森下佳子

2020年11月13日

「わたしを離さないで」!を観る‥



原題Never Let Me Go(わたしをはなさないで)は
2017年にノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロが
2005年に発表した衝撃的な長編小説です。
英国では100万部を超える大ヒット作となりました。



「わたしを離さないで」は
イギリスで映画化され、日本では舞台化されましたが
2016年1月期のTBS金曜ドラマにおいて
世界で初めてテレビドラマ化され放送されました。
原作ではイギリスを舞台に描かれていますが
日本に置き換えて森下佳子さんが脚本を手掛けています。

森下さんの脚本、主演に綾瀬はるかさん他三浦春馬さん
水川あさみさんという俳優さんの名前を見て興味をもち
観始めました‥

が‥しかし正直1話2話と観て3話を観るのをやめようか‥‥
と一瞬戸惑いました。

第1話のあの冒頭の場面‥‥看護師姿でもない
ごく普通の私服姿の保科恭子(綾瀬はるか)は
病院の手術室から出され酸素マスクがまだ曇っている状態の
土井友彦(三浦春馬)が横たわるストレッチャーを押し
慣れた様子でエレベーターに乗りある場所で降ります。
そして看護師から渡された注射を恭子は躊躇なく友彦に打ちます。

曇っていた友彦の酸素マスクは
みるみる透明になりもう曇る事はありませんでした。

恭子は焼却炉と思しき扉を開け
その中へ友彦を滑らすように入れ
焼却と書いてあるスイッチを押します。
恭子は終始一貫流れるような動作で全ての行為を終わらせました。

????何が起こったのだろうと思い観続けていると
陽光学苑という寄宿学校で過ごす子供達の様子が流れます。
そこで起きる出来事に対し私は違和感を覚えました。

しかしそれらの出来事は布石として打たれた事が後でわかります。

その学苑は恭子や友彦が育った学び舎でした。



結論から言います。

そこはクローン人間を健康に育てる場所であり
彼らは病んだ人間に対し臓器を提供する為
段階的な行程を経ている途上でした。

彼らは普通の子供ではなかったのです。
特別な使命を持ちそれを遂行するために
必要な知識と何よりも望まれる人格を身につけるべく
教育を施されていました。

クローンの施設の中にあって陽光学苑は特別な存在でした。

陽光学苑は長い時間をかけ検討を重ね最善と目される
カリキュラムを作り出し細心の注意をはらいながら
子供達を教育していたのです。

陽光で育った子供たちは学苑を出た後
3年間は提供を免れる特権を持ちます。
それは陽光の卒業生が知的で従順で
自分の置かれた立場に理解があり
良い介護人、提供者になるという実績があるからなのです。

少しでも提供を先に延ばしてやりたいという想いがあったのです。

なぜかと言いますとこの時点では明かしてはいませんが
校長自身がクローンであったからなのでしょう‥

観ていると気持ちが落ち込むというか‥暗くなると言うか‥
重すぎると言うか‥何とも言えない気持ちになりました。

一体何なんだこれは‥
ドラマの中ではあるのですがあってはならない事が起きている
そう思うと悍ましさと倫理観の無さを覚え辛かったです。

提供、解体、空っぽ、介護人、猶予‥そして‥かれらは天使‥‥



どこまで行っても使命は必ず遂行されます。
臓器提供は一回、二回、三回‥‥
普通は三回‥たまに4回という強者もいる‥でもそれで終了。

友彦は4回の提供で空っぽとなり介護人だった恭子が
任務として行ったのが焼却炉へ友彦入れるという行為だったのです
介護人は同じクローンの中から選ばれます。



まるで戦争中の赤紙が来るように
ある日突然提供と言う使命の赤紙が若い彼らに必ず届きます。

彼らは人間の為に施す臓器のストック的存在‥
短い命‥限られた命にされ中年まで生きた者はいないのです。

人間は牛、豚、鳥の命をもらって自分の糧とします。
彼らはそれと同じような位置づけなのでしょう‥
人間からはぞんざいに扱われます。

彼らは置かれた中で精一杯生きようと
悩み苦しみ時には快楽にふけり
提供の瞬間を迎えるしっかりとした覚悟を得ようと心を整えます。

少なくも彼らは擦れもせずに育ち
自分の置かれた立場を充分に理解し
その時を比較的冷静に迎えているようでした。

観ていて生きるってなんだろう?と思いました。
どのみち命というのは理由は千差万別いつかは消えます。

彼らのような事は絶対にあってはならない事ですが
制約された環境で凝縮された時間の中を
覚悟を決め健気に生きる様は
Xデーがいつかわからず生きている私のような人間にも
覚悟という二文字を意識させてくれました。

