坂元裕二

2021年04月12日

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう!再放送!



皆さん!フジテレビで4月13日(火)24:25~
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が
再放送されます!初回のみ24:40~でーーす!!

2016年の1月期、いわゆる「月九」枠で放送されたドラマです。
初めてこの題名を見た時、なんて長いタイトルなんだ!と思いました。
脚本が坂元裕二さんでしたので当時興味深く観ました。

大好きな高橋一生さんは
坂元裕二さん脚本による過去2回の朗読劇
TVドラマでは「モザイクジャパン」「Woman」と
坂元作品への出演はコンスタントに続いていました。
「いつ恋」に出演と知った時は嬉しかったです。

一生さんは主人公の曽田練(高良健吾)が勤める運送屋
柿谷運送の佐引穣次というパワハラ先輩の役でした。

曽田練と同郷の彼は、東京に出てきたものの
東京にも人生にも上手く折り合いがつかず
気持ちに対し行動が伴わず空回りしているような人間です。

鬱積した感情を新入りの曽田練に辛く当たるのせいぜいですが
彼なりに何とかしようともがく姿が見えたのが救いでした。

髪を金髪にして斜に構え、悪ぶる姿は
鎧を着ている状態だったのでしょう。

私としましては、一生さんの金髪大ちゅき!

「いつ恋」は主演の有村架純、高良健吾さん他、高畑充希さん
西島隆弘さん、森川葵さん、坂口健太郎さん、八千草薫さん
柄本明さん、小日向文世さん、安田顕さん、松田美由紀さん
田中泯さん、浦井健治さん、高橋一生さんと
書ききれない位の超豪華俳優のオンパレードでした。

「若者たちは、生きるために、恋をする」というキャッチフレーズの
ヒューマンラブストーリーです。

なんだか皆スムーズには生きられなくて、落ちこぼれかけていて‥
でも‥‥四の五の言わずに
ちゃんと寄り添って包んでくれる物語でした。

坂元さんが脚本を書く理由は
「生きづらいあなたへ‥マイナスにいる人がせめてゼロになれば」
「テレビからこぼれているものを書きたい」
「こんなふうに思っているのは私だけなのかな?って
思っている人のために書きたいんです」
だそうです‥‥‥‥‥‥‥






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 20:44|PermalinkComments(0)

2021年02月26日

坂元裕二朗読劇2021「忘れえぬ忘れえぬ」「初恋」と「不倫」



キタァー!!!一年ぶりですよ、皆さん‥
昨年もブログにあげていた事を思い出します。
昨年私は運良くチケットをゲットする事ができてワクワクドキドキが
止まらない毎日を過ごしていました。
それが‥やはりコロナでおじゃんですよ涙を飲みました。

FgyA5FKpO3irpkz1587081450_1587081690


ああ!!!今回はゲット出来るとか出来ないとかでなく
今の私は母の介護でどうなるのか見当もつかない状態なのです。

実は3週間の入院を終え母は明日退院なのです。

今は母の生活を私がどうフォローするかが第一なのです。
であるからしてチケットをゲットしたいのはやまやまですが
果たしてその時私が朗読劇を観る事が出来る状態にあるのか?
と言うことなんです。

今ふと思うのですが、あの時良くチケットを手に入れる事ができたな?
って‥‥今思います。私どうやって手に入れたんだろう?って
今思うぐらいですよ‥

コロナと介護で前のめりでいたので
別世界の遠い昔の出来事のような気がして‥

でもなんとかして朗読劇を見に行きたいのだ!!!






にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 18:28|PermalinkComments(0)

2020年06月26日

スイッチ!坂元裕二脚本、漸く観ました!



2~3分観て、ああ!
坂元裕二さんだとわかりました

坂元裕二さんが戻ってきたと想いました。

あのセリフの独特な言い回し、言葉の種類が心地良いですねぇ‥
会話のやり取りを聞いていましたら
お久しぶりです!とご挨拶したくなりました‥

松たか子さんは相変わらず黒松さんでした。
予想もつかない行動に出る前触れは始めから漂っておりました。

そして阿部サダヲさんは?え?どうなんだ?と思い見ていると‥
感情の抑制ができなくなった相手を遠隔で察知し
押し留めようとする姿はまるで
悪魔祓いのエクソシストのようでもあり
信心深く愛情深い牧師さんのようでもありました。

