坂口健太郎

2021年04月12日

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう!再放送!



皆さん!フジテレビで4月13日(火)24:25~
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」が
再放送されます!初回のみ24:40~でーーす!!

2016年の1月期、いわゆる「月九」枠で放送されたドラマです。
初めてこの題名を見た時、なんて長いタイトルなんだ!と思いました。
脚本が坂元裕二さんでしたので当時興味深く観ました。

大好きな高橋一生さんは
坂元裕二さん脚本による過去2回の朗読劇
TVドラマでは「モザイクジャパン」「Woman」と
坂元作品への出演はコンスタントに続いていました。
「いつ恋」に出演と知った時は嬉しかったです。

一生さんは主人公の曽田練(高良健吾)が勤める運送屋
柿谷運送の佐引穣次というパワハラ先輩の役でした。

曽田練と同郷の彼は、東京に出てきたものの
東京にも人生にも上手く折り合いがつかず
気持ちに対し行動が伴わず空回りしているような人間です。

鬱積した感情を新入りの曽田練に辛く当たるのせいぜいですが
彼なりに何とかしようともがく姿が見えたのが救いでした。

髪を金髪にして斜に構え、悪ぶる姿は
鎧を着ている状態だったのでしょう。

私としましては、一生さんの金髪大ちゅき!

「いつ恋」は主演の有村架純、高良健吾さん他、高畑充希さん
西島隆弘さん、森川葵さん、坂口健太郎さん、八千草薫さん
柄本明さん、小日向文世さん、安田顕さん、松田美由紀さん
田中泯さん、浦井健治さん、高橋一生さんと
書ききれない位の超豪華俳優のオンパレードでした。

「若者たちは、生きるために、恋をする」というキャッチフレーズの
ヒューマンラブストーリーです。

なんだか皆スムーズには生きられなくて、落ちこぼれかけていて‥
でも‥‥四の五の言わずに
ちゃんと寄り添って包んでくれる物語でした。

坂元さんが脚本を書く理由は
「生きづらいあなたへ‥マイナスにいる人がせめてゼロになれば」
「テレビからこぼれているものを書きたい」
「こんなふうに思っているのは私だけなのかな?って
思っている人のために書きたいんです」
だそうです‥‥‥‥‥‥‥






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 20:44|PermalinkComments(0)

2020年12月04日

重版出来!を観る



母が入院してから一ヶ月半があっと言う間に経ち
そして‥何も無ければ12月8日に退院という目処もつき
物理的な準備は段取りが整いつつあります。
後のことはその時々にやっつけながら進もうと思います。

で、今のうちにと思いまして観たかったドラマの一つ
「重版出来!(じゅうはんしゅったい)」全10話を一気観しました。

一気観といいましても家事をやりながらですので2日に渡りました。

いやぁ~これはとっても面白かったです!

2014年日本経済新聞で「仕事マンガランキング」第1位を獲得した
小学館「月刊!スピリッツ」で好評連載中の
原作松田奈緒子さんによる人気コミックを
TBSがドラマ化し火曜ドラマ枠で2016年4月期に放送されました。



「新社会人の骨太奮闘物語」と銘打ち
「本気で仕事するって、カッコいい。生きるって、素晴らしい。」
という4月期ドラマとして格好のテーマでした。

連続ドラマ初主演の黒木華さんは
新卒で大手出版社のコミック誌
「週刊バイブス」編集部に配属された黒沢心役です。
柔道一筋で元五輪代表候補という変わり種です。

心は先輩編集者の五百旗頭(いおきべ)敬(オダギリジョー)の元で
編集者としてのイロハを学びます。

「重版出来」を念頭に置き
連載担当漫画家との打ち合わせ、新人漫画家発掘
担当漫画家の単行本部数決定会議等の地道な仕事を
柔道で培った精神力、体力、瞬発力、観察力、集中力を発揮しながら
邁進する黒沢心は出版業界の世界に魅せられていきます。



「重版出来」ということばは出版業界内で使われている業界用語です。
重版がかかるという事は出版社の営業が想定して刷った
初版第一刷の数より売れているという事です。
出来(しゅったい、しゅつらい、でき)ということばは
文字通りクオリティ、成績、できばえといういう意味合いです。
「じゅうはんでき」とも言うそうです。
隠語、符牒のような種類のことばですよね。