彼らの持つ荷物の少なさが全てを物語っていました。

絶望的で救いのないドラマだと思っていましたが
生きる事の意味という普段考えないような事が頭を擡げました。

観て良かったと想います。深くて太い作品でした。
一回観たら忘れることは出来ないと想います。


保科恭子を演じる主演綾瀬はるかさんは
俯瞰して生きる恭子の姿勢を良く表していて
普通ならば感情が間欠泉のように吹き出るような場面でも
自分を律し深く広く捉える様は覚悟の権化のようで
言うなればそれは菩薩の様でした。
綾瀬さんの透明感のある雰囲気が恭子に纏わる事情の深刻さを
より強く感じる呼び水になっていたようです。

三浦春馬さんは
クローンを隔離し健康に育てる陽光学苑という施設内で
世間に揉まれずに育ち感性が子供のままの土井友彦役を
誇張もなくごくごく自然に演っていらっしゃいました。
濁りのないきれいな瞳を輝かせ提供前の一時を世間にふれ生活します。
しかしその瞳の輝きがだんだんと無くなっていく様が
観ていて本当に辛かったです。

水川あさみさんは陽光学苑の子どもたちの中でも少し大人びていて
子供特有のドライな残酷さを持つ酒井美和の役でした。
この美和には正直途中観ていて腹が立ちました。
気分が悪くなるほどで嫌になりました。
それは水川さんが美和になりきっていたからなのでしょう。
しかし考えたら無理もないことです。
強そうに見えて弱い美和は恭子に依存していたのです。
仲の良かった恭子と友彦を無理やり引き剥がしたのも
恭子を友彦に取られたくなかったからだと告白し恭子に謝ります。
美和は自分の介護人に恭子を指名し最後の提供の時を迎えます。
手術室に運ばれるストレッチャーの上から
美和は恭子に訴えるのです「わたしをはなさないで!!」と‥


それにしても人間の飽くなき欲望から生じる
自然の摂理に反する行為はもうやめにしませんかと言いたいです。

クローン技術‥この先どうなっていくのだろう‥怖いです。



【新品】わたしを離さないで 早川書房 カズオ・イシグロ/著 土屋政雄/訳
【新品】わたしを離さないで 早川書房 カズオ・イシグロ/著 土屋政雄/訳



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村






mixiチェック
wxy812 at 10:07|PermalinkComments(0)

2020年11月06日

「天国と地獄~サイコな2人~」日曜劇場!1月から




母の事もありちょっとここの所沈みがちな心が
一瞬軽く踊るような出来事がありました。

来年1月からのTBS日曜劇場「天国と地獄~サイコな2人~」に
初の刑事役で綾瀬はるかさん
サイコパスな殺人鬼に高橋一生さんの出演が決定したそうです。
(因みに一生さんは過去に殺人犯役はありましたが
サイコパスな殺人鬼となると相棒saeson4の4話「密やかな連続殺人」
5話「悪魔の囁き」の片耳ピアス事件の安西直太朗役があります。)

脚本は森下佳子さんです。

綾瀬はるかさんは森下さんの脚本において常連ですよね。
「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」「JIN-仁1」「JIN-仁2」
「私を離さないで」「義母と娘のブルース」に出演なさっています。

高橋一生さんは「おんな城主 直虎」
「今だから新作ドラマ作ってみましたー転・コウ・生」
でお世話になりました。

今回のドラマの内容はとっても興味深いもので
綾瀬さん演じる努力家で正義感が強く融通の利かない女刑事と
一生さん演じるサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるという
所謂入れ替わりものなのですが
単に男女や親と子の入れ替わりとは違うようです。

人間が併せ持つ善と悪という観念の両極端の世界を
女刑事と男の犯人が体験することで
相手の行動や心理がわかってくるという深い内容のようです。

DSCF0423


本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだったという
鹿児島の奄美大島に伝わる
「月と太陽の伝説」がモチーフのようです。

他の出演者は柄本佑さん、北村一輝さんです!

