小野但馬守政次

2021年10月13日

政次から岸辺露伴へとつながる‥

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」において
井伊家筆頭家老小野和泉守政直の嫡男小野但馬守政次
幼名鶴丸が、後のおんな城主直虎となる幼名おとわと
おとわのいいなずけであった分家の嫡男
後の井伊直親である幼名亀之丞との三人で
井伊谷を駆け巡っていた頃
鶴丸はいつも能面を背負っていました。

DSCF1451
              NHK大河ドラマ おんな城主直虎より

この能面を鶴丸に背負わせるというアイディアは
NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」のチーフ演出の
渡辺一貴さんだそうです。

『人間はそれほど豊かに自分の想いというものを
ストレートには表情に出さないのかもしれない‥

そんな相手を見て人間は自分の気持ちを反映したり想像したりする‥

そこで、あくまでもフラットな芝居に徹し
そこから観ている人に
感じ取っていただければいいと思っていました。』と
一生さんは、この能面の存在から
役に対するイメージを膨らませたそうです。

観る側にとってはそこにあからさまな表現が無い分
受け取る感じ方は千差万別で、広がりが生まれます。

実際、能面は、面・「おもて」とよばれ能面をつけることを
「おもてをかける」と言うそうですが
「おもて」の顔を見せることで
演者は自分を捨て、その裏の暗闇に姿を隠すのだそうです。
舞台上の能楽師と一体となった能面からは
観る角度や観ている側の感覚によりイメージが膨らみ
生きた多様な表情を感じ取ることができるそうです。

DSCF1457
小野但馬守政次の追悼アルバム「鶴のうた」の初回仕様の三方背透明スリーブ・ケースに能面のイメージが採用されています。

一生さんは沈黙し自分を抑え込んだ芝居を
もともと演ってみたいと思っていたそうで
まさに政次の「敵を欺くには味方から」という
日陰に徹した生き方とリンクしていたと言えます。

「おんな城主直虎」は一生さんが俳優として
政次を客観視できなくなるような
ある種の恍惚感を覚えた程の最高の瞬間を迎えた作品でした。

そんなきっかけを齎してくれたチーフ演出の渡辺一貴さんは
昔から「ジョジョ」シリーズのファンで
いつか荒木飛呂彦先生の世界を描きたいと思っていたそうです。

「おんな城主直虎」で1年以上一生さんを見てきた渡辺一貴さんは
「岸辺露伴は動かない」を読み返した時
一生さんなら露伴をできるのでは‥と思い至ったそうです。

やがてそれは直感から確信に変わり
一生さんでなくては岸辺露伴は出来ない!という程に
想いが煮詰まってしまったらしいです。

渡辺さんは一生さんにオファーした時点で初めて
一生さんも露伴が大好きだと知って驚き、運命を感じたそうです。

そして皆さんもご存知のように昨年12月に放送された
「岸辺露伴は動かない」第1、2、3話は大反響を呼びました。

EqUBvVMXcAESjCH
                  NHK岸辺露伴は動かないより

今年の12月にも第4、5、6話の放送が決まり
ワクワク、ドキドキ感と期待感は今から増すばかりです。

ある誌面に渡辺一貴さんが一生さんに感じる俳優としての魅力が
語られていました。「一生さんの芝居には『匂い』を感じます。
感覚的な言い方になってしまいますが
『匂い』や『色気』としか表現できない“なにか”です」と、ありました。
これを読んだ時「これだ!!!」と想いました。

私も以前から高橋一生さんの芝居にはふわ~っと漂う
時にくすぐられるような“なにか”を感じていて‥

その“なにか”にはある種の耽溺性のようなものがあり
“なにか”を求めて一生さんの芝居を観続けるのですが
供給が途切れると落ち着きがなくなります。

“なにか”がいったい何なのかわからずにいました。
『匂い』です‥そうです‥私もそう想います。

小野政次といい、岸辺露伴といい
高橋一生さんを語る上で無くてはならない
今や代表作となる作品の演出(監督)をされた渡辺一貴さんです。

渡辺さんがテレビドラマの仕事で大事にしていることはなんだろう?
と思い調べてみました。

『ちゃんとした地道な積み重ねと、ちゃんとした芝居と
事前の根回しと、人間関係を作ることが
チームの土台となって新しいものができます。
6割段取り、3割体力、クリエイティブなところは1割』

『自分が楽しくなることで人とのコミュニケーションをスムーズにし
皆さんの力を引き出していく‥
人を演出する前に自分を演出するところから
演出の仕事が始まっている気がします』とのことです。
(CREATIVE VILLAGEより)



「岸辺露伴は動かない」楽しみです。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 17:41|PermalinkComments(0)

2018年10月04日

ツイッター始めました「美しい日本に出会う旅」


「美しい日本に出会う旅」ツイッター始まりました。
今までのウェブサイトだけではものたりなかったし
情報不足なところもありました。

昨日は瀬戸康史さんが行く金沢・能登の旅でした。
そして語りは大の仲良し高橋一生さん
よかったですよ~とっても。

ほんとに康ちゃんに甘々でしたね。
一生さんの声って聞いていて安心するんですよ。
ゆったりするというか落ち着くというか。
私にとって最高の妙薬と言っても過言ではないです。


一生さん、芳雄さん、康ちゃんの3人の旅
私もぜひとも観てみたいです。

井上芳雄さんは大河ドラマ「直虎」で
一生さん演じる小野但馬守政次の弟小野玄蕃でしたし
康ちゃんは舞台「マーキュリーファー」で
一生さん演じる兄エリオットの弟ダレンでした。
お二人共一生さんの弟役でした。
ご縁のある3人ですよねえ

今度はドラマで
長男一生さん、次男井上芳雄さん、三男康ちゃん
ってことにならないかしら

それにしても去年の9月13日、一生さんが行った
伊勢・熊野の旅から1年以上たってしまったんだなあ

赤福本店、岩崎魚店、旅館あづまや、桂城‥
なつかしいなあ。

またどこかへ旅してください。
楽しみにしています。


にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 15:32|PermalinkComments(0)