東京独身男子

2019年12月09日

高橋一生さん!39歳のお誕生日おめでとうございます!

本日12月9日は私の大好きな俳優高橋一生さんの誕生日です。
1980年生まれですから39歳になります。
一生さんはお若い頃から
特に女性を引きつける魅力をお持ちの方で
最近は頓に溢れんばかりの色気を感じてしまいます。



今年はテレビドラマは「みかづき」「東京独身男子」「凪のお暇」
映画は「九月の恋と出会うまで」「引っ越し大名」の出演。

宮本浩次さん提供の東京独身男子主題歌
オリジナルソング「君に会いたい」のCDデビュー。
(カバーアルバムの参加は昨年)

そして数々のバラエティー番組出演の中で
The Coversでの一生さんはアーティストとしての出演であり
感動ものでした。

活字媒体への露出度も高まり
特に「波」に記載された「騎士団長殺し」の文庫化記念への
寄稿文、「民王」の解説など
取材にたいする受け身のコメントばかりでなく
自らが読者へ提供する側のお仕事もこなしました。

だんだんと広がりをもって展開してくる一生さんのお仕事ですが
お持ちの才能を披露するチャンスに恵まれてよかったです。

幼い頃からの環境、そこで生活してきた過程も
生じた数々の心の葛藤も、取り巻く人間関係も
愛別離苦も、仕事の加速度の度合いも
高橋一生という人間の魅力と深みを増すための
丁度良い加減の事象であったと思います。

今後も今までと変わらない姿勢を保ちながら
一生さんはお仕事を続けていかれると思います

来年は映画「ロマンスドール」公開
舞台「天保十二年のシェイクスピア」が控えています。

お誕生日おめでとうございます





にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 14:39|PermalinkComments(0)

2019年11月30日

「好き」第1話チャーシュー麺‥

昨年の10月期の「僕らは奇跡でできている」から
1月期の「みかづき」、4月期の「東京独身男子」
7月期の「凪のお暇」と続き
高橋一生という俳優を思う存分満喫出来た一年でした。

しかしここへきて一生さんの供給が途絶えてしまいました。
やはりドラマや映画や舞台のいずれかは観続けたい
というのがファン心理なのでございます。

ピエール瀧さんの問題がなければ
映画「ロマンスドール」は今頃すでに
公開されている頃だと思うのです。
でも待つ時間が長いほど感激度は増しますので我慢します。

「ロマンスドール」は来年1月24日公開です

で、ぽっかりと空いたこの時期に
過去作をゆっくりと鑑賞しました。

1958年、1981年、2000年という異なる3つの時代を
田中麗奈さんが演じる2000年制作の
インターネット映画「好き」を久しぶりに観ました。
1話が30分のオムニバス形式の作品で
2001年3月までに500万アクセスを突破したそうです。

その中の1958年の第1話「チャーシュー麺」という作品に
高橋一生さんが出演されています。

DSCF7563

ラーメン屋の店員古賀直子に主演の田中麗奈さん
アウトローに生きる青年安藤秋生に高橋一生さん
ラーメン屋の主人に石丸謙二郎さんという役どころです。

DSCF7579

福岡の久留米から集団就職で上京し
横浜の裏通りの鄙びたラーメン屋「みなと軒」で働く直子(田中麗奈)は
ある日チンピラに追われている安藤秋生(高橋一生)の
ただならぬ様子を見てかくまうことになります。


チンピラから無事逃れることが出来た秋生でしたが
所持していたピストルを
「みなと軒」のゴミ箱へ誤って置いてきてしまいます。

後日直子はゴミ箱の中からピストルを見つけ
自分のアパートへ持ち帰ります。

秋生に問われた直子はピストルを渡すと
秋生はお礼にとラムネを直子に渡し海辺に誘います。

DSCF7574

話しをしているとお互い同郷である事がわかるのです。

この時秋生は19歳直子は17歳です。

二人は昭和30年代、集団就職という形態で
玄海という列車に乗り上京し就職したのです。

秋生は天井で回る3機の扇風機を凝視し
速度の違いに気がつくほどの
留まった精神状態で硬い座席の玄海に乗車していたのす。

15歳の少年達全てが希望に燃え上京していたとは思えません。
開口一番「さびしくないか?」と直子に聞いた
秋生の心の中、胸の内は充分推察できます。

当時大企業に採用された少年はいいのですが
零細企業へ就職した少年などは大変な思いをしたようです。
労働条件が考えられないほど悪く
ゆえに離職率は高かったようです。

右も左もわからない都会にいきなり放り出された
15歳の身の上に起きる栄光と挫折の状況は
あまりにも過酷で切ないです。

当時パーセンテージの高かった非行少年と言われる少年達は
故郷を離れ挫折し離職となり
行き場のない状況下での結果だったのだと思います。

秋生を見ているとそこまで思いがめぐります。

そして‥秋生は直子がゴミ箱から見つけ出したピストルで
組長を狙撃する計画を打ち明けるのです。



その後全てをやり終えた秋生は
閉店間近の「みなと軒」へやってきます。
自首する前に「みなと軒」のラーメンを食べたかったと
秋生は言います。

直子は主人の帰った後の調理場で
ラーメンを作ります。
そして‥‥チャーシューを5枚ラーメンの上へ置きます。

狙撃事件のニュースを見ていた店のお客が19歳の秋生が犯した罪は
5年だと言ったのを思い出したのです。
直子は一枚が一年5枚だから5年と決め
チャーシューを置いたのです。