一生さん推しにとって暮れに放送される「岸辺露伴は動かない」
か・ら・のー「天国と地獄~サイコな2人~」ということで
テンションアップの年末年始になりそう






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村



mixiチェック
wxy812 at 11:16|PermalinkComments(0)

2020年05月14日

転・コウ・生!面白い!

5月8日(金)にNHKで放送され
録画してあったテレワークドラマ
第3夜「転・コウ・生」を先程楽しく観ました。

キャストは柴咲コウさん、ムロツヨシさん、高橋一生さん
猫のノエルさんの3人+ネコ一匹です。
そして脚本が直虎の森下佳子さんです。



新型コロナウイルス達が中国の武漢から
日本へそして世界中の国々へと侵入してからというもの
人々の日常の流れは滞るようになってしまいました。

三密を避けるということは劇場での観劇はもちろん
映画館での鑑賞もままならないわけですから
役者さんにとっても重大なる影響を及ぼしました。

ましてや沢山のスタッフを伴っての映画、ドラマ等の
撮影からして出来ない状況なのです。
ですから役者さんは自粛というより
自宅待機の状態で居るしかないわけです。

だからこそNHKはお互い接触すること無く
打ち合わせリハーサル、本番収録等も直接会うこと無く
メイク、衣装、小道具等の準備から
機材のセッティングRECボタンの操作まで役者さんがこなすという
今だからというドラマをつくったわけです。

ドラマを観て柴咲コウさんムロツヨシさん高橋一生さん
猫のノエルさんの魂が入れ替わるということでまず思ったのは
「転・コウ・生」は大林宣彦監督の
「転校生」のオマージュ?ということです。

転校生
                                                        (C)東宝     映画「転校生」

コロナ自粛で自宅で待機している柴咲コウさんは
「皆さんどうしているかな?」
と想いを巡らしながらムロツヨシさんへの届け物を
今送るという行為は不要不急なのかどうか戸惑っていると‥
あららら?
魂が??気がつくと柴咲コウさんとムロツヨシさんが
入れ替わってしまいます。
ドタバタしていると猫のノエルが!!高橋一生さんと
入れ替わっているじゃないですか!

これは不条理の物語です‥

で、森下佳子さんの脚本ですもの‥

猫のノエルに入れ替わった「イッセイ」さんが
コウさんに入れ替わった「むろ」さんに
「殿、どうもご無沙汰しております」とサラリと挨拶し
一生さんに入れ替わったシバサキコウさんが
「今日ね、月がとってもきれい」とか言いながら
月夜を皆で見上げるのです‥

一生さん直虎15

直虎を彷彿とさせる台詞を魂入れ替わりの最中に言わせるわけです。

直虎ファンとしてはもうたまらないわけですよ

リモートとはいえ3人の呼吸の熟れ感は「おんな城主直虎」という
ゆかりがあるからこそでしょうね。

しかも、この「転・コウ・生」の放送日が
素晴らしかったフラワームーンの翌日でした。
5月8日の月も負けず劣らず素敵でした。
このタイミングを合わせたのかしら?と思わざるを得ないです。

結局3人+猫一匹の魂は予告もなく縦横無尽に
入れ替わって行くのです。
魂は急に体と環境が変わるのであたふたするのですが

そのうち冷静さをとりもどしつつ
こうなれば臨機応変、その場で直面したことに臨み
適切に処置しながら対応するしかないという意識が芽生えます。

そうですよねえ‥

コロナ前、コロナ後では世界が違いますもの。

私達はすでにコロナ前のようには生きてはいけません。

だったら柔軟な姿勢で変化の中をケロリと生きる力が必要です。
心にも体にも免疫力をつけなければ生き抜く事は出来ません。

そして‥‥
一生さんに入れ替わった「むろ」さんはカフカの『変身』の芝居を
ムロさんに入れ替わった「イッセイ」さんはライブ配信のお仕事を
ノエルに入れ替わった柴咲コウさんは
「のえる」になってソファーでゴロゴロといろいろ想う‥

不条理な中をあすの風を待ちながら‥今日を生きています。

転とは変化です。コウさんはその変化の中を生きるわけです。

だから「転・コウ・生」‥

なるほど‥



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

















mixiチェック
wxy812 at 16:32|PermalinkComments(0)