高橋一生

2022年08月06日

「名前をなくした女神」を久しぶりに観て‥



「名前をなくした女神」は現在PM2:45~
フジテレビで再放送されていますね‥
録画は持っていますが、時間が空いていましたので
やはり観てしまいました。

2011年の 4月期のドラマでした。
私が実家に戻る最中のバタバタした頃ではありましたが
一生さんの出演と言う事もあり観ていました。

今回再び観て感じたことは‥
忘れていた辛い嵐が再度、到来してしまったかのような
なんとも言えない切ない気持ちになってしまいました‥

特に母親は子供を産んだ直後から、子供を通して
同様の生活形態の人々と接触する機会が多くなります。

最初は妊婦の不安や疑問に答える公共機関が働きかける集まりや
産院や病院の産婦人科からの出産に対する心得に対する集まりなど
今まで全く無縁だった人々と
たまたま同時期に妊娠したという縁だけで
同じ場所に集う事になります。

そして無事出産し、しばらく経ちますと
公園デビューとか言われる機会が訪れます。

このあたりから「なになにちゃんママ」などと
公園で知り合ったお母さん同士が呼び合います。
いわゆるママ友としてのお付き合いが始まるのです。

あくまでも子供の母親という立場がメインで
ひとりの人間としてのお付き合いは二の次です。

「なになにちゃんママ」はその後、幼稚園や保育園
小学校あたりまで10年近く続く事になります。

それぞれの親御さんは子供達を世に送り出す頃には
それこそ百戦錬磨の実力がつく位の波風の中を過ごすことになります。

ドラマで描かれている事は強調してあり
観ていると「凄いなぁ‥」「えっ!こんなことってあるの!!」
などと思いながら観るのですが‥

私自身の事と、当時見聞きしたことを思い返してみますと
すっかり忘れていたのですが‥
事実は小説よりも奇なりで、実はそれなりに
凄い事が巻き起こっていましたねえ‥

PTAの役員決めの最中
仲良しグループが一緒でないと絶対嫌だと言って泣き叫んだり

多数の父兄に寸借詐欺を繰り返す母親がいたり

食事会を開く事が好きな母親がいまして
その方が招く人招かない人で険悪なムードになったりと

今思い返しても、なかなか難儀な現実の中で
子供を介してのお付き合いが存在していました。

思い出しますとここに書くことがためらわれる逸話も複数あります。

今想うと、あっという間の出来事のような気がしますが
私なりに子供と一生懸命に過ごしていたと思います。
最近はどうなのか?私にはわかりませんが‥

あの頃の親同士の雰囲気を今思い出すと
仲の良かったお母さん方とのお付き合いは
もちろん楽しい思い出となっていますが
それ以外のPTA関係のお付き合い等は楽しいとは言い難く
それぞれの方々の事情や立場が入り組んで
感情が先走る場面も見受けられたりして
心を重くした事もありました。

中学、高校となりますと流石に「なになにちゃんママ」は
すっかり影を潜めますがね‥

それでも子供の成長は親にとって楽しみであり
子育てによって親としての喜びを知り
大人としての自覚を強くします。

そして自身以上に愛を注ぐ事のできる人間の存在は
自分をより強くしてくれます。

大丈夫ですよ!
皆手探りで子供を育てているんです。

何だかんだあるのは当たり前ですよね。







にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村













mixiチェック
wxy812 at 22:49|PermalinkComments(0)

2022年07月21日

舞台ニーゼロニーゼロ!配信観ました!


本日pm6時からの高橋一生さんの一人芝居
舞台2020ニーゼロ二ーゼロの生配信をWOWOWで観ました。

7月16日、渋谷PARCO劇場でのマチネを観て
物凄いインパクトを受けた私ですが
今回この配信を観て、あの時と違った感慨を覚え
思いがけず涙が出てきてしまいました。

配信ですので劇場では感じることの無かった
一生さんの表情の変化の機微
カメラのアングルによって観劇当日には観られなかった
一生さんの一挙手一投足をしっかりと捉えた事と同時に
配信により台詞がじわじわと心に染み込むように入ってきた事も
感情の堰を切った要因だったみたいです。

人類の辿っている道程を懐深く
宇宙から観察しているような視点に
ホッとするような不思議な懐かしさを覚えるとともに

不確かさ満載で突き進んで行く
人類の行き着く先に対する不安定さと
一塊の中から飛び出しては帰る行為を繰り返す人間が
学ばなければならない事は何なのかを考えました。

それと何と言っても一生さんの真面目さ一生懸命さ
汗が滲んだ白いシャツへの愛おしさと
橋本ロマンスさんの健気さと優しさが
ストレートに飛び込んできました。

一人で気楽に観ているという心の余裕が
ライブ配信を自分の中へスーッと取り込み
舞台そのものを強く感じ入る事ができたからなのでしょう‥

あの時「難解」と感じた芝居は
そうではなかった事がわかりました。

舞台でなければ味わえない芝居の醍醐味は譲る事はできませんが
映像は平面ではあるけれど
冷静に観られる事で得る発見がありますね‥

被写体をどの角度から撮影すると効果的なのか
熟知したライブ配信のカメラワークの素晴らしさに
お礼を言いたいです。

「ありがとうございました」




にほんブログ村 テレビブログへ

にほんブログ村




mixiチェック
wxy812 at 23:09|PermalinkComments(0)

2022年07月17日

舞台2020(ニーゼロニーゼロ)!観てきました!



PARCO劇場で「2020ニーゼロニーゼロ」観てきました。

マチネは12時15分開場で13時開演と言う事ですので
渋谷へ12時少し前に到着した私は
纏わりつくような湿った空気が隙間なく漂う小雨模様の街中を
滑らぬように、一歩一歩踏みしめながらパルコ劇場を目指しました。

第7波のコロナが蔓延し始めているというのに
渋谷の街は傘を差してまともに歩けない位の人出でした。
一生さんの舞台がなければ近づきたくはない場ではあります‥

到着した8階のパルコ劇場はすでに開場し
入場受付が始まったばかりでした。
すでにチケットを手にした観客の長い行列が出来ていて
グッズやパンフレット購入の列もできていました。

DSCF1847

劇場は636席の全席がS席プレミアムシアターと言うだけあって
ステージ全体を随分と間近に捉える事ができました。

私の席は後方端の席でしたがオペラグラスなしでも
一生さんのお顔の表情の変化がわかるとともに
ステージが欠ける事無く全体を綺麗に見渡すことの出来る
素晴らしい劇場でした。

渋谷パルコ劇場での東京公演は7月31日までで
8月からは福岡、京都、大阪と公演は8月21日まで
まだまだ続きますので詳しいことは書けませんが
もちろん一生さんの一人芝居はとてつもなくエネルギッシュで
お芝居のパワー全開でした。

上田岳弘さんが書かれる作品の真髄と
一生さん自身が人間の本来を語られた時の持論とが
合致していると思った事があります。

お二方は根底の部分で引かれていたようです。

今回はまさに気の合うお二方のコアの部分が白井晃さんの演出により
世の中に吹き出てきたかのような舞台でした。

舞台2020ニーゼロニーゼロを観た方々全員がその目撃者です。

そして、一生さんの一人芝居と書きましたが
実はもう一人いるのです‥

舞台上で影のように寄り添うダンサー
橋本ロマンスさんという存在です。

一生さんの芝居とコンテンポラリーダンスの融合です。
激しい流れを優しく堰き止めてくれるかのような存在でした。

DSCF1785


ライブ配信が7月21日にありますので
観たい方はどうぞ!







にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 13:56|PermalinkComments(0)