満島ひかり

2020年04月05日

坂元裕二朗読劇2020は公演中止となりました



ああ!なんてことなんでしょう!
あんなに楽しみにしていた坂元裕二朗読劇が中止です。
やっぱりって思いますが
3月の公式ホームページ先行抽選で当選して大喜びした時点では
まだ一ヶ月近く先の公演日でしたので
コロナウイルスもなんとかなるのではと
ささやかな希望を抱いていました。

ああ本日とうとう中止と決定致しました。

がっかりはしていますがこのご時世です十分納得はしています。

役者さんも観客も安全であるべきです。

以前このブログにも書きましたが
高橋一生さんの「不帰の初恋、海老名SA」等の
坂元裕二朗読劇を夢にみていた私は
満島ひかりさんと森岡龍さんの朗読劇「不帰の初恋、海老名SA」が
海老名で開催されることを知り昨年3月29日に観に行きました。
あれから正に一年です。
もちろんあの時もとっても満足でしたが

あれを一生さんと酒井若菜さんで楽しみたかったのです。




念願が叶う一歩手前でしたが
未曾有に近い出来事が勃発してしまいました。

また落ち着いた時間が流れるようになり
朗読劇の開催が決定しました折には
再びチケット争奪戦に参戦する所存です。

ただしその時私が生きていればの話です。

当たり前なんて無いですよね。

何が起こるかわからない一日一日を命があればこそ
有り難く臨機応変に生き抜く事が大事ですね。






にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 20:58|PermalinkComments(0)

2020年03月19日

NHK朝のテレビ小説に思うこと



NHK朝のテレビ小説「スカーレット」もあと1週間ちょっとで
終了してしまいますねえ‥
半年ってあっと言う間ですね。
スカーレットの役者さんが最高でしたし
脚本がとっても良かったです。

歴代の朝ドラをコンスタントに観ていたわけではないのですが
2011年の「おひさま」から現在の「スカーレット」までは
怠り無くずっと続けて観ています。

きっかけは「おひさま」の舞台が
母の里、長野県の松本と安曇野だったからです。
予告を見て楽しみにしていた「おひさま」ですが
あの東日本大震災で開始が遅れたという記憶が
昨日の事のように思い出されます。

また高橋一生さんが満島ひかりさん演じる育子の
初恋の人上原秀雄役ということで出演したのも忘れられません。

東京大空襲で育子を助けたために重症を負ってしまい
育子に「恋したんです」と告白し亡くなってしまう
医学生の役でした。
たった2話だけの出演でしたが
私にとって「感謝感激雨あられ」でした。


そして2017年の「わろてんか」はいわずもがな
高橋一生さん演じる伊能栞を思い出すと
松たか子さんが歌う主題歌「明日はどこから」が自動的に
私の頭を駆け巡ります。はぁ~栞様ぁー!

DSCF6176

小学生の夏休みにも朝ドラの思い出があります。

夏休みは母の松本の実家へ必ず逗留していました。
祖母と祖父が私達がまだ寝ている間に
お蚕さん用の桑の葉を摘んで
お蚕部屋の棚へ敷き詰めるという作業を終えた後
皆で朝食を摂るという決まりになっていました。

祖母が観ていた一番古い朝ドラの記憶が
NHK朝のテレビ小説「うず潮」だったと想います。

その後、夏休みで松本へ逗留するたび
朝の食卓は「おはなはん」その次は「旅路」と続き
「びっくりしたずら‥」「へっ!たまげたなぁー」などと
祖母はドラマを観ながら信州なまりで色々感想を述べていました。
明治生まれの祖父母の記憶が蘇ります。

そして1993年前期の「ええにょぼ」は
登校拒否気味の長男と観ていた記憶があり
思い出しますとなんとなく胸がジワッと縮むような感覚になります。
小学校の低学年の頃でしたが長男は私と同等に観ていました。
毎日の事なので今日見たら明日が気になりますものね。


「おかあさーん!はじまったよ!」という長男の声が蘇ります。
いろいろありましたが
長男は結婚いたしまして小学生の男の子の父親になっとります。

朝のテレビ小説は見始めますと朝のリズムの中に
朝ドラが組み込まれ明日に繋がり
いつの間にか糧になっていたりします。

私は結構観ていた方かなぁ?

でも日本に居住していれば
どこかで朝ドラとの縁があるかもしれませんよね。

そうだ!日本だけじゃないです!
昔シンガポールを旅した時テレビをつけると
「おしん」が放送されていてびっくりしました。
海外でも放送されていますよね。

昔の作品を思い返してみますと
その頃の生活の様子も同時に思い出されます。
月曜から土曜日の朝8:00~8:15
午後12時45分~13:00まで放送ですし
最近はBSプレミアムでも放送されています。

自分の生活のリズムに合わせて観る事が出来ます。

老母などは心の糧のようにもなっている様子が見て取れます。
明日も観られると思うから今日観るという心情のようです。
一週間先でなく明日も続きが観られるという即行性の積み重ねが
生活のリズムを導いてくれているような気がします。

明日も観られるかな‥観られるという事は
この上無く幸せなことですよね‥つくづく思います。




にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村











mixiチェック
wxy812 at 21:34|PermalinkComments(0)

2019年12月27日

カルテットをBS-TBSで!お正月に観ましょう!



2017年1月期にTBSで放送されたドラマ
カルテット全10話が
2020年1月2日、3日、4日、5日の午後1時から
BS-TBSでガッツリ放送されます


ご存知脚本は坂元裕二さんキャストは
松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さん他

1月2日は第1,2話、3日は3,4,5話
4日は6,7,8話、5日は9,10話です
高です
やっぱりカルテットは
寒い時季に観るといいです


ある日偶然 カラオケ店で出会った30代の男二人女二人の男女4人
しかもこの4人は全て演奏者という2重の偶然が‥‥

そしてなんとこの4人がなぜか軽井沢の別荘で
共同生活をすることになるのです

冬の軽井沢で男女4人が繰り広げる
切なく苦しく愛しく狡くそして不器用な物語です

一回観てしまうとまた観たくなるドラマです。

一回目では気がつかなかった伏線に気がついたり
坂元さんが紡ぐ言葉の持つ優しさに気がついたり

ひとつの飴ですがコロコロ変化する変わり飴のように
刹那的変化を遂げる人の心の様子に驚いたり

気がつくと中毒のようになっていて一定期間経ちますと
どうしても又観たくなります。

何よりも登場人物達が己の動き廻る心と
折り合いをつけようとする過程にもどかしさを感じます。
しかも人は折り合いをつけたと思っても又すぐに同じ道へ入り込み
辛さを再び味わう不器用な生き物であることを
この物語を観ていて理解できました。
そんな人間だからこそ他者の気持ちをより強く察知する
感覚が発達していくのでしょうね。

だからこそますます生きる事に不器用になるのかもしれません。

それでも意外に人間はめげないものです。
悲しくても泣きながら食べて人と会話をすることができれば
目の前に続く凸凹道をなんとか歩んでいけるのだという事を
示してくれるドラマです。








にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村










mixiチェック
wxy812 at 08:59|PermalinkComments(0)