WOWOW

2023年08月30日

兎、波を走る!無事に大千穐楽を迎えました!そして今冬放送決定!

NOD・AMAP第26回公演「兎、波を走る」は
8月27日の博多座で大千穐楽を迎え無事69公演を乗り切りました。
おめでとうございます。

東京芸術劇場プレイハウスにおいて6月17日に初日を迎えた
東京公演は7月30日まで
大阪公演は新歌舞伎座で8月3日から13日まで
博多公演は博多座で8月17日から27日まででした。

想えば2か月以上前の、梅雨真っ只中の6月17日
晴れ男の異名を持つ一生さんらしい空模様の中舞台は開幕しました。

舞台「兎、波を走る」は
気象観測始まって以来最高の酷暑日を記録する中
アクシデント等の報告もなく無事全ての日程を熟し
多くの人々に感動、感慨を与えながら大千穐楽を迎えられたようです。

出演なさった役者さん達の千穐楽後のツイートを拝見しますと
千穐楽翌日、朝起きたら体が痛かった方、寂しさを感じている方
69公演を完走したスタッフ、キャストを労う方
素晴らしい舞台へ参加できた事へ感謝する方
舞台ロスを解消するには次の舞台しかない!と走り続ける方
そして何よりも皆さん観客への感謝を述べられていました。


私も体調不良でなければ、暑い夏の中を走り抜けながら
舞台の共犯者になれたのに‥と寂しい気持ちになります。

こうなりますと一刻も早い放送を期待していたのですが
待ってました!WOWOWで今冬「兎、波を走る」の放送決定!です。
良かった!!日程はまだ未定ですが、楽しみです!










にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 10:45|PermalinkComments(0)

2022年12月23日

2022がそろそろ終わろうとしている…

明日から四日間、一生さん祭りが始まります
WOWOWが24,25日、NHKは26.27日です!

特に26,27日に対しては心の底から、体の底からぞわぞわします。
何でしょう…?なんとしても射止めなければ!という
狙いを定めた獲物を捕らえる狩人のような心境です

DSCF2929


今年…私は人生の中で一番付き合いの長い人との別れがありました。

それは母です。

この世に産声を上げる前から
私は母の子宮の中ですくすくと順調に育ち今日まで生きてきました。

その母とのお別れは自然の摂理として捉え
現在は悲しみという感情とは "さよなら″ をしました。

今、テレビでMステを見ていますが
Snow Manの目黒連さんの存在だけを目で追っている自分がいます。

兎にも角にも朝が来て夜が来て呼吸をして食べて排出して
リアルの世界で時を捉え
前を向くしか脳がないはずなんですよね生き物は…

今日、TV台を注文しました。

今PCでTV台を調べていましたら
プリンターを収納できる物件を見つけまして即注文しました。

年明けの配達です。

現在32インチのTVを見ていますが
画面下に少し濁りのような影が見えるようになりました。

45インチほどのTVは台が届いてから決めようと思います。

生活を送る中での変化は枚挙にいとまがありません。

それぞれに対応していかなければ全うな流れは途絶えてしまいます。
それが生活というもんです。

でも…母は…生活の中のそこここにしっかりと存在しています。


今年もあと一週間…なんか…焦る…


にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村








mixiチェック
wxy812 at 23:17|PermalinkComments(0)

2022年02月12日

「ドニー・ダーコ」を観てみました



WOWOW2月のプログラムガイドを見ていましたら
「ドニー・ダーコ」という作品名が目に飛び込んできました。

「ん?」どこかで見たなぁ‥と思いあたり
すぐにピンときました!そうだ!
以前高橋一生さんのインタビュー記事で
「僕ドニー・ダーコが好きなんです」っていうのを読みました‥

リミスリ関係の記事でした。
リミスリ自体がスポットライト理論の作品でしたので
時空の変化が描かれているという共通点がありました。

記事には『「こうであったかもしれない人生」が
提示されるんだけれど
どんなに時系列が変化していこうとも
心の流れはスムーズなんです』とありました。(キネマ旬報NEXTvoi.16より)

だから観てみました。
2001年アメリカの映画です。

なるほど難解かと思いきや
観終わって感じた事は
ドニー・ダーコの頭の中で起きている
まさに「こうであったかもしれない人生」とともに

繊細すぎるがゆえの生き難さや、危うさの感じる
彼の心の流れの様子が掴めました。

そして‥タイムパラドックスによって
ドニー・ダーコの究極の優しさに触れながら
自己犠牲というなんとも切ない成り行きまで
味わうことができました。

意外にも余韻の残る映画でした。

ドニー・ダーコが心の中で飼っていたとも言える
銀色のウサギは、鬱積した心を開放するスイッチなんですかね‥
あいつはドニー・ダーコを煽っていました。

私も幼い頃、普段はいないけれどスイッチが入った時
現れていた「モノ」があったような‥
かすかな記憶があるんですけれど‥

でも、成長するに従い居なくなりました。


飛行機の部品がドニー・ダーコの部屋を直撃した時
「こうであったかもしれない人生」が
ドニー・ダーコの脳裏を瞬時にして駆け巡った‥
そんな気もしてきました。

人間の有り様は、小説よりも
奇なりって事がありますよね‥



ドニー・ダーコ Blu-ray
パトリック・スウェイジ
ポニーキャニオン
2016-10-19






にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ

にほんブログ村




mixiチェック
wxy812 at 21:01|PermalinkComments(0)