umbrella

2020年09月10日

「竜の道」第7話!




いやーっ‥!第7話終わりました。
来週は第8話、2時間だそうです!

そもそも竜一が稔りの期待すら抱くことの出来ない
復讐という行為に執着し推し進めるのは誰のため何のためなのか‥

竜一は自分たち双子を引き取り大事に育ててくれた
養父母が受けた同等の苦しみを霧島源平に
味あわせたいという想いがあります。

そして自分はもとより美佐と竜二を辛い境遇へと追い込んだ
霧島源平から一家が受けた理不尽な行為への積年の憤りを
強いエネルギーを保ちながらずっと持ち続けていたのです。

復讐という感情はもともと気性の激しい竜一の中で
日に日に大きくなり怪物と化してしまった‥そんな印象を受けます。

そりゃそうだと想います。
霧島源平の阿漕な事業拡大の網の中に囚われてしまった
人の良い養父母を察する事もできず助けることも出来ず‥
中学生の身では訴える事も出来ず
雨の中ナイフを持って源平に向かうしか手はなかったのです。

親戚の家に預けられた兄妹3人はひもじい想い理不尽な想いを
甘んじて受け入れる他は無く
惣領の竜一は美佐に強くなれと励ましながらも
自分自身がとっても歯がゆかったと思います。

竜二は傍でそんな竜一の様子をじっと見ていました。

竜二は竜一と同様霧島源平に対し憤りを感じていたはずですが
竜一のような力任せの復讐というやり方は
端から考えてはいなかったと思います。

兄妹に冷たく当たる親戚のおばさんは家事に仕事に子育てに忙しい上
突然舞い込んだ自分たちの面倒をも見なければならず大変なんだからと
美佐に言い聞かせるような俯瞰で物事を捉える冷静で優しい性格です。

美佐はそんな両極端の気性を持つ双子の兄二人から諭されながら
竜一が焼死した後も竜二に見守られ
働きながら大学を卒業し小学校教諭として
強く逞しく優しく生きる事が出来ていたのです。



第7話は妻を亡くし事業拡大に一層拍車を掛ける源平に
竜一は裏切り者の元取締役二見敏明を利用し
源平を殺人者に仕向けるべく曽根村に協力を仰ぎます。



しかしうまくいくかと思った計画は裏社会の掟により頓挫します。

その上竜一を嗅ぎ回るフリーライター沖和紀はだんだんと
核心へと近づき、とうとう兄妹達の親戚の家まで嗅ぎ当てます。
親戚から連絡を受けた美佐の知るところとなり
美佐は思いもかけないある仮説を胸に竜一の事務所を訪ねるのです‥
「兄、竜一は生きているかも知れない‥」


竜一はますます追い込まれてきます。



霧島の娘まゆみはすでに竜二なしでいられない様子が伺われ
竜二もまゆみを犠牲にするつもりは無いようです。

本来竜二は妹として育った美佐を異性として好きなのですが

美佐の好きなのは竜一だと確信していました。

竜二は美佐のためにこれ以上竜一に犯罪を犯してほしくはなく
二人の幸せを願っていたのです。


最終回を観るのが怖いような‥
しかし何があっても観なければおさまらない気持ちです。
今までのドラマではあまり感じ得なかったドキドキ感があります。











にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 10:35|PermalinkComments(0)

2020年08月19日

「竜の道」第4話!



ハードボイルドたるを正直はっきりと認識出来ていない私ですが
ドラマの展開が思った以上にドラマティックで
登場人物の感情がドキドキするほど
こちらに伝わってきます。

双子の兄弟ではありますが竜一は芯が激しく直情的ゆえ
猪突猛進型タイプだとは思うのですが
8年に及ぶブラジルの生活で俯瞰する事を覚え
復讐に関わる人間の動きを冷静に把握しながら
手中に収める者、失脚させる者と次々と仕分けしながら
キリシマ急便という本陣に少しづつ歩を進めていました。

