民王

2022年10月25日

高橋一生さんの第1部、第2部、第3部‥

現在の高橋一生さんは仕込み時と思われます。

俳優さんと言えども仕事以外は私生活であります。
英気を養う事はお仕事への充実に繋がりますので
静かにお待ちする所存でございます。

現在2020、’21に続き、’22.12月放送予定の
「岸辺露伴は動かない」の報告を最後に
一生さんのその後の動向が全く見えて来ない状況が続いています。



そんな中、CMでバッタリ出会った時は
感謝感激雨あられという気持ちの昂りを覚える昨今です



ふと、今までの一生さんのお仕事の歴史を思い浮かべ
その変遷に想いを馳せました。

一生さんの俳優生活の第1部を
子役の作品全てをひっくるめて子役時代とするならば
「耳をすませば」の天沢聖司の声を担当した時点が
第2部の始まりであると想うのです。

そして、この第2部は一生さんにとって
世にいう修行の時代だったような気がします。

ご自身の芝居へのスタンスは変わらずとも
一生さん自身の年齢の重ね方と、受け取る側の鷹揚さが一致した時
いきなり第3部へとなだれ込んだように記憶します。

そして第3部は「民王」といきたいところですが
私は「モザイクジャパン」といきたいです。



あの辺りから何かが変わったような気します。
それが「おんな城主直虎」の、政次へと繋がります。

int20
                NHK おんな城主直虎

一生さんの芝居が変わったのではなく
一生さんを観ていた観客が
一生さんの存在に気がつくと同時に
奥行きの深い芝居に気がついたのでしょうね‥

で、第1,2,3部と続きましたが
私はすでに、第4部は「岸辺露伴は動かない」から始まっているのかな?
とも想うのですが‥どうでしょうか‥

次はどんな一生さんが観られるんだろう
楽しみにお待ちしております。





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 22:29|PermalinkComments(0)

2021年02月20日

ギャラクシー賞1月度月間賞に「岸辺露伴は動かない」!



昨年末12月28、29、30日の連続3夜
NHK総合テレビで放送された「岸辺露伴は動かない」が
ギャラクシー賞のテレビ部門2021年1月度月間賞を受賞しました。
おめでとうございます嬉しいです!

選定理由として
「独特な美意識に貫かれた、奇想天外な原作の世界観を
こだわり抜かれた美術と演出で見事に再現。
小林靖子による脚本も原作のエッセンスを的確に抽出していた。
主演の高橋一生を筆頭に役者陣もハマリ役ばかり。
中でも森山未來は、その身体能力を最大限に生かし
違和感丸出しのキャラクターを見事に演じていた。」
という正に芯を貫いた超的確な批評でした。

DSCF0873
             テレビとラジオの批評誌GALACぎゃらく

高橋一生さんは第55回ギャラクシー賞(2017年4月1日~2018年~3月31日)
テレビ部門・個人賞を受賞した事があります。
このときの批評は
「大河ドラマ『おんな城主直虎』
朝ドラ『わろてんか』月9『民衆の敵』と
それぞれ個性的かつ歴史あるドラマの枠組みの作品で
物語の要となる重要な役柄を魅力的に演じました。

一生さん直虎44
 NHK大河ドラマ おんな城主直虎

『直虎』では本心を隠して影から主人公を支え続けるキャラクターを
巧みに演じ、物語の前半を牽引。
特にわずかな表情の変化で心情を伝える繊細な演技は見事でした。
また、磔にされ心臓を槍で突かれながらも最期まで“演技”をし続けた
処刑シーンも強く印象に残ります。『わろてんか』では
柔らかな物腰と芯の強さを兼ね備えた紳士役を好演し

一生さんわろてんか伊能栞13
 NHK朝のテレビ小説 わろてんか

一方『民衆の敵』ではヒロインの敵なのか味方なのか
最後までわからないグレーな役どころでドラマに陰影を与えました。
どの作品でも、彼が演じたキャラクターが
物語に色気を加えていたのも印象的です。

images (90)
                フジテレビ  民衆の敵
  
演技だけにとどまらず、CMでは10变化のコスプレや
キレのいいヲタ芸なども披露。多彩な魅力でテレビ界に
新風を吹き込んだ実績を称します。」というものでした。

ちなみに『カルテット』は第54回ギャラクシー賞で優秀賞でした。
 
一生さん氷結CM (3)
                キリン氷結CM              
遡ってみると一生さんにとって2015年の「民王」あたりから
あら?って視聴者の認識の扉に割と強くノックをしたのかな?と
思うふしがあります。
それまでも充実した仕事をこなす俳優であり
魅力的なお芝居もしてきました。
当時から一生さん推しの方々は大勢いらっしゃるようでした。