お二人共坂元裕二さんの創る世界の住人なっていて
どこかミステリアスで不器用で素朴で真面目で滑稽で
そして饒舌で食事はしっかり摂っていそうです。

怒りを抱えながら冷静に戦う姿勢や
目盛りが振り切れてはじける姿や
切なく悲しくそして楽しい姿が興味深くあぶり出されていました。

「人生には時に選択肢が訪れて
選んだ人生と同じだけ選ばなかった人生があって
時に人は選ばなかった方の人生を眩しく思う。
まるでスーパーマーケットで
もともと並んでいたレジのように。」

『駒月直(阿部サダヲ)と蔦谷円(松たか子)は16歳の高校生の時
死者20人を出したトンネル崩落事故で
バスごと生き埋めになったのですが奇跡的に救出されます。
生存者はこの二人だけで
不幸にもこの時お互いに両親を亡くしました。

トンネル崩落事故の合同追悼式で二人はお互いの存在を認識し
その後、付き合うようになるのですが
トンネル崩落は建設会社と県知事との癒着が絡んだ
ずさんな工事が原因であるという噂を耳にします。

この時「スイッチ」が入った円はナイフを持って
県知事選挙当選に沸き立つ会場へ向います。

が、直が阻止し事なきを得ます。

しかしこの時から始まった円の「スイッチ」は
罪を犯しても法で裁かれる事の無い腹に据え兼ねる輩を見ると
生かしてはおけない!と強く反応し
反射的に「スイッチ」が入ってしまうようになります。

描かれてはいませんが初回を含めると7回の
いわゆる殺人未遂寸前の行為を円は決行していたわけです。

全て駒月直が阻止してきたようです。

16歳で経験した悔しく悲しい想いをなんとか晴らすために
その後、駒月直は検事に蔦谷円は弁護士になります。

そして‥崩落事故の県知事を別件で起訴し刑務所に入れる事ができ
積年の想いを遂に叶えたのですが
直が検事として出世できないのは
この時の立件が尾を引いているらしいし
当時共に暮らしていた直と円は別れる事になるし
その他にもいろいろな人達を巻込んでしまい
代償は大きかったのです。』


二人は遠隔地にいながら帰宅時冷蔵庫からカルピスの瓶を取り
コップに氷を入れ水で薄めて飲みます‥刻印のように‥
ストローでズズズッーっと音を立ててカルピスを飲んでいても
誰からも叱られなくなってしまってから随分と経ちました。
二人が刻んできた時間は
二人以外の者が覗き込むことはできないはずです。

20200610-switch-main-886x633
                テレビ朝日 スイッチ

二人は別れて13年になりますが
新恋人ができるとお互い紹介しあい
相手の様子みるという不思議な事をするようになります。

お互いに納得できる相手を見届けたいという心理もあるのでしょう。

直は円の「スイッチ」も気になりますし‥
しかしそれは二人の聖域でもあるわけです。
だとしますと誰もこの二人の領域に踏み込む事はできないのでは?
と想いますが‥本人が相手に自らの詳細を話せば別ですが‥
でも説明するつもりもないでしょう。

ある日、二人は衝動的にキスをし抱き合いますが
それ以上の事は無く、結局よりを戻しはしませんでした。

そして‥新恋人との4人の食事会に再び挑むのです。

ごちゃごちゃ考えるから人間はサルよりも劣るのかな‥
何も考えずにスパッと選んで
選んだら又何も考えずに進めばそりゃー楽でしょうねえ‥

               
お互いの幸せを願っているのは確かな事なのです‥
二人はどこへ行き着くのでしょうか?
それは今回は描かれていません。

ただ新恋人との会食がそれなりに楽しく進み
ドラマが終わろうとするその時‥

あの大本の元県知事をレストランで見かけるや否や
円に「スイッチ」の入る兆候が‥
勿論、直がそれを見逃すわけはありません。



今回、ドラマの中での事件の話は長くなりますので端折りましたが
お弁当屋さんの役で出演の石橋静河さんの存在感が好きでした。



そして‥
今回このドラマの中に「東京ラブストーリー」「カルテット」
「最高の離婚」等が編み込まれていて坂本さんの始動の想いが
伝わってきました。


あと‥
この夏は絶対カルピスを買うぞと思いました。
そしてストローでご法度のズズズーッをやってみよう!
「カルテット」のすずめちゃんも同じ領域ですね。ズズズッーッ!
しかし、私にはまだ粗相を叱る老母がいましたよ‥

とりとめもなく‥スミマセン。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 14:10|PermalinkComments(0)