竜二は人の心を察する事の出来る芯の優しい人間です。
竜一にも美佐にも‥そして‥まさかねぇ‥
敵陣の霧島の娘まゆみにも?優しさを及ばせながら?
竜一との復讐生活を送るという
本来の竜二の資質にそぐわない
辛い境遇に立たされいると思うのです。

今回の竜一の復讐へのミッションは
ネット通販大手のエニイウェズとの
身の丈に合わない無謀とも思える契約を
なんとか勝ち取ろうとする霧島源平のやり方に 
猛反発する息子晃に対し竜一はクーデターを起こすように
けしかけます。

竜二はすっかり懇意になっている霧島晃に
国交省の官僚という立場から
晃がクーデターへとベクトルが向くような助言をします。
そして霧島まゆみを落とし霧島家の中へ入り込むというミッションを
竜二のやり方で遂行しているのですが‥


やはり竜一が危惧していた事が現実となってしまいます。

美佐の存在です。

竜二は竜一の警告を聞き入れず美佐と頻繁に接していました。

竜二と喫茶店で会っていた美佐は竜二の後を追ってきた
霧島まゆみの指摘により
バックに付けていた父母の形見のマスコットが
どうやらキリシマ急便の昔のグッズである事を知ります。

そんな中霧島まゆみ主催のパーティーに美佐が招かれました。
美佐は話の流れで自分と竜二は血の繋がった兄妹ではない事を
まゆみに打ち明けます。それを聞いた霧島まゆみは驚き嫉妬します。

DSCF0055


パーティーに出席していた竜二は美佐が招待されていた事を
知らずにいたので戸惑いますが、美佐とパーティーを楽しみます。

その二人の姿を目にした霧島まゆみは我慢ならず
美佐を知り合いのホストに付け狙わせるという暴挙にでます。
しかしなんとか難を逃れます。

美佐はマスコットの事とキリシマ急便の社長の娘霧島まゆみと
竜二が付き合っているという事に引っかかりを覚え
亡くなった父母について調べはじめます。
そして昔預けられていた親戚を訪ね
父母はキリシマ急便との契約がもとで
自殺したという事実を知る事となるのです。

その後も美佐は霧島まゆみの差し金のごろつき男に襲われます。

事態を察知した竜一は裏社会のドン、曽根村始の力を借り
美佐を窮地から救います。

このことから竜一と竜二の間に言いしれぬ
距離感のようなものが生まれます。

しかし復讐は続きます。

竜二は美佐を危ない目に合わせた霧島まゆみに対し
「あなたが愛されないのはあなたのせいじゃない。
父親にはもの扱いされて母親には叱られず
誰もがあなたから離れて行く。
でもこれからは俺が居る。霧島急便には金が目的で近づいた。
でもあなたを見ていたら苦しくなった。
これからはすくなくとも俺の前では自分を守らなくてもていい」
と言い切る竜二ですが

霧島まゆみは「愛なんかいらない」と涙を流しながら返します。
竜二に心が向いているまゆみですが
一筋縄ではいかないような気がします。

そして‥まさか‥
竜二はまゆみに対し本心で言ったのではないですよね‥

原作はカッチリとしたハードボイルド小説で
人間同士の駆け引きが前面に出ていてクールな印象でしたが

ドラマは復讐による人間同士の駆け引きの物語と言うより
双子の兄弟が復讐という目的により
出会う人々の思惑で巻き起こる意外な出来事が
竜一、竜二のお互いの心の有り様を思いがけず浮かび上がらせ
それにより兄弟間に葛藤が生まれてきているようです。
それぞれ過去の柵と再びどう向き合うのか‥
そんな展開のように思えます。

そして竜一の周りを嗅ぎまくるフリーライターの沖和紀は
竜一の急所を狙ってくるかもしれません‥



第5話がとっても楽しみです

umbrella本当にいいところで流れます‥

美佐の危機を救ったあと‥
竜一が見つめる先には美佐を乗せたタクシーが走り去って行きます‥

美佐を土砂降りから守る、竜一は傘‥
https://www.youtube.com/watch?v=p7X-hT1v4Vk


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


mixiチェック
wxy812 at 21:24|PermalinkComments(0)