DSCF7562


この作品は昔観た東映のヤクザ映画を
どこか彷彿とさせるものがありました。

舞台は昭和33年の横浜の港近くで営む
裏通りというより路地裏の鄙びたラーメン屋です。
戦後13年位の横浜の事情はまだ不安定だったと思います。

集団就職で田舎から上京したものの
すっかり横道に逸れてしまった秋生ですが
懐かしい故郷の匂いを直子に求め
直子もまたきっかけはどうであれ
同郷の秋生の事が気がかりになるのです。
人を好きになるのに事情や状況は関係ありません。

危うそうな秋生と健気な直子。
二人の心に潜む寂しさという共通の思いが重なりあうことで
お互いの事が胸に宿っていったのでしょう。

DSCF7571

田中麗奈さんは全てを表情で演じていたと言っても過言ではなく
まだお若い時期なのに改めてこの方の芝居の凄さを感じました。
高橋一生さんはアウトローで鉄砲玉のような危うさを持つ青年役ですが
土臭さと寂しさとそして怒りを含んだ何とも言えない様子を
やはりその表情で充分に感じる事ができました。

30分という短い作品なのですが
昭和30年代の空間がそこに広がり
少しかび臭く感じる空気が漂よっていて
年代的に郷愁を誘われました。

この作品は余韻をもたせて終わりますが
二人のその後を知りたくなります。
一回観たら忘れられない作品です。




好き [DVD]
田中麗奈
バンダイビジュアル
2001-08-25





にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 13:29|PermalinkComments(0)

2019年09月13日

the Covers!!一生さんがスカパラと!


とうとうきました
こういう番組に出演して唄って欲しいとずっと思っていました。
実現しました嬉しいですとっても
しかも東京スカパラダイスオーケストラとご一緒できるなんて
夢に見ていた光景が実現しました

9月29日(日)22:50~のthe coversで見る事ができます

一昨年になるのかしら?
スカパラと浜野謙太さん一生さんのセッションによる氷結のCMは‥

あの時の一生さんてまだ政次の影響がある頃でした。



白いスーツのおズボンはサスペンダーで吊られており
シャツはチェッカー柄で
同柄の蝶ネクタイというセクシーな出で立ち‥
エロい血管が浮き出る手にはブルースハーブが握られており
スカパラの楽曲「Paradise HasNo Barder」でのセッション中
ソロもリズミカルに披露なさっていました。
額にパラリとかかる髪さえも
一生さんの魅力を際立たせる脇役となっていて
本当にカッコいい方だなあと拝見していました。

その後昨年の3月頃エレファントカシマシの
「カヴァーアルバム3  A Tribute To The Elephant Kashimashi」で
再び一生さんとスカパラは合流するのです。

カバー曲は「俺たちの明日」なんです
DSCF6904

このアルバムはいの一番に飛びつきました。
取るものもとりあえず一生さん✕スカパラの
「俺たちの明日」を聞いたのですが鳥肌がたちました。
素直で力強く突き抜ける声は感動ものでした。

アルバムはエレカシを愛するバンド・アーティストによるもので
田島貴男さん斉藤和義さんSUPER BEAVER
クリープハイプ他の方々がカバーしています。
買ってよかったなあと思います。収録曲は10曲です。
何度聞いたかわからない程聞いています。

一生さんはその後今年4月期のドラマ「東京独身男子」の主題歌を
恐れ多くもリスペクトするエレカシの宮本浩次さんに
提供して頂いているのです
夢のようだと一生さんはおっしゃっていました。
楽曲は「君に会いたい -Dance with you-」です。
モチのロンで購入しました。

カップリング曲はエレカシの名曲「赤い薔薇」をカバーしています。

もちろん「君に会いたい」は言うまでもなく素晴らしいです

が、「赤い薔薇」のカバーが最高にいいんです奥さま
聞いていると一生さんの声が体を突き抜けて
思わず変な声を出してしまう位なんですよ‥

語彙が乏しくはっきりと表現出来ずもどかしいのですが
一生さんの歌はお上手なんですがそれ以上に
魂を揺さぶられるような、針が振り切れてしまうような
一生懸命さに感動するのです。
涙がうっすら滲み出てくるほどですよ‥



私が一生さんに対して感じている事は
スカパラの谷中敦さんが語ってくれました。
谷中さんはとってもよく一生さんを言い表しているなあと思いました。
愛を感じます。

the Coversは

NHKBSプレミアム9月29日(日)午後10時50分からです






にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 09:46|PermalinkComments(0)