知らぬ顔の半兵衛

2021年04月14日

びっくりだけど、よくあること‥

幼い頃から今まで
しっかりと、目標に向かってまっすぐ生きる
そんな姿勢は私には皆無でした。

私の両親が営んでいた家庭は決して裕福とは言えませんが
私は物品に恵まれた長閑な環境だと感じていました。
その上親族が多くお小遣いもたっぷりいただいていて
今から想いますと「貧嬢ちゃま」状態だったと想います。

自分の人生はこの状態のままずっと続いて行くのだろうという
どこからくるのかわからない確信に満ちた感覚がありました。
浅はかな思い込みが成立した状態で今まで生きてきました。

DSCF3333

なぜそんな風になってしまったのか?
今思いますと自分でも意外な気がするのですが
両親との関係が希薄だったような気がするのです。

両親の背中が見当たらないというか‥
両親の言葉も見当たない‥のです?
母から教わった料理はありません。

私にとっては居心地の良い空間だと思っていたのですが
ある意味野放しの状態でいたような気もします。

好きな漫画や小説を読みふけり
好きなグループサウンズを追いかけ
目の前に有る楽しいことばかりに現を抜かしていました。

生きる指針はどこかにあったはずだとは思うのですが
気づく事は無くまるで張りぼて人間のようだと思います。

だからって親のせいだとは言いませんが一因はあると思います。

それなりの年齢に達すればこのままではいけないと
気がつくのが通常だと思うのですが
私はそのまま一貫性がなく行きあたりばったり生きてきました。
まるで浮草のようだなと今では感じています。

DSCF3550


夫が亡くなった後、居住中であった夫の実家を夫の姉、弟に追われ
同居していた夫の両親は老人施設へ入れられ
時を経ずあっという間に相次いで亡くなりました。
私が心の平安を選んだ結果の出来事でした。

ちょうどその頃実家で一人暮らしの私の母が健康を害します。
実弟夫婦が知らぬ顔の半兵衛を決め込んだため
結局私が母の看病をすることになりました。
検査のため脳神経外科への通院が続き
薬の微妙な調整に長いこと時間がかかりました。

そして間も無く母は息苦しさで歩くことさえ困難になるのです。
心房細動とやらで結局ペースメーカーを植え込むことになります。

ごく自然な流れで私は実家に住むことになります。

あれから丸十年経ちました。

私は現在もそのまま90歳になる母の介護をしています。

ところが‥一貫して実家には戻らないと宣っていた半兵衛夫婦が
なななんと!一作年の5月にいきなり実家への引っ越し宣言をし
自分たちの都合オンリーでこの実家へ越して来るという寝耳に水
窓から槍の様な暴挙に出たのです。

しかも5月に救急搬送され一ヶ月半の入院を終えた母が
ようやく7月半ばに退院できた翌日が引っ越し日だったのです。

酷暑の中弟夫婦のために実家の荷物を私一人に移動させる
弟の私に対する非道さを考えると目眩がしたものです。

DSCF3368


あれから1年半どうにかこうにか
私は入退院を繰り返す母を在宅介護というかたちで看てきました。

義妹も母の入院、心臓弁膜症のカテーテル治療においては
フルタイム勤務の傍ら充分に寄り添ってくれました。

ところが今度はその義妹の状態が最悪とも言っていいくらいの
婦人科系の癌ということなのです。

今年は難病指定である大腿骨の病を持つ弟の手術の予定もあり
今この家は揺れています。

そして‥私はどう流れるのか‥‥
私は一白水星なので水だから流れるのね‥





にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 15:44|PermalinkComments(0)