2020年08月03日

竜の道の主題歌「umbrella」

「竜の道」の初回を観終わって思ったこと‥
勿論なんと言いましても冒頭の場面は一瞬凍りつきました。

竜二役の高橋一生さんの顔がまるでお岩様のように片方が腫れ上がり
端正なお顔のはずなのですが変形していて直視出来ないほどでした。
ハードボイルドなので致し方ないのかな‥

そんなドラマ、映画の中で流れるオープニング曲、主題歌は
気持ちがより高揚し集中力が高まる効果があります。

その効果を齎すためには勿論
場面と流れるBGMがマッチすることが命です。
ここで言うマッチとはもしかしたらミスマッチと思える楽曲でも 
観ているこちらの感情と共になり
うねりにも近い状態になればいいわけです。
うまく絡み合ったシーンとBGMは一生忘れられない
映像の記憶として残ることになります。

今まで観た映画でもテレビドラマでも
BGMのお陰様で浮かぶ場面があります。


おんな城主直虎の主題歌と場面場面で流れるBGMは
私の胸に染み込むと同時により深いところで
感情を素直に揺り動かしドラマに入り込める効果が大きかったです。

特に小野政次が命を全うするまでのBGMは濃厚で極上でした。
メモリアルCD「鶴のうた」は発売と同時に購入しました。

DSCF9228

そのくらいBGMと言うのは作品をより印象的にし
視聴者が深く入り込む要素を齎す効果が大きい存在です。

EUHDD6jUcAA3Phr

今回の「竜の道」で流れる主題歌SEKAI NO OWARIの「umbrella」は
初回2時間弱の放送でしたがここ何年かで断トツで印象に残りました。

ドラマの持つ世界観をとっても深く捉えていると想います。
登場人物達の先行きに対する切ない予感すら抱かせますし
聴いていてその場に立ち止まってしまいます。
佳境とのマッチング度合いがドンピシャ過ぎて
気持ちがより高まり涙が出てきます。

傘umbrellaを擬人化した詞がたまらないです。

この先「竜の道」は続きますが
この主題歌「umbrella」との相乗効果により
ドラマも気持ちも盛り上がります。
https://www.youtube.com/watch?v=p7X-hT1v4Vk



「umbrella」の歌詞です

鏡に映る私は透明だった
分かってた事でも知らないままの方が良かった

私は君を濡らすこの忌々しい雨から
君を守る為のそれだけの傘
それは自分で決めたようで運命みたいなもの
何も望んではいけない傷つくのが怖いから

もう一度あの日に戻れたとしても
繰り返してしまうでしょう私はきっとそう

この雨がこのままずっと降れば
願ってはいけないそんな事はわかってるだけど
君に降る雨がいつの日か上がって青空を望んだら
その時私はきっと

もっと自分の事をこんなに知らなければ
もう少し幸せな未来が望めたのかな

あの雪の日私を閉じ空を見上げた
泣いているように見えた笑顔に私は触れられない

悲しくて美しい思い出が
走馬灯のように希望がちらついてしまう
この醜くて本当の気持ちが強くなる前に
きっと吐き気がするほど眩しい太陽

私の気持ちは自由だと誰かが言った
そんな事ないわ運命よりも変えられないの

この雨がこのままずっと降れば
願ってはいけないそんな事は分かっていたはず
君に降る雨がいつの日か上がって青空を望んだら
その時私はきっと

雨が静かに上がり傘立てに置かれた傘
忘れたことさえ忘れられてしまったような


竜の道には主題歌の他オープニング曲があります。
「ミラージュ」です。これが又たまらないのです。
曲が流れた途端、これから起こる事への期待感と共に
ドラマの中へ足を踏み入れる事の怖さとワクワク感がうまれ
気がつけばあっという間に誘ってくれる効果がありました。

竜の道というドラマは
とっても丁寧につくられているなあとつくづく思いました。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

mixiチェック
wxy812 at 20:39|PermalinkComments(0)