それがここ4~5年は川で言うならば急流にさしかかり
流れの速度にこちらが追いつかない位です。
もうちょっと余韻を楽しみたい気持ちはありますが
ウキウキして楽しい時間を過ごすことに問題はありませんので
一緒に流れる事にします。

ドラマや舞台で一生さんは役の人物になります。
私はその人物に興味を持ち夢中になってしまいます。
やめられません。あと何人の人物に夢中になるのだろ。

たのすぃ~です


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村





mixiチェック
wxy812 at 12:04|PermalinkComments(0)

2020年07月11日

草刈正雄さんてすごい‥改めて想います

草刈正雄さんの存在を私自身が意識しましたのは
中学生の頃、資生堂のMG5のCMを観てからだと思います。

年数にしますと50年前の事なんですよねえ‥

その頃資生堂のモデルさんとしては
団次郎さんや前田美波里さんが華々しく活躍していたと想います‥

TVCMは勿論のことですが
当時はポスターがとっても印象的でしたし
母が資生堂化粧品の愛用者でしたので
販売店で頂く「花椿」という企業PR誌を
観るのが楽しみでした。

81ObkygagsL._AC_SX569_


草刈正雄さんはモデルは勿論
その後俳優としてドラマでも活躍されていたのは知っていましたが
正直ファンというわけではなかったので
特に気に掛けていたわけではなく
たまたま観たTVにご出演の姿を拝見する程度でした。

しかし、あの「草刈り機まさお」のCMを観た瞬間
少なからず驚かれた方はたくさんいたと思います。
あれは私の年齢に近い方に限るのかもしれませんが
インパクトがありました。

EdVNNpSUwAAEri7


久しぶりに草刈正雄さんの存在を強く意識しました。
それからというもの私の眼に草刈さんのお姿が頻繁に
眼に止まるようになってきました。
気に掛けるという事ってこういうことなんですね。

「民王」では総理大臣武藤泰山(遠藤憲一)と
敵対する憲民党の蔵本志郎の役がとってもコミカルで良かったです。
「美の壺」も見ていますし、瀬戸康史さん主演の「ブシメシ」も
楽しく拝見していました。
                
そしてなんと言いましても2016年の大河ドラマ
「真田丸」に私はどっぷりと嵌ってしまいました。
真田信繁、後の真田幸村の父真田昌幸の役が草刈正雄さんでした。

一年間を通し観る事になったわけですが
まあ、草刈正雄さんの俳優としての存在を改めて再認識といいますか
えっ!!?草刈さんてこんなに味のある役者さんなわけ!?と
ご本人が長年培ってきた役者としてのご経験も
ろくに注目もせずに過ごしていましたので本当に驚きました。

                
「真田丸」での存在感自体が半端ではなく
真田昌幸が間違いなくそこに居ました。
その存在が安定感を生みドラマへの期待を増大させたように想います。
穴のあくほど芝居を見せていただきました。
ただ残念なのは滑舌があまりよろしくない所があるのです。
でもまあそれも草刈さんの味わいと言えなくもないのかなぁ‥

モデルの頃の草刈さんの時代からタイムスリップして
「真田丸」の現場に急に降り立ち
想像を越える厚みと深さを増された佇まいを
目の当たりにしてしまったような感じでした。

お仕事自体はコンスタントに熟して来られたようですが
草刈さんの印象は見かけは言うまでもありませんが
意外にもお人柄は朴訥で人より前へ出たがる方では無いようですし
大変に失礼ですが決して器用で小回りがきくようには見えません。

その事が却って功を奏したと思われます。
あっという間に食べられてしまう即席漬けとは違い
じっくりおいて発酵し、しかも少し酸っぱみが加わった
美味しいお漬物みたいになられて(失礼)本当に良かったです。

私生活においては息子さんを不慮の事故で亡くされたり
ご活躍の娘さんのご心配をされたりと色々お有りのようですが
素敵な歳のとられ方をなさっていて素晴らしいと想います。

次の作品を楽しみにしております。

no title



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村




mixiチェック
wxy812 at 11:22|PermalinkComments(0)