天保十二年のシェイクスピア

2020年07月18日

菊田一夫演劇賞授賞式!高橋一生さん授与!



昨日は第45回菊田一夫演劇賞授賞式が開催されました。

お陰様で高橋一生さんは「天保十二年のシェイクスピア」での
佐渡の三世次役が評価され受賞式に参加され
賞を授与されるに至りました。

一生さんはまさかこのような光栄な賞をいただけるとは
想ってもみなかったようです。



コメントの内容をまとめますと

佐渡の三世次の役において大きなジャンプをする感覚はなく
久しぶりの舞台ですし、しかも音楽劇で歌う歌の
ハードルは高かったと吐露されています。
最初の歌のレッスンにおいて
「きっと大丈夫」と言われたようですが
一生さんとしては「きっと大丈夫じゃないんだろう」と
思われたようです。また、今回の座組は大ベテランが多く
稽古期間は背中を見させていただき
皆で団結することも大事なんだと感じたそうです。

今回の公演は途中で中止になったこともあり
受賞についてはいろいろ想いが混じり合ったようですが
芝居を信じていこうという想いが高まったそうです。

コメントの内容からわかるように
高橋一生さんの芝居に対するスタンスはずーっと変わらず
一生さんご自身がいつも話される仕事への向き合い方の表現として
同じ所を打ち続けるという状態だと思います。

しかし今回は音楽劇と銘打つ舞台でしたので
高橋一生さんとしては舞台で歌を歌うという
新分野に入ったわけです。

一生さんは既にエレファントカシマシのカバーアルバムで
東京スカパラダイスオーケストラとのコラボで参加していますし
主演ドラマの主題歌のCDも発売されていますが
やはり舞台での歌となりますとニュアンスが異なります。

しかし実際に2回公演を観させていただきましたが
それは素晴らしい出来栄えでした。

佐渡の三世次は流れるような溢れるような
歌とはわからないくらい耳に心地よい歌を
自然にしかも刺激的に歌い上げていました。
歌の持つ魔力に誘引され
又すぐに聴きたくなってしまうような中毒性を感じる程でした。

しかもその傾向は「天保十二年のシェイクスピア」で
歌われた歌全てに言える事でした。
実に素晴らしい音楽劇でした。


改めて菊田一夫演劇賞受賞おめでとうございます。

EdHV2cVWAAEgqtP




にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 23:24|PermalinkComments(0)

2020年06月09日

戯曲「天保十二年のシェイクスピア」!届きました!

井上ひさし氏の戯曲「天保十二年のシェイクスピア」が
本日届きました!
昭和48年12月発行昭和49年6月3刷かぁ‥
古い匂いがして表紙カバーは変色していますが
なんと!中はページをめくったのかな?と思うほど
とってもきれいで変色もしていません。
ですから手垢など全くなくビックリしました。

DSCF8538


高橋一生さんの舞台が決定した時
図書館にあるかどうか調べた記憶はありますが
予約数がそれなりにありまして撤退した記憶があります。

観る前に読むのが習慣でしたが読むことができず
2月の開演を迎えましたが
有り難いことになんとか2回観覧する事ができました。

介護の身でなければ毎日でも観覧したい舞台でした。

2回の観覧をどっぷりと味わった私はあの舞台を
忘れる事ができなくなりました。

自分の推しの芝居がその場に行けば直に観れるのですもの!
しかも無我夢中になれる程充実した内容の舞台でした。

wiVygy3R

2回目を観た後なんとか3回目をと想いチケットを探し
もう一回いける!という寸前で
コロナのためにあっと言う間に中止となりショックでした。

その後戯曲を再び図書館に予約するのですが
長期に渡り返却されていないのでカウンターで予約して下さいとの
提示がありましたがそれでも待っていました。

しかしここまでくると修行の段階じゃない?と思うにいたり
ポチるしかないじゃあありませんか!?
食指が動き念願の戯曲を漸く手にしました。

じっくり、ゆっくり噛み締めながら読むことで
‥‥‥推しに近くなる‥‥‥

こうやって書いていて気がついてきてしまいました。

これがオタクということなんだって‥‥

ちっと‥コワイじゃないですか


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 20:28|PermalinkComments(0)

2020年04月29日

NHKでテレワークドラマ



まさか今のこの状態を誰が予想し得ていたでしょうか。
私個人としましても同じことでして
新型コロナという名称をはっきりと意識し始めたのは
1月末頃からでしょうか?
横浜港に接岸した「ダイヤモンド・プリンセス」号の乗客が
新型コロナ感染しているというニュースにおいても
まだまだ遠巻き気分でピンときていませんでした。

1月公開の映画「ロマンスドール」
2月には音楽劇「天保十二年のシェイクスピア」と続き
一生さん出演の作品を存分に楽しんで過ごしていましたら
3月の大阪公演まで続くはずでした舞台の上演が
東京公演千穐楽の間際で中止となってしまい、その上
楽しみにしていた4月の新ドラマ「竜の道」の開始までも延期となり
「???え~~!!」というボケ具合でした。

映画、舞台観覧は親族の厚意で何とか実現し楽しめました。
私が直面しています在宅介護という生活事態が
自粛生活のようなものです。
在宅介護の中に私の生活が組み込まれている状態です。
その上新型コロナでも自粛という二重自粛のような世界に突入です。

そこへNHKさんがこの度打ち合わせ、リハーサル、本番収録も
直接会わずに行う「テレワークドラマ」を放送すると聞きまして
真っ暗闇の中から一筋の光明を見出したような心境です!

「今だから新作ドラマ作ってみました」というスタンスだそうです。

現在多くのドラマの収録が見合わされています。
だからこそホッと出来る時間をドラマで届けたいという事だそうです。

柴咲コウさん高橋一生さんムロツヨシさんは
第3夜「転・コウ・生」に出演!
脚本はなんと!直虎の森下佳子さんです!

一生さん直虎27

自粛生活を送っていますと「あの人に会いたいな」という
気持ちはだんだん募ってきます。
すると、なぜか「会いたい」と思った人と魂が入れ替わる
珍事が発生‥シバサキコウがむろつよしに入れ替わり
次にタカハシイッセイに入れ替わり‥って!!!
なにこれーーー!!!??ぎゃぁーー!!はぁはぁ
というファンタジーコメディだそうです。

第3夜は5月8日(金)の夜11時40分~12時10分です!

すごーく楽しみでーす

一生さんのお芝居を観る事は
私にとって最早生きる糧のようになっております。

途切れる事なく観ることができれば嬉しいのですが
現在の状態では儘なりません‥








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 20:41|PermalinkComments(0)