高橋一生

2022年01月18日

「恋せぬふたり」第2回



よるドラ‥10:45なんですが
現在の私にとって遅すぎるのです‥
ですから録画を早朝観ることになります。

早いときで夜9時就寝、だいたい10時就寝という生活ですので
若い頃と違い体がどうしても言うことを聞きません‥



「私と恋愛感情抜きで家族になりませんか?」

第2回‥アロマンティック、アセクシャルの羽と咲子の二人は
羽の祖母が残した古い家で、お試し同居をスタートさせます。

とにかく暮らしてみなければわかりません。
行き着くところの景色は想像できないけれど‥
まあ、それを言うなら誰でも同じことですよね。
自分の行き着く所の景色なんて誰にもわかりませんもの‥

誰に迷惑をかけるでなし
周りにとやかく言われる筋合いもないはず。

羽との同居を知った咲子の母は家族との食事会に
羽を連れて来るよう咲子に言います。
咲子は羽にお願いして彼氏として紹介することになるのですが‥

根掘り葉掘り羽に質問を浴びせる家族との言葉のやり取りで
羽が幼い頃両親に捨てられた話をすると大変な苦労をと決めつけ
これからは普通の幸せをとか、普通の家庭をとか言われる始末‥
世間の目盛りで勝手に生き方を計られてはたまりません。

祖母の愛情を一身に受け苦労なく育ってきた羽に対し
侮辱的な家族の発言は咲子の感情を沸点にまで押し上げました。

そして、全てありのままの事情を家族へぶちまけたのです。

しかし‥咲子の母、父、妹夫婦の誰一人として
目の前に居る二人のそのままを
見つめる事のできる人はいませんでした。




何れにせよ生きていくのは自分です。
自分が納得していればそれでいいわけで
こうだから幸せになれる、ああだから幸せにはなれないなんて
そんな定義はないはずだし、幸せでも、幸せじゃなくてもいいわけで
傍からどう見えようが知った事じゃないですよ‥

家族という舞台の上で家族が喜ぶ役を演じる必要なんてないし
時には舞台から降りる勇気も必要だと思います。

それにしても高橋羽役の一生さん、とっても新鮮に感じます。
年相応の大人としての一面がジワッと滲み出て
生活者としてとっても魅力ある人間として映し出されています。

そして‥一生さんのお声はたまらない‥

物語の行末が楽しみです。






にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 17:00|PermalinkComments(0)

2022年01月12日

「よるドラ・恋せぬふたり」始まった!



待ちに待った一生さんの連ドラが始まりました!

連ドラは本当に有り難いです。
週に一回決まった時間に一生さんのお芝居を拝見できるのですもの‥

「恋せぬふたり」第1回観ました。

今回の一生さんはスーパーの野菜売り場を受け持つ
高橋羽(たかはしさとる)という店員役で

岸井ゆきのさんは兒玉咲子(こだまさくこ)という
高橋羽の務めるスーパー本社の社員役です。

ある日この二人は高橋羽のブログがきっかけで
アロマンティック・アセクシャルという
他者に恋愛感情を抱かないし性的に惹かれない恋愛的指向が
共通していることを知ります。
性の多様性として最近色々目にし耳にしますが
アロマンティック、アセクシャルという言葉は初めて知りました。

高橋羽という名も兒玉咲子と言う名も
なかなか羽を「さとる」とは読めませんし
兒玉咲子にしたって「さきこ」のほうが「さくこ」より
一般的でない兒玉からの流れにはスンナリする気がしますが‥
他者からなかなか馴染めない二人の有り様が
名前にも意図的に表されているようです。

ここでの一生さんは、高橋羽として
年相応な実態を醸し出し、リアルに“場”に存在していました。

高橋羽に内在する性的指向が
他者への接し方、距離のとり方、そして言動からも
彼の生き方に反映しているのかな?と想像できました。

昔から結婚適齢期と思しき男女は本人にその気がなくても
周りが放おってはおかず、まずは身内、そして勤め先の人、友人
最近は昔程ではないにしても、ご近所のおばさんあたりが
「いい人いないの?」とか始まるわけですよ‥‥

若い男女イコール恋愛、うまくいけば結婚へという公式が
世の中にはありますよね。

ですから公式に当てはまらない人間はなんとなく特別視されます。

それでも最近は性の多様性が叫ばれ認識されつつありますが
無数に存在するセクシャリティは個々によっても差異があり
定義することは難しいと思います。

高橋羽と兒玉咲子にしても
方向性が共通していると思われる性的指向でも
何もかも同じということではないのでしょう‥‥

しかし、そんな認識がまだまだ浸透するには至っておらず
生き難さを感じながら日々を過ごす人々にとって
世の中が早く性的指向の多様性を特殊と捉えるのではなく
人間一人一人が持つごく普通の性に対する概念だと捉えるようになれば
おおらかに暮らせれるのにと思います。

この先、高橋羽と兒玉咲子の行末はどうなるのだろう‥
差異は必ずあるはずだし、馴染みのある人間同士ではないのです。

一緒に生活をすると言っても‥‥なんか、早急すぎる‥
恋をしない二人の同居、家族という括り‥なんですかね‥





にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

にほんブログ村











mixiチェック
wxy812 at 20:41|PermalinkComments(0)

2022年01月03日

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

このところ年末になりますと母の事でバタバタしまして
気持ちも体も時の流れに上手く乗れない事が多くなりました。

何があろうとなかろうと平常心を保ち
淡々と出来事と対峙すれば何の問題もないのでしょうが
何分気が小さく腹の座らぬ未熟な人間です。

それでもなんとか追っ付け正月っぽく仕立てた
突貫おせちも出来上がり無事年を越し新年を迎える事ができました。

DSCF1534

12月に入ってからガラリと様子が変化した母‥
今までの介護から次の段階へと移ったようです。

それでも毎年楽しみにしている箱根駅伝を楽しむ事はできました。
往路、復路の全てを走り終わり
2年ぶりの青山学院大学の総合優勝となりました。

駅伝の頃になると耳にする権太坂、遊行寺坂、箱根函嶺洞門など
季節の地名がお正月気分を一層盛り上げてくれます。

亡くなった義父は駅伝を見ながら、権太坂に差し掛かる頃になると
昔、権太坂の近くに住む友人の家へ訪れた際の
話をするのが恒例のようになっていました。

画面に映る神奈中(神奈川中央交通)のバスを指差しながら
「五郎さんの家へあのバスでさぁ、権太坂で降りてさ‥」と
始まります。皆で「きたきた‥‥」と苦笑いしながら聞きました。
でも、もう聞くことはなくなりました‥

箱根駅伝を見ると思い出します。


そして、今年も高橋一生さんを楽しみに過ごしてまいります。
まずは1月10日からのNHK「恋せぬふたり」を皮切りに
NHK「雪国-SNOW COUNTRY」と続き4月からのドラマも
発表はまだですが柴咲コウさんとの恋愛物が噂になっております。


今年もよろしくお願いします。


DSCF1545





にほんブログ村 シニア日記ブログへ

にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 13:35|PermalinkComments(0)