このドラマは配役がすごいです。
大手出版社「興都館」社長ー高田純次さん
「週刊バイブス」の編集長ー松重豊さん
副編集長ーオダギリジョーさん
編集部社員ー安田顕さん・荒川良々さん
営業部社員ー坂口健太郎さん・生瀬勝久さん
漫画家さんたちー小日向文世・ムロツヨシ・永山絢斗・遠藤憲一・要潤
書店員ー濱田マリ‥‥という超豪華な顔ぶれです。

観ていて気持ちの良いドラマで涙がこみ上げる場面もありました。

黒沢心は毎日目の前の仕事を一生懸命にこなし
思いとどまるような場面でもスカッっと突き抜けていく姿は
進む道に清々しい風を吹かせて歩いているように見えました。

躊躇しないということは淀みを無くす事でもあるんだなと
観ていて勉強になりました。

そんな黒沢心の姿を遠目に眺めていた先輩編集者達ですが
知らず知らずのうちに影響されていく姿が伺われます。
良いエネルギーというのはまるでたんぽぽの綿毛の様に
キラキラと輝きながら広がっていくんだなぁと想いました。

「世の中そんなに甘いもんじゃないよ」なんて言う人がいます。
でも真っ直ぐに生きていく力と本気で働く力があれば
そんなの目じゃないと思わせてくれるドラマでした。

何を青い事を言っているんだと思われてしまいそうですが
今更ながら色々と気がつきました。

人間は精一杯生きることですよね‥
明日でいいやと回した仕事もどんどん片付けてしまおう!




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 08:29|PermalinkComments(0)

2019年09月27日

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまうTVerで!

2016年1月期にフジテレビで放送された坂元裕二さん脚本の
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を
TVerで10月7日まで観ることができますよ



有村架純さん、高良健吾さん主演で
他に西島隆弘さん坂口健太郎さん森川葵さん八千草薫さん
田中泯さん柄本明さん小日向文世さん浦井健治さん桜井ユキさん
そして高橋一生さんも出演というとっても豪華なキャストです。
しかも一生さんと何かと御縁のある役者さんが多いです。

2016年の放送中は重いとか境遇が過酷だとか言われ続け
坂元作品のバックボーンがここでも又物議を呼んでいました。

「生きづらいあなたに‥
マイナスにいる人がせめてゼロになれば。
それが脚本を書く理由です」という
坂元さんのインタビュー記事を以前読んだ事があります

この想いこそが坂元作品の背骨だと思うのです。
社会の片隅で不器用に生きる人々を
坂元作品は照らし出します。

観ていてあまりにも生き下手過ぎてイラつく事もあります。
それでも人は恋をし人を愛し
傷つきながら恥をかきながら
喜びながら楽しみながら泣きながら生きてゆくのです。

そんな人々を優しく包み込むのが坂元作品だと思うのです。


登場人物一人ひとりの背景がリアルに浮かびます。
案外人間というのは世の中を器用に上手に
生き抜いている人の方が少ないのではないかと思います。

それぞれの登場人物が背負うものに対し重みを感じてしまいますが
台詞の中に潜む暖かさと励ましに気がつきますと心が助かります。
その台詞は心に刻まれ後々まで残ります。
それらは坂元さんからのメッセージなんでしょうね。



「いつ恋」は偶然から生まれた恋によってもたらされた
若者たちの生き様や恋愛感情、職場をめぐる人間模様
逃れられない生い立ちとそこから生まれる葛藤などが描かれています。

一生さんは主人公の高良健吾さん演じる
曽田練が務める運送会社「柿谷運送」の
金髪パワハラ上司という嫌なヤツっぽい佐引穣次役でした。
要するに社会の底辺でちょっといじけている役です。
でも妙な安定感があり佐引が出て来ると見入ってしまうのです。

出演場面は多くはありませんし
主軸にそれほど絡んではいないのですが
佐引の素性はしっかりと描かれていて
彼もやはり不器用な人間であることがわかります。

斜に構えた金髪パワハラ佐引が見せていた
地方から東京に出てきたものの「東京の」「人生の」
波に乗り切れなかった感の醸し出し方が実に土臭くて
流石一生さんだなあと思いました。
あの運送屋で金髪にしている佐引の心情がなんか切なくて‥
でもとっても魅力的でした

「いつ恋」は5年後の様子も描かれているのですが
5年後の佐引穣次は黒髪に戻っています。
ランチには彼女お手製のラブラブ弁当を食べている
可愛い佐引さんに出会うことが出来ます。








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村





mixiチェック
wxy812 at 22:09|PermalinkComments(0)