言うなればそれは菩薩の様でした。
綾瀬さんの透明感のある雰囲気が恭子に纏わる事情の深刻さを
より強く感じる呼び水になっていたようです。

三浦春馬さんは
クローンを隔離し健康に育てる陽光学苑という施設内で
世間に揉まれずに育ち感性が子供のままの土井友彦役を
誇張もなくごくごく自然に演っていらっしゃいました。
濁りのないきれいな瞳を輝かせ提供前の一時を世間にふれ生活します。
しかしその瞳の輝きがだんだんと無くなっていく様が
観ていて本当に辛かったです。

水川あさみさんは陽光学苑の子どもたちの中でも少し大人びていて
子供特有のドライな残酷さを持つ酒井美和の役でした。
この美和には正直途中観ていて腹が立ちました。
気分が悪くなるほどで嫌になりました。
それは水川さんが美和になりきっていたからなのでしょう。
しかし考えたら無理もないことです。
強そうに見えて弱い美和は恭子に依存していたのです。
仲の良かった恭子と友彦を無理やり引き剥がしたのも
恭子を友彦に取られたくなかったからだと告白し恭子に謝ります。
美和は自分の介護人に恭子を指名し最後の提供の時を迎えます。
手術室に運ばれるストレッチャーの上から
美和は恭子に訴えるのです「わたしをはなさないで!!」と‥


それにしても人間の飽くなき欲望から生じる
自然の摂理に反する行為はもうやめにしませんかと言いたいです。

クローン技術‥この先どうなっていくのだろう‥怖いです。



【新品】わたしを離さないで 早川書房 カズオ・イシグロ/著 土屋政雄/訳
【新品】わたしを離さないで 早川書房 カズオ・イシグロ/著 土屋政雄/訳



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村






mixiチェック
wxy812 at 10:07|PermalinkComments(0)

2020年07月21日

三浦春馬さん



一瞬ドッキリ?と思いました。
何が起きたのかわかりませんでした。
そのくらい三浦春馬さんと死との距離は果てしなく遠く
想像する事の方が難しい位です。


私は以前故吉行淳之介さん和子さん故理恵さんのご母堂の半生を描いた
NHK朝のテレビ小説「あぐり」を欠かさず観ていました。
調べてみましたら1997年の放送ということです。

7歳の三浦春馬さんのデビューはこの「あぐり」だったんですね。

NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」では
井伊直虎が柴咲コウさん、井伊直親が三浦春馬さん
そして小野政次が高橋一生さんでした。



幼名おとわ(直虎)、亀之丞(直親)、鶴丸(政次)の三人は
龍潭寺(菩提寺)の住職南渓和尚(小林薫さん)のはからいで
幼い頃から一緒に学び一緒に遊ぶ幼馴染でした。

おとわは井伊家当主井伊直盛の一人娘で
幼くして分家の嫡男亀之丞と婚約します。
鶴丸は井伊家筆頭家老の小野政直の嫡男です。
鶴丸はおとわと亀之丞の親達とは明らかに異なる父の姿に違和感と
葛藤を抱えながら過ごします。

そんな中亀之丞の父直満は今川に謀反の疑いで殺害され
しかも亀之丞の命をも狙ったため急遽亡命することになり
亀之丞は故郷井伊谷から離れる事になります。

行方も生死もわからぬまま10年の月日が経ったある日
亀之丞は立派に成長して井伊谷へ帰還を果たします。

この時のシーンについての高橋一生さんのインタビュー記事が
私は忘れられません。

『三浦さんは僕より背も高いですし顔もすごく素敵ですし
大きくなった直親(亀之丞)と再会したシーンでは
自ずと政次(鶴丸)のコンプレックスが炸裂するんです。
子供の時はあんなに小さかったのに大きくなっちゃって!とか
笑顔が眩しい!とか(笑い)森下佳子さんの脚本や衣装さんなど
たくさんのスタッフの方達が
自然とそう思えるように組みたてて下さっていたので
僕としては三浦さんとの対比で考えるというよりは
その場にいるだけで
本当に政次の気持ちになっていく事が出来ました。』

高橋一生さんはこの時の三浦春馬さんは本当に眩しくて
実際コンプレックスを感じてしまうほどだったと
その後も語っておられました。

当時ドラマを観ていた私自身も
幼い頃体が弱くいいなずけであるおとわに負い目を感じ
自分を卑下していた亀之丞が堂々と帰還したシーンは
「おーっ!」という驚きの声を発してしまうくらい
大きく逞しくそして輝いて眩しいほどでした。


DSCF9061


亀之丞の頼もしさを充分感じると同時に
隅で待受けその姿を見ていた鶴丸の心情を慮らずにはいられない
二人の対比を強く印象づけるシーンでした。



あの時の三浦春馬さんの晴れ晴れとした芝居を
私は忘れる事が出来ません。


                                                         




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 14:59|PermalinkComments(0)