高橋一生

2021年09月12日

朝、窓を開けると金木犀の香りが‥

昨日、今日と湿度の高い日が続きます。

今日の朝窓を開けると仄かな香りに気がつきました。
金木犀の香りが、今年もどこからともなく漂ってきました。

昨日は感じませんでしたが今日は「あっ!」っと想いました。

季節の移り変わりを香りで感じる事のできる筆頭は
「金木犀」だと想います。

「沈丁花」「くちなし」等もありますが
街全体を境目無く包み込む香りの広がりを有するのは
私の住む狭い範囲の関東地区限定として言うならば
「金木犀」以外に思い当たりません。

そう想いつつ朝刊を広げ真っ先に本日の「天声人語」を読めば
おお!ここでも「金木犀」が主役となっておりました。
とても興味深く楽しく読みました。

KIF_0837

「金木犀」の香りというのは
こんなにも人が想いを巡らすようなエネルギーを有するのかと
つくづく感じ入りました。

香りというのは妙な具合に、自己の記憶の奥底から
忘れかけていた映像をフッと脳裏に浮かび上がらせる力があります。

私の場合を例えれば‥小学生の頃通っていた塾の教室に漂っていた
男性教師愛用のポマードと同じ匂いに遭遇すると
たちまちあの頃の塾の教室の様子と
塾通いに気乗りしない自分自身の心の有様までが去来し
胸のあたりに靄がかかったような状態になります。

匂いの記憶には視覚の時にはない
その場の具体的な様子と付随する心情までが
当時のまま、なまなましく蘇るような‥
そんな不思議な力があるような気がします。

『視覚の情報は意外と改ざんされてしまうけれど
臭覚は違う気がするんです。
匂いを嗅いだ瞬間その時の出来事が蘇ってくる。
桜もそうだし、秋なら金木犀もそう。』という
記憶が曖昧になってしまった病床のお祖母様が
持参した桜の花の匂いで記憶が蘇ったという
以前拝読しました高橋一生さんの誌面記事が過りました。

霧雨舞う初秋の日のほんの一時の想い巡り‥でした。







にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 21:56|PermalinkComments(0)

2021年08月29日

アルフォートと美しい日本に出会う旅と‥

母の白内障手術を終えほっとしたのもつかの間
翌日も翌々日も術後の診察通院が続きます。

息をするとむせっ返るような蒸し暑い日の、しかも昼下がり‥
車の運転をしない私は母を乗せた車椅子を押しながら
何で今なんかなぁ‥とボンヤリと想いながら眼科を目指します。
もう汗びっしょりです‥ふと、体力もつんか?なんて思ったりします。
ハハハッ!どうなるのかわかりませんが最近太り気味ですがな‥

そんな最中、推しの供給がやってきました

あの、「ブルボン」のアルフォートのCMが一生さんへ巡ってきました




オオーーと想いました。
2019年のテレビ朝日系ドラマ「東京独身男子」の撮影時
差し入れとしてスタッフの皆さん全員にいき渡るようにと
一生さんが両手いっぱいに抱えるように持ってきた
定番の菓子の中に「アルフォート」があったそうです。
女性ADなどは狂喜乱舞して喜んだそうです。

この何気ない一生さんの振る舞いを「ブルボン」さんが
リサーチしたのかしらそれとも‥企業内にイセクラさんが?
まあ、どちらにしましても流石でございます

9月から流れるCMが楽しみです。

そしてそして、なんとBS・TBS「美しい日本に出会う旅」の
旅の案内人・語りを務めるお三方
高橋一生さん、井上芳雄さん、瀬戸康史さんの三人旅の模様が
来たる10月2日に待ち望まれた放送の実現を果たします
これまではそれぞれ、お一方の旅の放送の回はありましたが
今回のような三人旅は初めてです。夢のようですね



嘗て井上芳雄さんと瀬戸康史さんはドラマの中で
一生さんの弟役でした。

2017年NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」において井上芳雄さんは
井伊家筆頭家老・井伊政直の次男小野玄蕃役でした。
一生さん演じる政直の嫡男小野政次が
唯一本音をもらすことの出来るのが弟の玄蕃でした。
(井上さんは一生さんよりおひとつ上です)

0d40a5e4a645fc6b96e767d64ac0878e
           NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」より

そして2015年公演の舞台白井晃演出「マーキュリー・ファー」は
極限状態に置かれた兄弟の叶えられない生と愛の渇望を
切なく美しく狂おしく描いた作品ですが
兄のエリオット役が高橋一生さん
弟のダレン役が瀬戸康史さんでした。

n3xuv_6D
          「マーキュリー・ファー」舞台写真 エンタ・ステージより

茹だるような暑さも忘れるほどの嬉しいお知らせでした





にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村





mixiチェック
wxy812 at 00:07|PermalinkComments(0)

2021年06月22日

推し活停滞期‥

「ああ‥」と出るため息は‥悔しさ、諦め、悲しさが入り交じり
ぽっかりと穴の空いた心の切ない叫びとも言えます。

夫が亡くなった時、親族との葛藤が生じた時
母の手術、入退院が続いた時、降って湧いたような
実弟夫婦の「突入同居」の時‥‥

なんとか乗り越えて来られたのは
高橋一生さんという俳優の存在があったからです。

「推し」である一生さんから発信される
明日へ続くワクワクの予感があったからこそ
深く落ち込む事なく過ごしてこられたと言っても
決して過言ではありません。


DSCF1203


「推し」という言葉に未だになじまない私ですが
かといって、「ファン」という言葉では済まされないのも確かです。

今回は「フェイクスピア」を観ることが出来ず
その上「るろうに剣心」も無理かなぁ‥‥という事態に‥

目一杯の介護時間の上に
今回は眼科治療(もしかしたら手術)‥
ペースメーカー入れ替え等の日程調整と説明
入院、心臓植え込みデバイス手術が加わりつつあります。

特に眼科は在宅診療は出来ませんので
本人が直接通院しなければならないので難儀です。
タクシーの配車を頼み、歩行器や杖を駆使しなんとかたどり着き
診察後、再びタクシーの配車を頼み帰宅となります。

改めて在宅介護という生活は程度の差こそあれ
介護をする側にとっては必然的に行動の自由が制限されますし
時間の拘束は計り知れません。

昨年秋から今年初旬にかけての大波からやっと脱し
漸くさざなみに近くなったと思ったら
再び大波に飲まれる寸前です。

その上高齢の母の移動に際し、コロナ感染には相当気を使います。
私は7月に2回のコロナの予防接種を予約していますが
母は在宅でお願いしていますのでまだまだ先になりそうです。

もし私にワクチン接種の副作用が出てしまったら
どうなるんだろう?など不安もつきまといます。

どんな事があっても平常心で過ごしたいものですが
ここしばらくの状況下で心を右往左往させてしまいがちです。

そりゃ、ため息も出てしまいます‥

E1lOkp1VoAAIVuX
                  氷結 CM

頻繁に流れる一生さんのCMが一服の清涼剤ってところです

E3jGw1jUUAIaQNx
                                    AmazonPrimeVideo CM

そして‥小さな楽しみは‥一杯?二杯?のこれですかねぇ

DSCF1229

このスーパードライAsahi生ジョッキ缶は店に並んですぐに
売り切れ状態となっていました。

開けるとモコモコと泡が盛り上がってきます。

わぁー!って感じで気分が盛り上がります。

私って単純でもあるのよね





にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村




mixiチェック
wxy812 at 21:33|PermalinkComments(0)